忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

 えぐい、という日本語があります。生理的嫌悪感を憶えるほどの様や表現を意味することが多いでしょう。若者言葉としても未だに通じる感があります。この使われ方は1981年にテレビCMで流行したのが発端らしいので、当時の若年層は立派な中年ないしは壮年になっていそうですが。語源としては、アクなどが強く舌や喉に不快感が残る、えぐみという味が源流となっています。これはなんと平安時代には確認されている、実に歴史あるものなのです。漢字だと、刳い、など何種類かありますが、相当の通でも無い限り読めそうもありません。というか変換の難易度が高すぎます。似た語感で近い使用法をされるえげつないというものもありますが、これはいげちないが変化したもので関連は無いようです。こうやって進化の系統図のように色んな要素が組み合わさって現代語が成り立っていると思うと、ちょっと壮大感がある気もしてきませんか。

(・ω・) 味覚の方のえぐいが先に廃れる可能性もあるのがえぐいよね

【一万分の一すら無い可能性に恐怖するのが人の性なのさ】
マ:バンジージャンプがあるねんけど、
 おもろい何かを追加したいと考えてんねや。
朱:切れ込みを入れて、緊張感を増すとかでしょうか~。
黄:悪魔だし、それくらいのイタズラは許されるんだよぉ。
マ:そない直接的なんはウチの趣味ちゃうなぁ。
  落ちる寸前に耳元で『生命保険掛けといたで』言う方がええわ。
朱:すぐさま改良案を出してくる辺り、
 仕事が出来る悪魔さんって本当に厄介ですよね~。


【来園者側の意見を求めて招待したんだったような】
朱:落下するのが一般的なので、別の要素を取り入れるのはどうでしょう~。
マ:重力制御して、全く落ちへんかったら驚くやろなぁ。
朱:いっそふわふわと上に浮いていくっていうのもありじゃないですか~。
黄:ドッキリとしての完成度は高いけど、遊戯施設視点だと失格なんだよぉ。
マ:ネタバレされたら意外性ゼロやからか。
黄:客の期待に応えてないという常識的な考え方は、
 この際だからゴミ箱にでも放り込んでおくべきな気がしてきたんだよぉ。


【本音はどうあれ対外的に無理なことはあるのさ】
マ:天使と悪魔のコーヒーカップを紹介するでー。
黄:とうとう混ぜてきたんだよぉ。
朱:いつもマモンさんは悪魔を先に言うのに、これは天使と悪魔の、なんですね~。
マ:よう言うてくれた、嬢ちゃん。
  ウチはどっちを先にしてもええ併記を主張したんに、天使共が譲らへんねん。
黄:そこを折れたら、存在意義に関わるってのは分からんでもないんだよぉ。
朱:だったら最初から一緒にやるなっていうのは、言っちゃいけないんでしょうか~。


【むしろ本当に主導権を握ってるのはどっちだ展開も有りえる】
朱:それで二つの要素がどう絡み合うんでしょう~。
マ:悪魔席と天使席がランダムで設定されて、
 天使が悪魔を遠隔操作できるようになるんや。
黄:ここにも、大人の事情が垣間見えるんだよぉ。
朱:主従をハッキリさせたいという思惑が透けて見えます~。
マ:操り人形がおらんと傀儡師は飯食えへんし、
 持ちつ持たれついうんを分かってへんよな。

 バンジージャンプのバンジーは英語のニュージーランド方言でゴム紐のことらしいです。どこも商標登録してないっぽいところを見ると、一般名詞扱いで許可されないんでしょうね。
PR

 仏教の世界では、仏を四段階にランク付けしています。日本語だと上から、如来、菩薩、明王、天、になります。天使の九段階と一緒で、人間が勝手に付けてるだけで当人達は特に意識してない設定なんじゃないかなと推察していますけど。そんなのに一喜一憂する仏様とか嫌ですし。そして、この四つの中で菩薩だけ人に対して比喩として使われる側面が強くないかと気付きました。慈愛に満ちている方をそう呼ぶことがあるじゃないですか。しかし、なぜ最高位の如来ではなく、上から二番目の菩薩なのかと言われると、ちょっと考えてしまいます。菩薩とは本来、釈迦如来が修行をしていた頃の尊称なのだそうで、そこら辺の絡みなのでしょうか。或いは日本人的謙遜で、一般人に対して使うのはおこがましいとしたのでしょうか。それとも知名度が高く、とても優しいとされる観音菩薩から来ているのでしょうか。個人的には最後のがピンときます。ともあれ、『お前、如来みたいだな』とか『明王っぽい』とか言われても意味が通らない辺り、意外と日本人って仏教に疎いんじゃないかという気もしてきます。

(・ω・) 天に至っては、格を示すものだと知らない人の方が多そうだし

【遠心力で吹き飛ばされないように胴体は固定される】
マ:これが、悪魔のメリーゴーランドやで。
朱:絶対に、高速で回転するやつじゃないですか~。
黄:なんなら隠し武器が飛び出してきそうなんだよぉ。
マ:キャッチコピーは、他には無いスリリングな体験を貴方に、や。
朱:珍しいって意味では価値があるんですかね~。
黄:どれかというと、突拍子もない事をやって前人未到とか言い出す、
 若さゆえの錯誤を感じないでもないんだよぉ。


【具体的で実効性がある行動を取っているかについては触れないでおく】
メ:こっちが、天使のメリーゴーランド。
黄:コンセプトが異なる同じ遊具があるってのは、試みとしては面白いんだよぉ。
マ:敷地と予算が倍必要になる、危険な賭けではあるけどな。
朱:あと集客能力に差がありすぎたら、不人気の方が針のむしろです~。
メ:競争原理は、今の世の中の基本らしいから。
黄:それを天使が認めて良いのかは疑問なんだよぉ。
マ:弱者にも慈悲をゆうとったらセーフいうんが、現代的な解釈やろ。


【入信したり懺悔したらチャラになる系の教義は多いという事実】
メ:天使のホラーハウスは、自信作。
朱:言葉だけだと内容が全く想像できないんですが~。
黄:正確な余命を宣告されるとか思い付いたんだよぉ。
朱:それは恐ろしいものがあります~。
メ:天国に行けるまでの日数と考えたら、指折り数えて待てるかも。
黄:その間、ずっと良い子にしてないとダメなのを忘れてるんだよぉ。
朱:クリスマスプレゼントの為に十二月だけ頑張る子供も多いですし、
 最後の一年だけでおまけしてもらう訳にはいかないでしょうか~。


【結局どんなアトラクションなのかは謎のままである】
マ:入場者のいっちゃん恥ずい秘密が貼り出されてるってのはどないや。
黄:もう、単なる制裁かイジメになってるんだよぉ。
朱:とてつもなく怖いって意味では間違ってないんですけどね~。
マ:神はいつでも見てるいうんが天使の常套句やから問題ないやろ。
メ:過去の過ちを悔い改め、自制を促すって意味では有りかもって思った。
朱:エンターテインメントは何処に行ったんでしょうか~。
黄:遊園地の皮を被った別の何かであるというのは既に分かってるし、
 あとは他の成分がどれだけの比率かを検証していく段階なんだよぉ。

 悪魔のホラーハウスだと逆に何のインパクトも無いのに、天使にすげ替えるだけで意味不明になる辺りに言葉の魔術的なものを感じないでもありません。

 白虎が肉狂いになって久しい感じがあると思います。この源流が何処にあるかと考えてみたのですが、昔飼っていた猫が食いしん坊だったことが一因なのでは無いかという仮説に辿り着きました。定時になる前からニャーニャー要求して、ある分はとりあえず食べ尽くすようなやつだったのです。しかし、いつもお腹を空かせている野良猫はいざ知らず、安定した生活をしている飼い猫が食事に執着するかどうかは個体差が大きいというのが真実のようです。ネコ科=食い意地が張っているという偏見がダイレクトにキャラクター性へと転化されたと言い換えることも出来ます。中国娘が、お団子ヘア、チャイナドレス、語尾がアルみたいに、日本国内でしか通用しないステレオタイプなパターンもありますが。日本人も外国の映画では、チビ、眼鏡、出っ歯、武術の達人と、思い当たることはあっても、全部揃えてるやつは殆ど居ねーよと言いたくなるキャラ付けをされてるらしいです。分かりやすく誇張するのは基本と言えばそうなのですが、誤った印象がそのままというのも好ましくないというのが難儀な話なのです。

(・ω・) 他のキャラも特化しすぎて、肉しか推せるものが無いってのはある

【当然のことながら演出と装飾はそれなりに差がある】
マ:まずは悪魔と天使、二つの入場ゲートを選ぶとこからや。
朱:何か違うんでしょうか~。
マ:チケットやパスポートチェックするだけで大して変わらへんで。
  ちょっとした性格診断が出来るくらいのもんやな。
黄:たしかに、天使と悪魔から選択するのは人間性が出そうなんだよぉ。
朱:どちらにしようと自意識過剰な感じが出ますし、
 人間もしくは中性的な入り口が欲しいです~。


【とにかく目先のネタに全力投球する気概は感じる】
マ:カップルや家族連れは同じのんから入られへんゆうのも考えたんやけどな。
  利便性の面から断念したわ。
黄:意味の無さが凄いんだよぉ。
マ:おとんだけ悪魔ゲート使わされるとかおもろい思たんや。
朱:世のお父さんの悲哀が滲み出てます~。
黄:初っ端から、何を目的とした施設なのか説明を求めたくなってきたんだよぉ。


【舞台裏も包み隠さず公開するオープンな職場です】
マ:遊園地ゆうたらマスコットが欠かせへんやろ。
  ここのんは半透明になってて、中のオッサンの動きが丸見えやねん。
朱:夢も希望もあったもんじゃないですね~。
黄:実に悪魔的なんだよぉ。
マ:働くいうんは全身汗まみれになることやちゅう基本を思い出させてくれるんや。
黄:そういった現実から目を逸らしたいから遊びに来るんだと思っていたけど、
 どうやら違うみたいなんだよぉ。


【真にやる気がないやつは息をするのも面倒だと言い出すからな】
朱:悪魔さんの理屈だと、不労所得を尊びそうですけど~。
マ:怠惰担当のベルフェゴール辺りはそない言うけどな。
  労働の対価を貰うからこそ人は欲深になるねん。
黄:悪魔も一枚岩じゃねーんだよぉ。
朱:七つの大罪を同一人物が成立させるのって難しそうですものね~。
黄:というか、食欲、色欲なんかと怠惰って真逆じゃねーかと、
 誰もが思っていながらツッコまないんだよぉ。

 黄龍ちゃんで、他の七大悪魔が登場することは無いとは思います。名前だけ出てくることはたまにありますが、怠惰担当のベルフェゴール率が高い気がするのは作風のせいなんでしょうね。

 カンブリア爆発と呼ばれるものがあります。カンブリア大爆発とも言います。カンブリア紀と称される5億数千万年前、急激に生物の分化が進んだ現象を指します。現代に残る種の直接的な先祖は、この時期に揃ったとさえ言われるほどなのだとか。地球に於ける生物の歴史がざっくり40億年として、30億年ほどは単細胞生物しか存在しなかったと言われています。そこから約5億年、さほど生物種は増えなかったのですが、突如として別の道を歩み始めたというのが古くからの謎でした。最近では、6,7億年前には既に出揃っていたという説が強くなっているようですが、カンブリア紀の地層から大量の化石が見つかっているのは事実なようです。原因は幾つか考えられていますが、良く分からんというのが現状のようです。視覚情報を得る為の器官である眼が誕生して捕食生物が有利になったとか、酸素濃度が増えて活動量が上昇したとか、有性生殖を確立したとか、説はたくさんあります。まず30億年もの単細胞生物の世界というのがイメージしづらいのですが、天敵という概念が乏しいなら、ふよふよ浮いてるだけの平和な感じなのかも知れませんね。

(・ω・) やっぱ捕食って、悪魔の発想としか思えなくなってくるな

【さりげに天涯孤独に分類されていい両名なのよ】
マ:今度、悪魔と天使で遊園地を共同経営することになってん。
朱:意外と、仲が良いところありますよね~。
黄:絶対に相容れない二大勢力みたいな扱いされることも多いけど、
 客観的に見れば、ちょっと前に分かれた宗派程度のもんなんだよぉ。
マ:本気になってもた場合、兄弟喧嘩の方が泥沼になるんやで。
朱:一生、血縁であることがついて回るというのは、
 私や黄龍さんには分からない感覚です~。


【天使として生を受けたのが誤りだと言わんばかりの悪魔気質】
マ:プロレス的に対立を煽って盛り上げる予定なんは否定せんけどな。
朱:知名度の有効活用ってやつでしょうか~。
黄:強欲の悪魔だけに、商売はうまいんだよぉ。
マ:どないしたら人間が欲しがるんかいうデータの蓄積には自信あるで。
朱:それを世の為、人の為に使おうって発想は無いんですかね~。
黄:そんなことをしたら悪魔の名折れと考えてるんだろうし、
 実行しても情熱不足で頓挫する流れにしか思えないんだよぉ。


【職を持ってるはずの朱雀が居る率も高すぎませんか】
マ:ちゅう訳で開園前のモニターをやって欲しいてな話や。
朱:貸切状態を満喫できる、良くある展開です~。
黄:どうせ暇だろと言われてる気分なんだよぉ。
マ:どないしても半日空けるんは無理いうくらい、
 スケジュールが詰まってるんやったら諦めるけどな。
朱:やりこんでいたネットゲームがサービス終了して久しい訳で、
 黄龍さんの予定表が埋まってることの方が珍しいですよ~。


【実力はあるけど表舞台には出ないダークヒーロー枠だぞ】
メ:私も、アドバンスドアドバイザーとして参加してる。
黄:扱いに困って、適当な名誉職を作ったようにしか見えないんだよぉ。
朱:決定権を与えると、何をするか分からないんでしょう~。
黄:偉すぎるってのも考えものなんだよぉ。
メ:その点、黄龍は何をやろうと戯れで済まされる立ち位置だから気楽。
朱:黄龍という役職が形骸化を通り越して、
 認識すら怪しくなってかなりの時が過ぎ去りましたから仕方ありません~。

 何度も言ってると思いますが、天使と悪魔って肩書だけで美味しすぎると思うのです。日本語のイメージとしてどう定着したかは知りませんが、キリスト教に疎い国のくせにとんでもないことなんじゃないですかね。

 デウス・エクス・マキナと呼ばれるものがあります。元はラテン語で、そのままカタカナ語となったものです。デウスは全能神的な意味合いで、マキナは後に英語でマシーンへと変化するもので、日本語だと機械仕掛けの神くらいになるようです。古代ギリシャの演劇で流行した手法の一つで、極限まで話がややこしくなってしまった最終局面で圧倒的な力を持つ存在が突如として現れて解決へと導く展開を指します。信仰の対象や摂理の具現化という本来のものではなく制作者側の都合で生み出されたのでマキナなのかと思いましたが、単にクレーン的な機械で吊るされて登場するからのようです。現代でもたまに見掛ける辺りに、創作業界の闇が詰まってないでしょうか。二千年以上の歴史を誇ると思うと、おろそかにできない気もしてきますけど。もっとも、当時から批判寄りの意見の方が多かったとかなんとか。のめりこんで見ていたのにオチが雑だと、拍子抜けを通り越して怒りの感情になってしまうのは分からんでもないかと思われます。

(・ω・) 多用してたとされるエウリピデスの下馬評が気になる

【三馬鹿を操縦するよりは楽なんだからしょうがない】
白:黄龍が、バリバリ働くキャリアウーマン風味かぁ。
朱:似合わないったら無いですね~。
黄:現役時代はそんな感じだったんだよぉ。
白:青龍と初代玄武に任せっきりだったって聞いてるけど。
黄:本当に仕事が出来るってのは、
 能力があるものに割り振る技術に長けてることなんだよぉ。
朱:定期的に、なんでも自分でやろうとする青龍さん批判が入りますよね~。


【黄龍を株式で考えると今が買い時なのかも知れないじゃないか】
朱:見てください、あの勤勉だった黄龍さんが今ではこんな立派な怠け者に、
 といった感じでしょうか~。
黄:バラエティー番組風味にされたんだよぉ。
白:逆だったら、ちょっと良い話になるのに。
黄:それまでの人生で積み重ねた仕事量が一緒でも、
 過程が違うだけで評価が変わるのは納得いかないんだよぉ。
朱:落ち目が盛り返す可能性の低さを考えたら、致し方ない気もします~。


【転生システムがバグってごちゃ混ぜになったのだとしたら怖すぎる】
白:色々と考えてみたけど、結局のとこ朱雀が一番想像つかない訳だけど。
黄:不条理の極みだから、逆に常識的となるのが自然なんだよぉ。
朱:その場合、普通ってなんなんでしょうっていう難題が残りますが~。
白:標準的朱雀なんだから、先祖の二十七代を平均化させれば良いんじゃないの。
黄:芸術家肌とか、道楽者とか、おネエっぽいのとか個性に満ちすぎてて、
 ミキサーしたら謎の存在になりそうなんだよぉ。
白:結果が当代の朱雀だって話なら、むしろ論理的な帰結ってやつになりそう。


【当たり障りの無い返事しかしない小役人的なキャラになるのか】
朱:或いは、最も平凡な人間っぽくなるやも知れません~。
黄:そういうこと言うと、個性を認めないと怒られる時代なんだよぉ。
白:国や宗教でバラバラなのが浸透してるし、まとめようが無いか。
朱:凡庸なせいで埋没してると言っちゃう方は、
 自分で自分の色を薄めてるってことですね~。
黄:例の、ちょっとそれっぽいけど深いかは分からない発言なんだよぉ。
白:どうあれ、反転世界の朱雀はこんな感じのこと言わないんだろうとは思う。

 逆さまとか反対とか色々と頭を捻ったせいで、色々と訳が分からなくなってきました。序盤に白虎が言っていたように、黄龍ちゃんを知らないと意味が分からないのですが、細かいことは気にしないでおきます。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
3 4 6 8
10 11 13 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索