忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

 野球という競技は、三振と四球が一つの絶対的基準となっています。ストライクゾーンという、基本的に投手が狙う範囲を三回通過したら三振という勝ちになります。逆に四回外したら四球という負けとなり、打者は無条件で出塁の権利を得ます。この数字は黎明期に色々と試行錯誤があって、メジャーリーグが発足した頃、三振は既に使われていましたが、四球(フォアボール)は九球(ナインボール)でした。その後、徐々に減っていき、1889年に四球となって以降、百年以上に渡って四球のままです。その間、打者と投手に有利不利が生じた場合、ボールとバットの反発係数やストライクゾーンを見直すことで調整がされてきました。三振と四球という数字の方を改めようという動きは基本的に無かったようです。バスケットボールの世界でもラインの内側でシュートを決めれば二点、外側なら三点というのが五十年程前に採用されました。このゾーンを何処にするかの検討はされても、点数自体を変えようという動きは余り聞きません。一桁の小さな自然数で落ち着いたルールを弄くろうとするのは、根幹を否定するような気がして、禁忌感があるのやも知れませんね。

(・ω・) 私のコントも一回四個だけど、意味があるかと言われるとゼロである

【月読は認定悪魔だからセーフになるんじゃなかろうか】
マ:最近の金持ちて、成金趣味が強うて貴族っぽさが足りへん思うねん。
朱:お金を持っているだけで権力が伴う訳じゃありませんから~。
黄:マモンが考える上流階級って、どんなのなんだよぉ。
マ:とりあえずやたら広い部屋で、
 装飾ゴテゴテで座りにくいやろって椅子に腰掛けてることは必須やな。
黄:発想が月読並に貧弱なんだよぉ。
マ:その例えは、ウチら悪魔に宣戦布告してる言うても過言ではないで。


【ここまで臨機応変なのは天使を辞めた影響だとは思う】
黄:昔の下級貴族は収入微妙なのに体裁を整えなきゃならなかったから、
 台所は火の車ってのが良くあるパターンだったんだよぉ。
マ:その無駄な見栄が文化を育んだいう考えもあるやろ。
黄:いざって時、経済的に困窮して領地領民を守れないのも有りがちなんだよぉ。
朱:本末転倒ですね~。
マ:やっぱ金をちゃんと使えへんやつに命運預けたらあかんわな。
黄:この一瞬で意見を反転させられる辺りが、
 悪魔が悪魔たる証左の気すらしてくるんだよぉ。


【悪魔は契約を絶対に守るけど解釈論に持ち込んで有耶無耶にするからね】
黄:そもそもの話として、品が足りないのはあくまでも小金持ちで、
 ある程度を超えると政治と切り離せなくなるんだよぉ。
朱:偉い人への根回しなんかをしないと潰されますから、
 必然として作法とかも身に付く訳ですか~。
マ:賄賂とか袖の下いうんは、大好物やで。
  もろたからて、便宜を図るかは別の話やけどな。
黄:久々に、この悪魔めと言いたくなる案件なんだよぉ。
朱:これくらいやってくれないと、むしろモヤモヤが残ります~。


【最終的に私欲全開になるのは変わらなそうだけど】
マ:今の世の中で、財力と権力を兼ね備えたもんはどないな生き方をすべきなんやろ。
則:興をそそる話をしておるではないか。
黄:やべーのに聞かれたんだよぉ。
朱:アドバイザーとして元皇帝は、これ以上を望めない方では無いでしょうか~。
黄:適応という概念が欠如してるから、
 現代に王朝を復活させるとか言い出しかねないんだよぉ。
朱:当時の社会システムを利用して上り詰めたんですから、
 ちゃんと学習させれば意外にいけそうな気もしますけどね~。

 強欲の悪魔と貪欲の果てに皇帝にまでなった女傑の相性は良いと思うのですが、人の業が如何に深いかをひたすらに考えさせられるだけではと言われると、そんなに間違ってない気がします。
PR

 令和元年現在、流通している日本円は1と5が基本になっています。1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉、1000円札、5000円札、10000円札です。2000円札も現行通貨扱いらしいのですが、目にする機会すら減っているので置いておきましょう。つまるところ、脳が数字を十進法で処理する前提があるから、1と5で刻むと管理しやすいということです。何を当たり前のことを言いたくなるでしょうが、明治期に円、当時の圓が導入されるまではそうではありませんでした。千両箱などでお馴染みの両(リョウ)という通貨単位ですが、これは小銭である文(モン)だと4000文に相当します。そして時代劇などを嗜む方であれば、分(ブ)、朱(シュ)、というものを聞いたことがあるでしょう。1両=4分=16朱で、二進法が基本となっています。アメリカの現行貨幣にも4分の1ドルで25セント硬貨というものがありますし、慣れると使いやすいんでしょうか。1、5が浸透しきった身としては、正直なところ混乱のもとなのですが、今後、どうなるかは誰にも分からないのが恐ろしいところです。

(・ω・) 私が死ぬまでに別額が出ることは無い気もしてるけどね

【背中に乗ってる方が格下だと色々と面倒そう】
玄:水泳系は、海産物聖獣の独壇場過ぎませんか。
黄:だからこそ、陸上生物の健闘が判官贔屓的に持ち上げられるんだよぉ。
朱:逆に、地上競技に海の方が出たりはしないんでしょうか~。
黄:たしかイルカが乗馬で良い線いってた気がするんだよぉ。
玄:もはや、何処からツッコむべきか分からない絵面ですね。
朱:その馬さんが聖獣なのかどうかで、
 全く意味合いが変わるのが興味深いところです~。


【陸の上だと重力に負けるだろというツッコミには聖獣だからで対応する】
朱:なんでクジラさんがサイクリング競技に出てるんでしょうか~。
黄:聞くところに依ると、人間が空を飛ぶことを渇望するように、
 地上をスイスイと走ることに憧れてたらしいんだよぉ。
玄:私の認識だと、あれは台車や車椅子に分類されるもので、
 自転車と呼ぶのは無理があるのですが。
黄:車輪が付いてて、エンジン的な自走能力が無いのが規定だから有りなんだよぉ。
朱:表現としては地べたを這いずるが近い気もしますが、
 当人が満足なら何も言わないのが作法なんでしょうね~。


【勢力拡大なんて生易しいものじゃなく侵食と表現するのが近しい】
玄:無補給で何処まで飛べるかを競うレースは壮大で、独特の味わいがあります。
黄:参加選手の平均は、地球三周くらいらしいんだよぉ。
朱:時間制限が無ければ私も参加してみたいところです~。
黄:朱雀の場合、どう考えても風で流されて目的地に到達できないんだよぉ。
玄:そういえば、渡り鳥にはジェット気流を利用するのも居るそうですね。
黄:タンポポの綿毛の様に各地に飛ばされる朱雀というのは、
 ファンタジックのようでいて、限りなくホラーなのが現実なんだよぉ。


【そんなペースで激動の二十世紀をどう乗り切ったんだろう】
黄:チェックポイントに辿り着けないのが必ず出るんだけど、
 それを捜索する部分が本編と主張してるのも居るんだよぉ。
玄:現代なら位置情報など機械で簡単に分かるのでは無いですか。
黄:伝統派が、そんなもんに頼るのは邪道だと認めないんだよぉ。
朱:現場を知らない外野があれこれ言うのは、何処も変わりませんね~。
玄:部活中は水を飲むなみたいな方の話ですか。
黄:長生きすればするほど情報の更新は億劫になるけど、
 それでも百年に一回くらいは見直さないと世の中との乖離がヤバくなるんだよぉ。

 終わってみれば、玄武である必要性が少なかったような気もしますが深く考えてはいけません。大陸一周レースはどうなったんだという部分についても、結果なんて大事じゃないという綺麗事で躱そうと思います。

 盥回しという言葉があります。盥は、タライと読みます。御存知の通り、水を溜める器の中でも大きめで、手や足を浸したり、洗濯をするサイズのものを指します。盥回しは、一定の内輪で発展性が無いことを延々繰り返すことを意味します。役所で面倒な手続きをする際、あっちやこっちの部署を行き来させられる場合などに使われます。或いは、役職としてのポストを限られた人員で何度となく分け合う辺りでしょうか。元は曲芸の一つで、盥を寝転がったまま足で回転させるものだったのだそうです。そして幾つもの盥を次々と回すジャグリング的なやり方が一般的で、その華麗な送り流しっぷりを踏まえて今の使われ方になったのだとか。傘で受けて回すのも似た感じじゃなかったっけと思わなくもありませんが、多分、歴史的に盥回しの方が古いとかなんでしょうね。

(・ω・) 盥、盥と書いてると、表記が大体タライになるのが良く分かるな!

【中国史で言うと夏王朝があった頃には就任してたらしいぞ】
朱:この、ペペット・ドゥワイミンって、どういった種目なんですか~。
黄:古来より聖獣界に伝わる球技なんだよぉ。
玄:それは黄龍さんが黄龍を始める以前からあるという意味ですか。
黄:よりは後だった気がするんだよぉ。
朱:大したこと無さそうですね~。
玄:どうも歴史の長さに対する感覚が狂いがちで、困ったものだと思います。


【聖獣の生命力だと片っ端から復活してゾンビ状態になりそう】
朱:具体的に、どういった内容なんですか~。
黄:規定の人数でチームを作って、用意したボールをぶつけあうんだよぉ。
玄:ドッジボールみたいな感じですね。
黄:素材や個数に制限はなく、フィールドは山一つ使うのが慣例なんだよぉ。
朱:雪合戦やサバイバルゲーム感が出てきました~。
黄:そして双方、最後の一人が立ち上がれなくなるまで時間無制限で続くんだよぉ。
玄:人間界に普及しなかった理由が、この説明だけで理解できるというものです。


【規模が大きくなるにつれて政治力の重要性が増してくる】
黄:最近は流線形の有用性が広く認識されて、
 弾丸型を銃弾のように回転させる投げ方が主流になってるんだよぉ。
玄:それはもう、球技と呼んではいけないのではないですか。
黄:ラグビー的なもんだからセーフということで、議論の真っ最中なんだよぉ。
朱:いつの時代も、どの世界も、ルールの制定は揉めるんですね~。
黄:最終的には腕力とか立場に物を言わせて、
 一部聖獣が有利になるよう決定するのは人間達と変わらないんだよぉ。


【理性という名の檻に閉じ込められてるのは人だけでは無いということか】
玄:それにしてもこの凄惨さ、スポーツは戦争の代理行為とは良く言ったものです。
朱:動けなくなった方の数が右下に表示されるのは逆に新しいです~。
黄:死者が出た前例も無いし、適度なストレス発散という扱いになってるんだよぉ。
朱:皆さん血走った目をしてますし、殺意を持って投げつけてるようにしか見えません~。
玄:簡単には死なないからと言って、やりたい放題な部分がありますよね。
黄:たまに自分は獣だということを認識しておかないと逆に制御が困難になるとか、
 誰かがそれっぽいことを言ってた気がするんだよぉ。

 なんとなくオリジナル種目を作ってみましたが、あまりの物騒さに自分でも驚きます。ちなみにペペット・ドゥワイミンには全く意味がありませんので、検索しても何も引っ掛かりません。

 古代湖と呼ばれるものがあります。一般的に湖というやつは、河川から水と共に土砂の類も流れ込んでくるので、いずれは埋まって消えてしまうのだそうです。規模にもよりますが、その期間は数千年から数万年程度が標準的です。一方で、十万年以上前から存在するものを、古代湖と称するのだとか。世界でも二十ヶ所くらいしか現存していないらしく、日本の琵琶湖もその一つです。世界で最も古いとされるのはシベリアのバイカル湖で、その歴史は三千万年程になるそうです。元は海溝だったのに陸地の変動で海から切り離され、徐々に淡水化していったとかなんとか。透明度世界一でも知られ、シベリアの真珠と称される湖ですが、あまりの壮大さにピンとこないものがあります。死海みたいに、水が流れ込んでくるのに出る場所がない上に乾燥地帯だから塩分濃度がとんでもないことになっているところもあることを考えると、自然ってやつは一筋縄ではいかないものだと思わされます。

(・ω・) 要するに、でかい水たまりを沼とか池とか称してる訳だものな

【体力勝負の意味が変わりかねない感がある】
朱:ゴルフ的なのはあるんですね~。
黄:パワーが強いから距離が長めという以外、そんな変わらないんだよぉ。
玄:単位がヤードではなくキロメートルなのはツッコまないでおきます。
朱:バンカーが砂漠そのままなのは壮大ですね~。
黄:本来、自然を利用するのがゴルフというものらしいんだよぉ。
玄:とはいえ砂嵐が舞い込んでも続行というのは、少しばかり驚かされます。


【最後の一個になったらボールが割れようと続けるらしいよ】
黄:ボール交換に制限あるのが独特かも知れないんだよぉ。
朱:全力で引っぱたくと壊しかねない方ばかりだからでしょうか~。
黄:それもあるけど、雑な性格してるのが多いから、
 飛ばしすぎて何処行ったか分からなくなった時、ロストボールにしまくるんだよぉ。
玄:環境によろしくない上、大味になるのを防ぐ目的がある訳ですね。
黄:底なし沼に入っても諦めないみたいな弊害も出てるけど、
 観客的には大盛り上がりだから黙認されてるんだよぉ。


【少しでも安息に過ごせる場所を縄張りと呼んでいたような気もするけど】
朱:密林コースはスリリングですね~。
玄:誤って大蛇が飲み込んでしまった場合、そのまま打つのはありなんでしょうか。
黄:少しくらい、蛇の方を心配して欲しいんだよぉ。
朱:障害物がこう多いと、ボールをちゃんと探し出せる方が有利になりそうです~。
玄:フェアウェイという概念は、何処に置いてきたのでしょう。
黄:そもそも野生世界に安全地帯なんか無いと、
 詭弁にも似た建前をどっかで聞いたことあるんだよぉ。


【この大会で優勝することが名誉なのかからして怪しい】
朱:最終ホールのグリーンが出来たばかりの火山島って誰が考えたんでしょうか~。
黄:話題性を優先するのは、エンターテイメントの必然なんだよぉ。
玄:グリーンって、コース内でも際立った緑色だから名付けられたと聞いていますが。
黄:ところどころ苔が生えて、焦げ茶色の中の緑が艶やかなんだよぉ。
朱:かなりのヤケッパチを感じるんですが~。
黄:主催者でもないのにイチイチ解答を求められても、
 知ったこっちゃないとしか言い様が無いんだよぉ。

 意外に聖獣ゴルフって話が広がったなと、ちょっとビックリしています。どこかしらプロゴルファー猿的な感じを受けるかも知れませんが、私のゴルフ知識なんてそんなものです。

 かまくらと呼ばれるものがあります。地名としての鎌倉ではなく、雪を盛って空洞を掘り、中で風雪を凌ぐ方です。関東の様に、たまにしか雪が積もらない地域の子供にとっては一種の憧れの存在であるといえましょう。私の近辺だけかも知れませんが。しかしこのかまくらという名称は全国区ですが、秋田のお祭りが由来ということはどれだけ知られているのでしょう。なんでも内部に祭壇を設けて、水神様を祀るものなのだとか。東北や北陸が米どころなのは、雪解け水が豊富というのが一因なので納得出来る話です。すっかり平仮名で定着していますが、語源は竈(カマド)の蔵だの、神のおわす場所で神座(カミクラ)だの諸説あるようです。かまくらはおろか、泥だらけの雪だるますら数年に一度くらいしか作れない身としては、ある意味において神聖極まりないものの気もしてきました。

(・ω・) こっちの猫が雪でやたらとテンション上がるのも似たようなもんだよね

【フィジカルコンタクトが何処まで許されるのかで有利不利が変わるな】
朱:サッカーみたいなのをやってますね~。
黄:人間界から輸入されたもので、ルールはほとんど一緒なんだよぉ。
玄:あのシンプルな構造は、聖獣達にも受けが良かった訳ですか。
朱:ですけど、腕と手が異様なまでに器用な人類だからこそ、
 使用禁止の意味がある気がしないでもないんですけど~。
玄:頭と角をうまいこと使って突進する水牛聖獣を見ていると、
 とてもほぼ同じ種目とは思えないのですが。


【これには監督のヘルも頭を抱えている模様】
玄:キーパーに熊のような大型動物を配置するチームと、
 ネコ科のように動体視力と反射神経に優れた方を選ぶ二パターンが多いみたいですね。
フ:グルァァァ!!
朱:両方を兼ね備えたフェンリルさんは、相当の資質ですね~。
フ:ガルァ!!
黄:根本的な問題としてルールを理解してなさそうだし、
 ボールを持っていたら敵味方関係なく吹っ飛ばす地雷的存在ではあるんだよぉ。


【三次元フェイントとか浪漫はあっても何してるのか分からなさそう】
朱:バスケットボールっぽいのは無いんでしょうか~。
黄:空を飛べるのがチラホラ居るのに、空中戦をどう盛り上げろと言うんだよぉ。
玄:むしろ着地禁止にすれば、飛行系限定で成立します。
朱:原形を留めてませんね~。
黄:でもちょっと面白そうだから、実行委員会に投書しておくんだよぉ。
玄:こうやって、我々は我々で競技を独自進化させていく訳ですか。


【それのせいで広まらない未来しか見えないじゃないか】
黄:スポーツとして成り立つかどうか、
 エキシビジョンでやってみるという返答がきたんだよぉ。
玄:フットワークが軽すぎませんか。
朱:人数的には大きな学校の体育祭みたいな規模ですから~。
黄:定着したら何か報奨を用意するって話なんだよぉ。
玄:でしたら名称に玄武を入れて欲しいと伝えてください。

 つくづく、スポーツというやつは人間が基準で作られているんだなと、当たり前のことを考え直させられる次第であります。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 4 6 8
10 11 13 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索