忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

 リトマス試験紙と呼ばれるものがあります。小学校辺りの理科の授業で用いた記憶がある方も多いでしょう。水溶液のpHがどの程度のものかを簡易的に測定する為の紙片です。酸性であれば赤、アルカリ性であれば青になるのが一般的です。歴史はそこそこ古く、13、4世紀の錬金術師が発見したとされています。リトマスゴケなる、当時は染料として用いていたものを原料としていたのだとか。名前の由来はこれですが、現代では化学的に合成して作るのが主流になっているそうです。この、どちらに属しているのか明確に分かる特性から、個人などを試すことをリトマス試験紙と表現することもあります。曖昧な振舞いで、どの派閥なのか分かりづらい人に揺さぶりをかけたりでしょうか。なんか一般人に対しては使い所が無い例えの気もしてきましたが、物語なら多少はありそうなので良いとしておきましょう。

(・ω・) ちなみに大雑把過ぎるから高校以降で使われることは少ない

【情熱の赤は似合わないと言われ続けた朱雀だからこそ】
朱:白には、誠実や潔癖といったクリーンなイメージがありますけど、
 それがプレッシャーになったりはしませんか~。
白:そういう考え方があるって、今になって気付いた。
黄:とんでもないマイペースなんだよぉ。
白:暴力極めた父親と、謀略好きな母親も同じ毛色だしなぁ。
朱:特定の色に勝手な印象を持つというのは、傲慢な話なのやも知れませんね~。


【どういった経緯でそんな罵倒になったかは重要な気もする】
セ:若かりし頃、何色にでも染まるカメレオン野郎と罵られたことならありますけど。
黄:ひでーこと言うやつも居たもんだよぉ。
セ:あなたであったと記憶しているのですが。
黄:一欠片として思い当たる節が無いんだよぉ。
朱:長生きの秘訣は、都合の悪い事実を忘却することって言いたいんでしょうか~。
白:これは単に、性格に問題あるだけだと思う。


【根拠なく正や負の感情を抱くことが論点であるべき】
猫:うみゃーお。
朱:『猫派遣業として言わせてもらえば、たかが模様に執着する客は多いな』ですって~。
黄:白猫と黒猫、どっちが人気かという禁断の質問を浴びせたいんだよぉ。
猫:ごるにゃーお。
朱:『お前、それ人間で同じこと言ったら大問題になるぞ』と仰ってますが~。
黄:世知辛い世の中なんだよぉ。
朱:逆手に取って、全ての特徴を個性と言っておけば、
 分かってる雰囲気出せる部分もありますよね~。


【ごっこ遊びならともかく人生賭けろって水準ではちょっと】
黄:話をまとめると、こいつらやっぱ白いことに興味が無いんだよぉ。
朱:神様はどうして、この配色にしたんですかね~。
黄:根源的な問いになってきたんだよぉ。
白:天性の資質に意義とか使命があったとしても、私は敢えて逆らいたい。
黄:カッコいいこと言ってみたい感あるけど、その実サボりたいだけなんだよぉ。
朱:とはいえ世界を救う仕事を押し付けられたとして、
 本気でそれに取り組みたいかと言われると、大半の方が首を傾げると思います~。

 犬や猫の好きな模様を言っても差別的にならない辺り、やっぱり一線は引かれてるんだなと思わなくもありません。
PR

 ノンアルコール飲料と呼ばれるものがあります。文字通り、アルコールが含まれていない飲み物のことです。この定義だと水やお茶、ジュースの類も入ってしまう感じがあります。実際は酒類風でありながら、飲んでもほぼ酔わないものを強く意味します。日本の法律で酒とされるには、エタノールが1%以上含有されているのが条件となりますので、これ未満だとノンアルコール飲料に分類される訳です。一般に最も認知されているのはノンアルコールビールでしょう。ビールは飲みたいけど、酩酊してはまずい状況だったり、肝臓など身体への負担を考慮した末に生みだされた代替品です。仕事の合間に口にすると何故か怒られるのは、日本という国のお約束ジョークとして置いておきまして。一方で、ノンアルコールチューハイと呼称されるものもあります。飲んだことは無いのですが、アルコール感のある口当たりなのでしょう。でも、ちょっと苦味があるってだけならジュースってことで良いんじゃねとは思っています。ビールの味や喉越しが好きっていう方は多いんでしょうが、チューハイに同じものを求めているのはどれだけ居るのでしょう。実際、目にする機会が減っている気がするのですが、どうなんでしょうね。

(・ω・) 酒税が掛からないのに似た値段ってのが、引っ掛かるよね

【竹林で迷彩になるかと言われると微妙なところがあるし】
朱:じゃあ、白について語ってみてください~。
白:そう言われても、生まれた時からこの色だしなぁ。
セ:私も龍族になった後、勝手に分化しただけなので思い入れは無いです。
黄:初っ端から、企画倒れ感が凄いんだよぉ。
朱:考えてみましたら、私も朱色に何かしらの感情がある気がしません~。
メ:パンダに、どうして白黒になったのって聞いても、
 『知るか』で済まされるんだろうなに通じるものがある。


【技術の発達が堕落を促すなら悪魔の仕業と考えるのが妥当】
猫:なーぐぁ。
朱:『汚れがやたらと目立つし、外に出るのが億劫になるな』と言ってますが~。
黄:あんたの出不精は、もっと本質的なものなんだよぉ。
猫:みぃにゃ。
朱:『ネットがあれば仕事と買い物、どっちも困らないのが悪い』ですって~。
黄:現代社会に適応しすぎなんだよぉ。
朱:かくいう黄龍さんも、最近は大抵のものを通販で済ませてるようです~。


【アムールトラみたいな北国仕様も居るっちゃ居るけど】
白:放浪時代、雪山で保護色になって便利だった記憶はあるかも。
朱:そういう話を伺いたかったんですよ~。
白:相手も白いの多いし、そもそも数が少ないから長居はしなかったけどね。
黄:微妙に話が盛り上がらないんだよぉ。
朱:白熊さんみたいに、頑張って巨体を維持してる方も存在してますよね~。
白:温暖地方育ちに無茶言うなって、割と本気で諭したい気分。


【弾除けとして有能という方向で推していけ】
セ:執事の端くれとして、服装を白と黒、いずれで揃えるのが正しいかを思案します。
黄:どっちにしても、存在感がすげーんだよぉ。
朱:家来なんですから、主人より目立つのはどうなんでしょうか~。
セ:私のモットーは、『主張の激しい隠し味』ですから。
黄:そりゃ、雇い主も見付からないんだよぉ。
朱:逆に暗殺で悩んでいるとか、特殊な事情でしたら可能性がありそうです~。

 使い古されたネタとして、執事=セバスチャンというのがありますが、初出はなんだったのか、どなたか解説してください。

 トリックスターと呼ばれる者が居ます。英語で書くとtricksterです。長年、starだと思いこんでいましたが、sterで何々する人、という意味があるのだそうです。道理で星とは特に関係が無い訳です。この場合のtrickは悪戯や悪巧みなので、繋げると詐欺師や手品師を指す単語になります。現代日本語では、物語や神話などで場を引っ掻き回す立場の存在という意味合いが第一に来ます。淡々と話が進んでいくというジャンルも無い訳ではありませんが、起伏があるものの方が大多数です。そんな時に便利なのがトリックスターなのです。分かり易い例としては、頓狂な発明品で周囲を混乱させる科学者とかでしょうか。一人紛れ込ませるだけで、幾らでもドタバタコメディを生み出せます。ちなみに黄龍ちゃんは半分以上がトリックスターという、自分でもふざけてんのかと思わなくもない構成ですが、後戻りは出来そうも無いので諦めてこのまま進めます。

(・ω・) 神話は混沌から秩序が誕生する的なのが多いって言い訳しとく

【クリムゾンの方がちょっとキャラが濃いんですよ】
メ:で、なんで私が呼ばれたの。
黄:天使と言えば純白的な固定観念のせいだと思うんだよぉ。
朱:言われてみれば天使さんも、
 ヒーローものみたいにカラフルな感じにした方が受けるかも知れませんね~。
メ:これで天使ってたくさん居るから、赤系だけで千人とかになっちゃう。
黄:エンジェルレッドとエンジェルクリムゾンが同時に出たら、
 子供達は混乱して、保護者から苦情殺到間違いなしなんだよぉ。


【緑系の人気キャラが皆無って訳でも無いけど絶対数はかなり少ない】
メ:余りそうだし、エンジェルブラックにしておこうかなぁ。
黄:私見としては分かり易いから真っ先に消えて、
 本当に残るのはグリーン系統じゃないかと思ってるんだよぉ。
朱:五行でも、青とセットにされてる不遇枠ですよね~。
メ:目に優しくて、植物の象徴みたいな色なのに。
黄:逆にありふれすぎていてインパクトが無いというか、
 悪い意味で空気的な扱いなのかも知れないんだよぉ。


【実害が出る頃には手遅れだと分かっているのに放っといちゃう】
メ:ところで私に司会進行の適性があると思ってる?
黄:逆に、誰がやったってまとまる訳ないんだから気楽なもんなんだよぉ。
朱:破談が前提の交渉みたいなものですね~。
メ:つまり、徹底的に煽ればいいのかも。
朱:私が方向修正しますから、大船に乗ったつもりで任せてください~。
黄:もしやこれって危険な流れなんじゃないかと思わなくも無いけど、
 いくつになっても、怖いもの見たさというのは引っ込んでくれないんだよぉ。


【但し通用するのは一回だけというリスキーな大技】
朱:ともあれ、これからどうしましょうか~。
黄:行きあたりばったりだとは思ってたけど、ここまでとは想定外なんだよぉ。
メ:負けたら白い粉まみれになる、バラエティ感覚でいいんじゃない。
朱:背景も真っ白にすれば、画面から消える感じになりそうですね~。
黄:完全に放送事故なんだよぉ。
メ:『お使いのテレビは正常です。問題があるのは製作者の頭です』
 みたいなテロップを入れておけば、なんとなく許される予感がする。

 ステレオタイプという先入観的な言葉は印刷で使うステロ版が語源なのだそうですが、現代っ子はもう分からないんじゃなかろうかって気がしています。というか私も何となくでしか存在を知りません。

 煙草は、世界的に普及している嗜好品の代表格のような存在の一つです。原産が南米のアンデス山脈とされていることから推察できるように、大航海時代に広まったとするのが定説のようです。文明が確立する以前から、大抵の地方にあったとされる酒類とは違い、世界規模で見るとほんの数百年の歴史しか無いというのはちょっと意外です。日本に入ってきたのも戦国時代の後期、欧州との交易が盛んだった頃とされています。タバコという読みも、ポルトガル語のtabacoをそのまま輸入したもののようです。これと同様に、ウィスキーとか、コーヒーとか、ココアとか、和訳が思い浮かばない舶来品が多いことに驚いています。球技は一通り作ったのに、嗜好品はどうでも良かったんでしょうか。先人達の基準は、今一つ分からないものがあります。

(・ω・) 蹴球がサッカーで落ち着いた理由も謎だよな

【多分だけど読者が期待してる内容とは掛け離れてると思う】
朱:白って、色に分類していいんでしょうか~。
黄:なんか深いようで、そうでもないような発言が聞こえたんだよぉ。
猫:うなーお。
朱:『色なんて人間の可視領域で勝手に決められたもんだから、
 定義すること自体がバカらしいぜ』ですって~。
黄:正しいこと言ってるんだけど、ドラ猫に同意するのは悔しいんだよぉ。
朱:ですが『猫が語る本当のこと五十選』みたいな本を出したら、
 それなりに売れそうな気もしませんか~。


【能力的に充分なら全身真っ黒でも妥協するのかは気になるところ】
朱:ここは一つ、白のプロフェッショナルにお伺いを立てましょう~。
白:うにゃ?
黄:こいつ、時給制で専門家でもなんでもないはずなんだよぉ。
白:たしかに、この白毛を染めないと雇わないって言われたら、
 しょうがないかなで色を変えちゃう程度のアイデンティティだけど。
黄:マジでバイトっぽい話になってきたんだよぉ。
朱:四神として採用された最大の理由が毛色ですし、
 なんとも言えない気分にはなりますよね~。


【結果として健康で長生きなんだから問題ないだろとして良いんだろうか】
猫:にゃまぉ。
朱:『ま、そこの嬢ちゃんより俺の毛並みの方が立派だがな』と言ってます~。
白:そういや十歳超えた、世間的には老猫の割にくたびれてないね。
黄:七割くらい妖怪化してるってのが定説なんだよぉ。
朱:着実に、私達の仲間に近付いてるんですね~。
黄:朱雀の電波を浴び続けたせいで変質したとも言われてるけど、
 動物愛護系がうるさそうだから封印された仮説なんだよぉ。


【多角経営を成功させて資産額が相当なものになってるらしい】
朱:では、どちらが最も白に相応しいか決めるというのはどうですか~。
セ:ほぉ、興味深い提案ですね。
黄:昔、白龍だったやつまで湧いたんだよぉ。
朱:考えてみましたら、龍虎と渡り合える猫って只者じゃないですね~。
猫:うみゃう。
朱:『今更知ったか』だそうです~。
黄:こういう危険分子は囲い込んで目の届くところに置いておきたいけど、
 生活力が朱雀や白虎よりずっと上っぽいってのが難儀なんだよぉ。

 そういや今期は白虎回が無かったなということで、白まみれの話にしてみました。四神が続くことに関しては、順番考えずに書いてた結果だと思っていただければ。

 不発弾と呼ばれるものがあります。文字通り、不発に終わった弾を意味します。この場合の弾は銃火器の弾丸の他、爆弾の類も含みます。この手の武器は、火薬に着火することで発生する爆発力を利用するという共通点があります。当然のことながら、使用者が意図しない起動、つまりは暴発を防がなくてはいけません。歴史や構造に詳しい訳ではありませんが、百発百中に近付ける為に試行錯誤を繰り返してきたことは想像に難くありません。しかし、人間のやることに完璧などありません。確率的に減ってはいるんでしょうが、信管の不具合などで想定した動作をしないことがあります。何がタチ悪いって、火薬は健在なので、ふとした拍子に爆発することが有り得る点です。なので不発弾の処理は専門家が行うのが常道です。転じて、その時点では大して影響を及ぼさなかったのものの、時間の経過や何かしらの弾みで衝撃を与えてくるものの比喩として扱うこともあります。失敗を隠滅した時などが典型例でしょうか。早い内なら被害が少なくて済むケースで使っていいものかは、ちょっと判りかねますけどね。

(・ω・) 火薬が湿気ることはあっても、威力が増えるなんてことはないもんな

【教養とか文化的側面を持っているかどうかは大事なんじゃなかろうか】
朱:青龍さんが務めを果たす際、重視していることはなんですか~。
黄:雑誌のインタビューみたいになってるんだよぉ。
玄:こういった方向から理解を深めるというのも選択肢としてはありです。
白:要は、面白半分に分類して良いんだろうけど。
朱:新しい視点は、遊び心から生まれるものらしいですし~。
黄:戯れると、ふざけるは似ているようで全く違うものの気もするけど、
 こいつらに理解できるほど噛み砕いて説明できる自信が無いんだよぉ。


【自発的に動き出したとか甘い解釈しそうなところはある】
青:……。
黄:で、そっちは何を考え込んでるんだよぉ。
青:この場合、真面目に対応するのと、笑いを交えるの、
 どちらが相応しいのでしょう。
黄:こういった機微は昔から全然なんだよぉ。
朱:私達がそちら方面をサポートすれば良いんですね~。
黄:それをやるくらいなら仏頂面の現状のがよっぽどマシであると、
 キッパリ断言してやらないとえらいことになるんだよぉ。


【どっちに統治してもらいたいかと質問したら青龍のが多そう】
青:ともあれ、大したことは心がけていませんよ。
  処理すべき事案に優先順位を付けて、能率的に片付けるだけです。
玄:言葉にするとアッサリしたものですが。
白:それが出来るなら苦労はしないと、誰か言ってあげて。
黄:世の仕事の大半が人工知能で置き換えられる時代に入ると言われてるけど、
 はたして青龍以上の効率が可能なのかと問いたいんだよぉ。
玄:まったくもって、同意せざるを得ません。


【結局は人間同士がやるのと大して変わらない訳か】
白:さっきの話と絡むけど、そんな機械的に仕事してたら発見とか無くない。
朱:事務的には良いのかも知れませんが、創造性に欠けますよね~。
青:やることが多すぎて、終えない限り新たな試みなど不可能な訳ですが。
黄:論理的に諭されたんだよぉ。
玄:せめて口喧嘩くらいは勝ちたいです。
黄:討論用プログラムとかちょっと面白そうな感じがあるけど、
 揚げ足を取ったり、意味もなく煽ったりと、建設性は無さそうな予感がするんだよぉ。

 青龍の出番を増やすと自然に四神の露出もアップしますが、来年辺りは別の連中との絡みも模索してみましょうか。憶えてるかは責任持てませんけど。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
5 6 8 10
12 13 15 17
19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索