忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

 内弁慶という言葉があります。弁慶とはもちろん、かの源義経に仕え、怪力無双で獅子奮迅の活躍をしたとされる武蔵坊弁慶からきています。そこから、家庭内など自分の縄張りでのみ居丈高に振る舞うことをこう称するようになりました。陰弁慶、炬燵弁慶などとも言うようです。派生として外弁慶などという使い方をする場合もありますが、今のところ正確な日本語とは言い難いようです。しかし考えてみると、弁慶要素が強いくらいしか残って無くて本人にとっては迷惑な気すらしてきます。後ろ向きなニュアンスで使うことが多い単語ですし。八百年以上の時を経ても名前が残ってるんだから名誉なんじゃないのと考えるのは他人事だからでしょうか。弁慶自体、伝説が盛られまくって史実とどれだけ一致してるのというキャラクターですし、今更どうでも良いって思っている可能性が高いのやも知れませんけど。

(・ω・) 正史と呼べる中だと、弁慶の記述はとんでもなく少ないのだとか

【なんと冷静で現実的な進言であろうか】
公:数百年後、俺はどういった評価を受けているのだろう。
遊:国を潰してボロクソに言われるならマシな方で、
 実在したのかどうかも怪しい謎の大名扱いされそうだな。
公:一回、どんな史家も無視できないくらいのことをやるべきか。
遊:民を思いながら豪胆に死ぬ系が、泰平の世では受けが良い気がするぞ。
公:功績で名を残せと言わない辺りに、どう思われてるかが滲み出てるぜ。


【関白くらいまで上り詰めないと結局は板挟み人生よ】
遊:このままだと、どこかの勢力に攻め入られて劣勢になった時、
 国人衆の地位を保証する代償に生贄となる可能性が高い。
  だったらせめて美談っぽいのを遺しておいた方が良いだろ。
公:俺の命だと思って、好きに言ってくれるな。
遊:私も、売り飛ばす側の人間ってことを忘れるなよ。
公:流浪の商人だった頃は、大名は権力持ってて羨ましいと思っていました。


【どっちみち持ち合わせてないことを白状するからでは】
公:宗教勢力が結集するのを、なんとかして防ぎたい。
莉:ありきたりだけど、まとめ役を潰すしかないんじゃないの。
遊:基本、扇動するやつが居なきゃ害は少ないからな。
  そしてそれが出来るかどうかは、生まれ持ったところに依るものが大きい。
莉:それがあったら大名生活、もっと楽が出来たなぁって思ったでしょ。
公:ここで同意してもしなくても負けな感が拭えない気がするのはどうしてだ。


【戦国バーサーカー伝説は複数勢力に散見される】
遊:南蛮では、そういった資質の持ち主をカリスマと呼ぶと聞いた。
公:日の本で言うと、聖徳太子みたいなやつか。
莉:人を動かすのって、欲得だけじゃ難しいもんねぇ。
遊:傍から見たら論理破綻していようと、勢いで押し切るのは士気高揚にも使えるな。
公:遊那の部隊って、良く言えば勇猛果敢、悪く言えば猪武者の集団じゃなかったか。
莉:頭の線が最初から足りない連中だと、乗せるのが楽で楽しそう。

 去年、戦国浪漫編も急転直下の新展開を織り交ぜていくかもとか書いた気がしますが、今年も残り少ないこともあって通常営業でお茶を濁そうかなと思ってます。そして莉以の莉が出てこねーぞと、毎年のように言ってる訳ですよ。
PR

 ポーカーフェイスという言葉があります。心理戦部分に重きが置かれるギャンブルやゲームの類で、読み取れる情報が乏しい表情のことを意味します。無表情と混同されがちですが、ずっと喜怒哀楽いずれかを出し続けていればセーフのはずです。笑顔辺りならともかく、常に悲しい顔をされていては反応に困る部分がありますが。ポーカーは手札が強いことに越したことはありませんが、弱い手でも強気に突っぱねることで錯誤を起こさせて降ろさせることで実質的な勝利を拾える遊戯です。そこからついた名前と推察されます。日本にも古来より丁半博打など読み合いの賭博は多数ありますが、相当する言葉は特に無いようです。強いて言うなら能面辺りになるんでしょうか。あれは作り物が故に、心中が分からないって話なのですが。ポーカーフェイスだと文字数を食うので、二字熟語辺りで良いのがあれば便利だと思う次第です。

(・ω・) ポカフェとか略しても、通じる率は低そうだ

【まず普通は年とったら肉を受け付けなくなるし】
ア:スランプですわ。
白:結成わずかなのに、とんでもなく不遜なこと言ってる。
天:何処をとっても欠点しか無い訳ですから、
 逆に伸び代しか無くて一番楽しい時期と言えるはずなんですけどね。
白:あー、知らない肉料理が多い時期の方がワクワク感あった的な。
天:白虎さんが死ぬまでに全制覇は無理なくらい世界は広いですから、
 余計な心配だと思います。


【文字列だけで妄想できるって燃費良い性格してる】
ア:わたくしが言いたいのは技術面ではありませんの。
  配信動画のコメントが伸び悩んでるのですわ。
白:再生数は安定してるんだから良いじゃない。
天:具体的な反応が無いと盛り上がれないタイプなのでしょう。
ア:数字だけでは、それが女性なのかどうか推察することも叶いませんのよ。
白:成程そこか、って納得しちゃった自分に疑問を覚えたかも知れない。


【色気より食い気はお子様という謎の風潮があるからな】
白:そういや、アルテミス向けの感想で思ったんだけどさ。
  全体的に高嶺の花って感じの持ち上げ方だよね。
ア:わたくしですもの。
天:この無限大の自信が何処から湧くのかが興味深いです。
ア:自分に正直に生きることは、美徳に他なりませんわ。
白:私も大して違わないはずなんだけど、
 これだけ印象が違うのはどういった理由なんだろう。


【庶民的アイドルとかいう売り手が錯乱してそうなキャッチコピー】
白:でも、あんまし高いところに行き過ぎると、
 ファンとの距離が遠ざかって本来の目的から外れるんじゃないかなって。
ア:……。
天:この顔は、気付いてなかったようですね。
白:月は世界の誰もが知ってるけど、直接触れたのは数えるくらいしか居ない的な。
天:アイドルとは本来そういうものですが、
 昨今の擦り寄りっぷりで勘違いしてしまいがちなのも事実ですね。

 考えてみたら、どういった部分が売りのユニットなのか設定されてない気もします。そっちの方が色々と便利そうなので、今後も曖昧なまま進んでいくやも知れません。

 クリーチャーと称される存在があります。英語で表記するとcreatureになります。人以外の生き物や、隷属するものという考え方での女子供的な意味合いのようです。しかし日本語の場合、そういった使い方をする人は激減します。怪物や得体の知れない生物くらいになるでしょうか。同名のアメリカ映画や、海外の古いゲームなどでそういう呼称が用いられていたのがキッカケと言われています。日本には古くから妖怪という概念がありますが、彼らは自然現象など、理解が及ばなかったものに人格を与えて誕生した側面が強くあります。一方でクリーチャーはもっと無機質で、生物汚染が原因だの、異世界からやってきた侵略者だの、明確に敵対するケースがほとんどです。元の映画やゲームがそうなんだからと言われると納得しちゃいます。ということは、昭和後期に流行した怪獣の類も、クリーチャーに分類されるんですかね。怪獣は怪獣で日本産な気もしますし、専門家の見解を聞いてみたい感じがあります。

(・ω・) 現代っ子には、ゲームで蹴散らすやつくらいの認識かも知れない

【世の中から偏見を無くすなんて無理だと分かるな】
天:この間のステージを配信して貰ったのですが、
 思ったより再生数を稼いでいるようです。
白:かなりの規模の撮影班だったよねぇ。
  あれだけの人数なら、正式な許可も降りやすい気がする。
天:たしかに、一人だけでしたら怪訝な目で見られそうです。
ア:それも男性でしたら、間違いなく不審者として扱われますの。


【一匹狼という訳でもなく単に勝ち馬を見極めてる】
天:そういえば、あの子達が始まる直前に一悶着ありましたね。
  独身と思しき中年男性が何人か追い出されてたみたいですが。
白:生々しい話になってきた。
ア:女性ファンだけを狙い撃つのが正しいと証明されましたの。
白:こっちはこっちで、肯定したくない。
天:誰の味方をするでもなく曖昧な態度を取ることを日和見と言いますけど、
 実に日本的な行動なので問題ありませんよ。


【猟師でも良いんだけど都市部だから遭遇率が低い】
天:方向性はともかく、固定ファンが付いているのは羨ましいですよね。
白:そこんところは、対象じゃないのに好かれても迷惑って人も多そう。
ア:わたくしはそちら側ですわ。
天:ある意味で潔いスタンスだと思います。
白:私としては、肉屋のおじさんを何とか籠絡したいなぁ。
天:こちらはこちらで目的がハッキリし過ぎていますね。


【少なくても音楽性やアイドル観の違いで解散は無さそうだ】
ア:天照さんは、どういった層に受けたいとお考えですの。
天:全ての日本国民の光になれれば良いなと。
白:スケールが違いすぎて、なんか怖い。
ア:わたくしは、将来的に海外進出も考えていますわよ。
天:こんなバラバラで、よく成立してますよね。
白:逆に目線が違いすぎるせいで理想とかがぶつかり合わなくて、
 なぁなぁになってるだけって気もする。

 ここにきて、女児ユニットの便利さに気付いてしまいました。もう正式にメンバーとグループ名まで決めちゃった方が使い勝手が良いんじゃないかとも思います。まあ、先のことなんて知らんよというスタイルなので、未来の私に丸投げしておきましょう。

 エキスと称されるものがあります。オランダ語のextractを略したものです。元来は、薬効がある成分を何らかの方法で抽出して濃度を高めたものを意味します。有機化合物が多い訳ですから、エタノール、或いは水との混合物に溶かす方法が良く用いられます。なんとなくエキスというと小瓶に入った液体のような印象がありますが、乾燥させた粉末なども含まれるのだそうです。これらから転じて、物事の大事な部分という使われ方もします。エッセンスに近い言葉だなと思われるかも知れませんが、何が違うんだと言われると返答に詰まります。こちらも必要なものを濃縮した液体などを指しますし、本質的な用法がある単語です。あまり似ている感じがしませんが、オランダ語と英語に派生する際に分化しただけで、源流は一緒なんですかね。これもまた、日本語として輸入する時になんとかならんかったのか案件の一つな気がしてきました。

(・ω・) ガーリックオイルが、最も身近なエキスになるんかいな

【明日から町中を歩けるかどうかについてまでは言及しない】
天:とうとう、お祭りの本番がやってきてしまいました。
ア:考えてみましたら、これがデビューステージということになりますわね。
白:気付いてなかったとか、大物すぎる。
天:当然ですが普通にお祭り騒ぎなので、
 よほどやらかさない限り最低限の仕事は出来るでしょう。
白:お笑い芸人で言うところの、『押すな、押すな』ってやつ?
ア:どちらに振り切れても期待には応えられるということになりますの。


【顔合わせで会っただけなのに勝手なイメージが膨らんでいく】
天:くじ引きの結果、例のお子様ユニットの後というのが気になるところですが。
白:全部持ってかれて、文字通り後の祭りになりそう。
天:前座扱いの方が気楽だったやも知れません。
ア:小学生相手に、そんな弱気でどうするんですの。
白:キャリアで言うと、あっちが先輩になるんだけど。
天:今すぐ待機スペースに赴いて挨拶しないと潰される可能性だってあります。


【理想を体現するのがアイドルの有るべき姿である】
天:もうすぐ私達の出番になりますが、凄い盛り上がりですね。
白:主な客層が六十代以上な辺り、少子高齢化とか、孫に嫌われてるんじゃないかとか、
 色々と考えさせられちゃう。
天:あれだけ人懐っこい感じで甘えるような声を出されては、
 祖父母の立場ではイチコロでしょう。
白:子供とは思えないマーケティング能力は見習うべきかもね。
ア:この状況でそれだけ無駄な会話が出来るようでしたら、
 緊張で失敗する心配はしなくて良さそうですの。


【緊張防止で野菜だと思え的に人間としてすら処理してなさそう】
白:なんとか乗り切ったぁ。
天:アルテミスさんが望むファン層とは掛け離れていますが、
 それなりの反応を得られたことは収穫と言えるでしょう。
ア:御年配の女性が楽しむ姿も良いものですわよ。
白:下は自制したけど、上の方に守備範囲が広がってる。
天:個人的には、半分くらい居たお爺様達を、
 どう認識していたのかが気になりますけどね。

 今後、出番があるかどうかも分からないリトルガールチームですが、もしや朱雀が紛れてるのかもと思わなくもありません。あれはジョーカーなので、切る場所は間違えないようにしたいとは思っています。

 マトリョーシカと呼ばれるものがあります。御存知の方も多いかと思われますが、人形の中に人形が入っていて、更にその中にが延々と続くロシアの有名な民芸品の総称です。誕生したのは、19世紀末くらいというのが定説なようです。これを長いとするか、意外に最近だなと思うかは皆様方に委ねるとしまして。ルーツは諸説ありますが、一説には日本の箱根細工の一つである七福神の入れ子人形とも言われています。日本人への知名度はマトリョーシカの方が上じゃないかという、気付いてはいけない事実は置いておきましょう。七福神は縁起物としての意味合いが強いと思われます。一方でマトリョーシカは家族設定なことが多いところを見るに、家庭円満や子孫繁栄という願いが籠められているようです。日本で何処を切っても同じ顔というのを表現するのに金太郎飴を持ち出したりしますが、剥いても剥いても似たようなのが出てくるのをマトリョーシカという人も居たような気がします。どんどんとスケールダウンしていくのは、典型的な竜頭蛇尾ってやつなので深く考えてはいけません。

(・ω・) ボスキャラだって、第一形態が一番強そうってのは良くあることだ

【夏だけで一年分を稼ぐ超人気店だぞ】
白:なんかの参考になるかと思ってアイドルアニメ見たんだけどさ。
  彼女達って、アイドル業以外のことに力入れすぎてない?
ア:あなたがそれを言いますの。
天:アイドルにそこまでのバリエーションがある訳ではありませんから、
 個性を出そうと思ったら、それ以外で味付けするしか無いのでしょう。
白:でも冷やし中華専門店の看板娘は、ちょっと意味分からなかった。


【あまりに日本語が流暢すぎて外国人ってのを忘れてた】
白:他にも七つ子シスターズの、七変化ユニットとか。
ア:七名が別の衣装を着ているだけですわよね。
天:こう言ってはなんですが、相当の色物を視聴したのでは。
白:標準を知らないから、コメントしようがない。
ア:それでどうして勉強になると思ったんですの。
天:考えてみましたら、日本人がイメージする一般的なアイドル像を、
 教えるところから始めないといけなかったのかも知れません。


【スマイルには違いないから許容範囲という考え方もある】
白:女性ファン獲得が目的らしいし、男子モノの方が良かったかなぁ。
天:見事なまでに迷走してますね。
ア:少しばかりでもやる気はあると、好意的に解釈しておきますわ。
白:にしても、誰も彼もファンを笑顔にしたいって言うのは納得いかないんだけど。
  誰かみたいに、チヤホヤされたいって言い切れば良いのに。
天:それで話を構築しろと言われても、苦笑いしか出てこないと思いますよ。


【少なくても話の種に出来る程度にはレアな存在】
白:そういやアニメ見て知ったんだけど、日本ってどの学校にも、
 作曲、衣装作り、振り付け指導、ステージ設営が出来る人が転がってるもんなんだね。
天:こうやって、創作から誤ったイメージが諸国へ伝わっていくのですか。
ア:わたくし、トーストをくわえて走る女子なら見たことありますわよ。
白:もう、何が真実で、何が嘘なのか分からなくなってきた。
天:日本国民の三割は忍者というデマが流れているとも聞きますし、
 情報を正しく伝えることの難しさを感じ入りますね。

 この作品を書くにあたって、アイドルアニメが参考になってるかどうかについては、自分でも良く分からないというのが本音なのです。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
2
4 5 7 9
11 12 14 16
18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索