忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

 来年5月20日に、重さの定義が変わります。御存知の通り、現在の長さと重さの世界標準はメートルとグラムです。大航海時代を経て、世界で統一された度量衡が必要となった為に考案されたのがキッカケです。北極点からロンドンを通って赤道までの距離の千万分の一を一メートルとし、更にその十分の一の十センチメートル四方の立方体の水、つまりは一リットルを一キログラムとしたのが最初の定義でした。そしてメートル原器と呼ばれる究極の物差しが長さの基準となったのです。しかし測量技術の向上や、ミクロ、マクロ世界の研究が進むにつれて必要とされる有効数字がどんどんと増えていき、かつては無視できるほど小さかった誤差も許されなくなってきます。そこで1983年に、現代物理学に於いて限りなく不変に近い性質を持つ光速を基準にすると定義づけられました。意外と最近の話なのです。一方で重さの方ですが、水の重さを元として、キログラム原器と呼ばれるものを基準としてきました。こちらも、密閉するなど最大限の努力はしていますが、変質は免れません。そこでプランク定数を用いた、より厳密なものへと変更することになったようです。私達の生活レベルで何か変わるという訳でもありませんが、こうして科学の世界は少しずつ前へと進み続けるもののようです。

(・ω・) 一方、未だにアメリカはヤードポンド法に固執していた

【現役教授という肩書きに付加価値を感じてる気もするけど】
月:以前、舞台演劇を誘ってきた旧友にミュージカルへの出演を依頼された。
黄:その友人とやらの迷走っぷりが気になってきたんだよぉ。
月:とにかく手当たり次第にやってみる、アグレッシブな性格なのだ。
黄:採算性という概念が欠落してる辺り、誰かさんに似てるんだよぉ。
月:他の劇団員も少しばかり頭おかしいし大丈夫だろ。
黄:もしや本格的に移籍してしまえば、
 色んな意味で丸く収まるんじゃないかと思えてきたんだよぉ。


【一瞬のブームが巻き起こって勘違いを誘発しそうである】
黄:で、歌と踊りは出来るのかと聞いておくんだよぉ。
月:今回の役はソングとダンスの概念が無い地底人で、
 それを通じて分かりあうという展開だから素人の方が良いのだそうだ。
黄:相変わらず脚本が異次元で、逆に気になるんだよぉ。
月:別にそういう意図は無いらしいんだがな。
黄:未来永劫、売れることは無いんだろうなとは思うけど、
 世の中、何がヒットするか分からないという魔法の言葉もあるんだよぉ。


【口八丁で負けるようでは格が知れるというものよ】
月:教授が、もっと尊敬されてる世界に行きたい。
黄:それは教授という肩書ではなく、アンタ自身が軽視されてるだけなんだよぉ。
月:その、最新のカミソリ並の切れ味を、もっと有効に使えないものだろうか。
黄:どこかの教授みたいに、頭脳の無駄遣いしかしてないのも居るんだよぉ。
月:理屈を言うな、理屈を。
黄:理屈を言うのが教授の商売だという、残念な事実を伝えなければならないんだよぉ。


【どこかの誰かが大変革をしてくれないかと願う日々】
月:分かりやすく言えば、プロフェッサーの名札を付けてるだけで、
 公共機関がフリーパスになるくらいの扱いを受けたいんだ。
黄:異世界に行っただけで破格の待遇になるみたいな妄想なんだよぉ。
月:それよりは現実味があるだろ。
黄:だったらもっと、地位向上に勤しめば良いと思うんだよぉ。
月:自慢ではないが、偉大な先人が築き上げた権威に、
 しがみついてるだけという自覚くらいはある。

 穀潰しという称号がピッタリの教授ですが、今後も、ちょっと羨ましいような、こうなったら人として終わりのような微妙な立ち位置を今後も続けていくんでしょうね。
PR

 ベリーという名で総称される果実があります。ストロベリー、ブルーベリー、ラズベリーなどが思い付くことでしょう。しかし思うのは、共通の名前を持っているとは思えないほど、見た目や味の系統が違うということです。どこまでがベリーに含まれるのかというのは、学術的なものと一般的なものとで違いがあるそうですが、丸っこくて食用になる果実なら良いというのが大雑把な見解なようです。パイナップルも林檎の名を冠してますし、英語圏に於けるフルーツのネーミングはざっくばらんなものがある気がします。というか、アップルに果実全般の意味があるそうですが。やっぱり西洋では、林檎は果物の王様なんでしょうね。ドリアンなんて、所詮はお山の大将に過ぎないという話なんですよ。

(・ω・) 東アジア人なら、楊貴妃とライチを持ち出すのが常道でしょう

【年寄りの冷や水という的確な表現があった気がしてならない】
月:教授を続けつつ、ゲーマーとしての地位を確立したい。
黄:ああいうのは若くないと反射神経が追いつかないんだよぉ。
月:精神的には、まだまだ十代並のつもりだぞ。
黄:むしろ一桁っぽく感じることすらあるんだよぉ。
月:一方で年取りくさいと言われることもあり、
 正直、自分でも良く分からなくなることがある。


【ハングリーさに欠ける問題は残るがヒールには慣れてる面もある】
月:あの手の稼業の何が辛いって生活費を稼がなきゃならんことだからな。
  別口の収入があればプレッシャーやスポンサー探しの労力分だけ有利なのだ。
黄:要は貴族の遊びなんだよぉ。
月:生計を立ててる訳でもないセミプロに大会荒らされて悔しくないんですかと、
 煽り立てるのが最終目標だ。
黄:動機が酷すぎて二の句が継げないけど、
 仮にもプロなら勝負の世界は非情だという実態もあるんだよぉ。


【常に若い子と接してるのに感性が遠のくって逆に凄い】
月:教授をそこそこの期間やってきて、衝撃的だったことが幾つかある。
黄:一応、聞いてやるんだよぉ。
月:『マジウケるんですけど』が口癖の女の子が結構居るという事実とか。
黄:完全に、時代に取り残されたものの言い様なんだよぉ。
月:正直、作られた虚像だと思っていたんだ。
黄:如何に閉じた世界で生きてきたかが分かる発言だけど、
 こいつらしいと言えばそれまでではあるんだよぉ。


【あくまで誤差の範囲で印象を操作するのがプロの仕事である】
月:他は、カレーにマヨネーズ派が少なからず存在することとか。
黄:教授との関連性の無さが凄いんだよぉ。
月:カレーには七味唐辛子だよな。
黄:少なくても、マヨラーよりはマイノリティだと思うんだよぉ。
月:本気で統計をとって、マジョリティであることを証明してやろうか。
黄:その意地の為だけに数字を調整するんだろうなと、
 今後の展開が簡単に予想できてしまうのが難儀なんだよぉ。

 私も、いつまで経っても子供っぽい気質が抜けないなぁと思う一方で、若い頃から妙に達観したところがあり、自分という人間が分からないままです。

 観測気球と呼ばれるものがあります。大抵の場合は高度の気象を調べる為に飛ばす気球のことです。転じて、派手な言動で相手の出方や反応を伺うことを、観測気球を上げる、アドバルーン発言などと表現することもあります。気球というものは温めた空気を送り込む熱気球と、水素やヘリウムといった大気よりも軽い気体を詰めるガス気球に二分されます。前者は町の発明家に毛が生えた感じのモンゴルフィエ兄弟が、後者はガチガチの研究者であるシャルル教授が実用化に成功したというのが興味深いところです。公式記録として、モンゴルフィエ兄弟が十日ばかり早かったということで、世界初の有人飛行のタイトルは彼らのものとなっています。グラハム・ベルとイライシャ・グレイが電話の特許を出願したのが数時間差だのという話もありますが、科学の開発競争というのは白熱すると同時期に完成するものなんですかね。宇宙関連も当時はヒートアップしていたようですが、情報の盗み合いが活発だったとした方がしっくり来る気もしないでもありません。

(・ω・) 特許を取ったら正義側って、錦の御旗に通じるものがある

【ネコミミ派イヌミミ派に次ぐ第三勢力は何かとか書かれてるらしい】
月:劇場版化に備えて、色々と準備をしておかないとな。
黄:どんな壮大なストーリーに巻き込まれると言うんだよぉ。
月:普段が資料集め、講義、駄弁りの無限回廊だからな。
  発展性の無さが酷い。
黄:いっそ世界的組織に研究を狙われる展開にすればいいんだよぉ。
月:ケモミミに見る文化学は、大国の諜報機関に需要がありますかね。


【キッカケはこれくらいぶっ飛んでた方が大成するかも知れない】
黄:日常物で人気が出て映画になる場合、どっか遠出するのが定番なんだよぉ。
月:よぉし、宇宙の果てでも目指してみるか。
黄:アホの子は、極端から極端に走るんだよぉ。
月:若かりし頃から宇宙人扱いされてた部分があるからな。
  本物の地球外生命体とコンタクトをとって、違いを証明してやる。
黄:色々と間違ってるようでいて、学者としては正しいような、
 難儀な発言をしてくれたものなんだよぉ。


【あまりに薄っぺらすぎて全員に見透かされそう】
月:世界大会に出場したい。
黄:今日もまた、素人には難解なことを言い出しやがったんだよぉ。
月:それなりにたくさんの国が参加してればそれで良いんだ。
  箔になるし、講演とかで話の種としても使える。
黄:それで満足なら、特に言うことは無いんだよぉ。
月:無論、表向きは如何に惹かれているかのアッピールを忘れないがな。


【女帝の名を冠されても要は姫的なものですよねと言われそう】
月:レベルが低くて、素人でも日本代表になれるものは無いだろうか。
黄:アンタが好きそうな方向性だと、
 ディープなマニアが多いのばっかりだから難しいんだよぉ。
月:猫のノミ取りなら、ちょっと自信があるぞ。
黄:まず、ノミだらけの猫をどう調達するのかが倫理的に引っ掛かりそうなんだよぉ。
月:対戦相手が疾風の松本みたいに紹介されても、困惑するだけだしな。

 なんでもいいからオリンピックに出たいという動機でマイナー競技を始める人は少なからず居るそうです。狙い目は金が掛かって競技人口が少ないものなのだそうですけど、馬術とか射撃は成金が飛び込むには敷居が高そうですよね。

 ジゴロという言葉があります。フランス語のgigoloに由来し、本来は女性にたかる男性を意味します。日本語だとヒモが一番近いでしょう。何故か現代日本語だとちょっと歪んで、女性を落とすのが上手い人が第一にきているような気がしますけど。こちらだとタラシ辺りが近くなるのでしょうか。どちらも、ちょっと死語気味なところがありますが。性別を反転させて、男性に貢がせるのがうまい女性のことを何と言うかと考えると、ちょっと悩みます。手玉に取るという意味では悪女なんかになるのかも知れませんが、直結はしません。フランス語的にはジゴレットというものがあるそうなのですが、聞き慣れないものであることは否定できないでしょう。別段、珍しい光景でもないので、敢えてそれっぽい言葉を必要としなかったという辺りが真実なんですかね。

(・ω・) 傾国までいくと大袈裟に過ぎるし、難儀だな

【基本中の基本ではあるけど難易度は低くない】
月:クール枠がドジなところを見せることで、愛らしさを表現するのを真似したい。
黄:アンタの場合、イロモノがちょっと決めるだけで格好良く見えるパターンなんだよぉ。
月:辛辣だな、こいつ。
黄:イメージを良くしたいなら、現状を正しく把握すべきなんだよぉ。
月:見たくないものがたくさん視界に入ってしまうので、
 ちょっと遠慮したいのが本音なのですけどね。


【再就職の世話をして貰えるだけ優しいとすら言える】
月:つまるところ、キャラ作りにギャップは大事ってことだ。
黄:たしかにダメ人間一辺倒だと、メリハリに欠けるんだよぉ。
月:定期的に善人ぶれば良いのか。
黄:例えば朝イチでゴミ拾いしてる姿を目撃されたとして、
 『とうとう教授クビで用務員になったのか』と思われるだけなんだよぉ。
月:普段のイメージが濃すぎて覆せないって、恐ろしいことなんだな。


【数合わせのデメリットは冷静に判断しないといけない】
月:今度、学部長を決める選挙があるらしい。
黄:なんか有力候補二人が拮抗してるって聞いてるんだよぉ。
月:きっちり割れれば、私の一票が最大の発言力を持つ訳だが。
黄:キャスティングボードってやつなんだよぉ。
月:引き込むことでイメージが悪化するのを懸念しているのか、
 お誘いが全く無いのが実情なんだがな。


【小物界の大型新人と呼んでくれたまえ】
月:現実的な線だと、私のような不良教授に声を掛けて、
 五人くらいで徒党を組むとかになるのかね。
黄:足並みが揃う気がしねーんだよぉ。
月:ちょっと良い話があっただけで抜け駆けする自信がある。
黄:歴史的に、そういうのは終わった後に殺されるんだよぉ。
月:『ば、バカな。話が違――ウギャー』的なアレか。
黄:あまりに似合いすぎてて、違和感が全然無かったんだよぉ。

 日本の下院、つまり衆議院は小選挙区比例代表並立制というシステムのせいか勝ち負けがハッキリしすぎるので、小政党がキャスティングボードを握ることは近年ありませんでした。まあ、十やそこらしか議席を持たない日和見連中がでかい顔されても微妙な気分になりますけどね。

 ミラーテストと呼ばれるものがあります。鏡に反射された姿を、自分として認識できるかどうかの試験なのだそうです。ある程度の齢を重ねた人間の大半は出来るでしょう。これが出来る動物は、人類以外ではほんの数種と言われています。単に、人は視覚情報に偏重してる部分があるので、匂いや音を発しない映像に戸惑っているだけの部分がある気もしますけど。そもそも人間だって、鏡は目の前を映すものという知識が無ければ、全員が全員分かるとは限りません。野生動物に育てられた子供が社会性を持つのに苦労する話からも分かるように、人が人らしい見識を持っているのは教育のお陰です。群れで情報を共有している種は少なくないようですが、世界中に散らばった一種族が積み重ねているというのは、生物史上初めてのことなのやも知れません。まあ、月まで行って帰ってきたような連中に、何を今更と言ってしまえばそれまでなのですけどね。

(・ω・) そう考えると、やっぱここ百年の技術革新やべーな

【人間性に問題があるからそっちに頼らざるを得ないというか】
月:今日一杯で世界が終わるとしたら、何するよ。
黄:中学生みたいなこと言い出したんだよぉ。
月:死生観と人生哲学が垣間見える、心理学的に有益な質問だ。
黄:学者サイドからの物言いはズルいんだよぉ。
月:権威とは、有効活用する為に存在するのである。


【要するに趣味の延長線上なのである】
黄:とりあえずそっちの答えを聞いておくんだよぉ。
月:完成書きかけ問わずに、論文を全て焼き払う。
黄:生きた証の全否定は珍しいんだよぉ。
月:若かりし頃の日記とか詩集みたいなもんだからな。
  出来ることなら、死ぬ前に無かったことにすべきだ。
黄:成程、こいつの学問への探究心がどういったものか、
 実に端的に表れてるんだよぉ。


【無駄を尊ぶのは知性を持った証という見解もある】
月:後は、私が知り得る限りの機密情報をバラ撒いてやるかな。
  具体的には、他の教授連中の恥ずかしい話とか。
黄:反撃で痛手を負う流れなんだよぉ。
月:これが最後なら、決着はつけておくべきだと思うのだ。
黄:仮にも知識層のやることかと言いたくなったけど、
 野生の獣はやらないだろうなという意味では、間違ってない気もしてきたんだよぉ。


【異性と食事関連で埋まってしまったらしい】
黄:何にしても、生産的なことをする気が無いのは分かったんだよぉ。
月:夜になって、こんなことで良かったのかと思い悩むも、
 とてつもなく薄めてるだけで普段と変わらんなと居直る訳だ。
黄:本当に人生に対する考え方がダダ漏れなんだよぉ。
月:今度、学生連中にアンケートでもとってみるか。
黄:この大学じゃ残念な結果しか出なさそうだけど、
 大衆とはそういったものと言っておけば格好は付きそうなんだよぉ。

 今日世界が終わるなら、色々とやってみたいことが頭の中を巡った末に、うまいもん食いたいくらいで落ち着きそうな小市民です。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
5 6 8 10
12 13 15 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索