忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

 日本語というのは、とにかく略したがる傾向があります。俗称や愛称の方が長いものは少ないですし、ら抜き言葉なんかも、その一部なのかも知れません。言語として口語が基準となっていて、面倒だしテンポが悪くなるからという理由だと言われると、何か納得できます。私が勝手にそう思ってるだけで、専門家の見解は知りませんけど。伊達に、ヤバい、マジヤバいだけで会話が成立している訳ではないようです。ここいらまで来ると、文脈を読むを通り越して、読心術の領域になってる感じもありますが。スマホも、スマートフォンの略なら、スマフォじゃないかという気がしますが、発音しづらいからスマホなのでしょう。Phone自体、カタカナ語にする時、ホンなのか、フォンなのか曖昧な部分がありますが。一度、略語や主語動詞などの省略を禁止して一日を過ごしてみたら、どれだけ削って生きているか思い知らされるのかも知れませんね。

(・ω・) そんな文章書いたら、野暮った過ぎてヤバそう

【現代でも諜報機関や企業で使われてるらしいから笑えない】
岬:謀略の一つに、敵の有力武将に裏切りを持ちかけて、
 拒否されたら上司に悪口を吹き込むというのがあるらしいですね。
海:あまりのえげつなさに感動すら覚えました。
綾:と言いますか、うちでも常用してますわ。
結:こっそりと、なんという悪行を。
舞:感服すべきか、少し引くべきか、実に判断に困る話でござる。


【何かの役に立つかも知れないから却下された】
綾:お陰で、あなた達を中傷する書状が幾ら来ようと、
 冷静に対処することが可能になっておりますの。
舞:そんなものが届いている事実は知りたく無かったです。
結:偽りだと分かっていても、悪口を言われて気分がいいものが居るであろうか。
綾:時には、敵であるからこそ客観的な評価を下せるということもありますわよ。
海:やっぱり何が書かれているか聞きたくないから、すぐに燃やしてくだされ。


【同一人物がこれほど変われるはずがない理論】
岬:なんとなくで改名したらまずいですかね。
綾:天啓や思い付きで変えた前例が無いとは言いませんが、
 大体は出世を契機としてなどの理由がありますのよ。
岬:でしたら、このぐうたら生活から決別する為と理屈を付けます。
綾:本当に更生してしまった場合、
 後の史書では別人として解釈されそうな話ですわね。


【どうせ明日にはやる気が萎んでるだろうしな】
岬:とはいえ、私の場合、名を改める度に階段を下っていきそうですけどね。
結:ならば、せめて名前だけは豪奢にして釣り合いをとるというのはどうであろう。
舞:戒名じゃないんだからという御言葉は聞き流しておく。
海:鎧をゴテゴテ飾り付けるのと同じ顕示欲の一端と考えれば、合理性はあるな。
岬:こう言ってますけど。
綾:言いたいことは理解しましたが、
 印を改めたり、周知させるのが手間ですから、却下の方向でまとめますわ。

 敵大名に悪口どうこうは、毛利元就の得意技だったそうです。吉川小早川両家に実子を送り込んだり、本当、謀略に関して戦国時代屈指の評価は伊達ではないと思わされます。
PR

 選挙の結果というのは、様々な要因が絡み合って導かれます。まずベースとなるのは、候補者や政党の背後にある集票団体、いわゆる組織票です。これに浮動票が上乗せされる訳ですが、この内訳が中々に厄介です。候補や政党の実績や期待値も反映されますが、それだけではありません。芸能人やスポーツ選手といった政治とは無関係なところでの知名度の高さ、選挙期間中の失言、投票日の天気などなど、揺れ動く要素はたくさんあります。これらを客観的に分析することで、勝利への道筋が見えてくる訳です。国政政党の場合、負けるにしても傷口を最小限に留めないと、次回まで生き延びることすら困難になってきます。思うに、現野党の面々は、この基本を怠っているのではないでしょうか。2009年に民主党を主とする三党が与党となったのは、割と偶然の要素が多いです。2008年秋、総理に就任したばかりだった麻生氏は即時解散をするつもりだったと言われています。しかしリーマンショック直後で対策に追われ、任期ギリギリまで引っ張らざるを得ませんでした。その一年程の間に、漢字の読み間違いがどうとか、カップ麺の値段がどうとかいう、今にして思うと異常な執拗さでネガティブキャンペーンが張られ、支持率は低迷。1993年の細川総理以来、選挙に依る非自民党政権が誕生していなかったことも追い風となっていたのでしょう。あの頃は日本という国の停滞感の全責任が自民党にあるという雰囲気もありました。小泉氏以降、三年連続で総理総裁が変わっていたのも悪印象だったかも知れません。他にも、民主党が政権を担ったことがないというのが期待感に転じた部分もありましたね。民主党視点で見れば、奇跡のタイミングだったとも言えるでしょう。人というのは成功体験にしがみつくのか、立憲民主党となった今でも、自民党を扱き下ろしておけば政権奪還の機会はあると思っているのではないかと勘繰ってしまいます。国政選挙で六連敗しておいて気付かないはずは無いと思うのですが、現実から目を逸らしているのかも知れません。そもそも、返り咲く気すらなく、とにかくギャーギャー騒いで少しでも嫌がらせしてやろうという心構えな可能性もありますが。選挙対策の部署はあるにはあるんでしょうが、どういう仕事をしているのか想像も付きません。というか、先の衆議院選挙も、立憲民主党や共産党の中では負けてない、むしろ勝ったみたいなことになってるのでしょうか。正直、そっちで理屈を捏ね上げる方が、真面目に対策を提言して爪弾きにされるより楽なんじゃないかって、勝手な妄想が膨らむ次第です。

(・ω・) 政策を出すと自壊するって、政党として詰み過ぎだよね

【当事者は文字通り必死の覚悟なんですよ】
岬:考えてみたら恩賞って難しいですよね。
  予算や土地には限りがあるのに、ケチれば離反の可能性が増す。
  どうやって、その均衡を保ってるんでしょうかね。
海:とてつもなく、他人事のような発言が飛び出した訳であるが。
結:日常風景として処理しつつある自分に気付く。
舞:こんな感じで、いつの日か乱世も美化して語られる時代が来るのだろうなぁ。


【どちらかというと共犯者扱いで抜けられない方な気もする】
綾:対策は、幾つかありますわ。
  一つは、質実剛健を家風として馴染ませることですの。
  元々が貧しい地方や家柄ですと、効果は大きいですわ。
舞:堂々と内実を暴露していることに困惑を隠しきれないが。
結:うちらしいっちゃ、らしい辺りに家風を感じる。
綾:情報を共有することで信頼関係を強化するというのもありましたわね。


【公康陣営所属だとしたら使いこなせないのは想像に難くない】
綾:他にも、寝返ることに何の利も無いと叩き込むというのも手ですわ。
結:まー、私達の場合、よそでこれ以上に重用されるかと言われると。
舞:多分、前線で消耗品扱いされるよなと思う訳で。
海:どれほどの厚遇を約束されようと、簡単に動けそうもないというのはあるな。
岬:仮にそういう風に思い込むよう調練されているのだとしたら、
 一柳さんの手腕の程を思い知らされる話ですよね。


【但し時価なので増減についてまでは責任持てない】
綾:茶器のように、一種の流行で付加価値を高めるという手段もありますわ。
  うまくすれば、限りある土地や金銀と違って、無尽蔵の富として扱えますの。
舞:ハッ!? もしやこの前に賜った、何かよく分からない掛け軸。
海:これもその類なのではと疑ってしまう。
岬:知っちゃいましたよ。
綾:こういった時は売り捌いた時の価格が幾らなのか教えれば、
 まず間違いなくひれ伏しますから、何の問題もありませんわ。

 古い戦国シミュレーションゲームでは、どんな粗雑な扱いをしようと金さえ積めば丸く収まった気がします。風の噂では、最近はそうでもないらしく、そのリアリティは必要なのかの問題に発展しそうです。

 コブとり爺さんという童話があります。記憶が曖昧で、なんで最後に意地悪爺さんのコブが二つになったのか忘れかけていました。たしか、温厚な方の爺さんが酒席の盛り上げに成功して外してもらって、底意地が悪い方が場を冷めさせて両頬にくっつけられたんでしたっけ。宴会芸の一つもできないと居場所を得られないのは、古来から日本の伝統のようです。
 それにしても、日本人は本当に鬼が好きなんだなとも思わされます。敵役であることは多いですが、西洋で似た立ち位置の悪魔と比べて、妙な人間味があります。泣いた赤鬼なんて感動ものまでありますし。結局、人間の延長線上というか、異民族や敵対勢力として鬼が比喩的に用いられてるという話なんでしょうね。桃太郎なんかも、略奪された領土やらを、気鋭の若者が取り返しに行く物語としてみれば、あのやりたい放題感も納得できるというものです。

(・ω・) 英雄の出自に伝説はつきものだから、桃から生まれた設定も合理性があるな

【賞味期限間近の非常食消費でテンション上がるタイプ】
岬:籠城時の備えとして、壁に干瓢を埋め込んだり、
 畳の芯に里芋の茎を使う方法があるらしいですね。
綾:その類の対策は行っていますが、いざという時まで食べないでくださいまし。
岬:ですが、特に何でもない時に食べると、逆に御馳走感が出ませんか。
綾:なんでしたら、今晩から緊縮仕様の、慎ましい食事を用意してもいいですわよ。


【面白そうだから記録に残しておこう】
岬:日頃から運動不足ですし、体型維持の帳尻合わせにはいいかも知れませんね。
綾:筋肉も落ちれば、見るも無残なことになる一方ですわよ。
岬:こう、寝転がったまま鍛える方法ってありませんかね。
  いっそ眠りに就いた状態でもいいんですが。
綾:人は何百年経とうと同じことを言い続けていそうで、
 進歩の無さを感じる発言になりそうですわね。


【指揮権の一本化という意味では入り込む余地がない】
岬:四天王制度とか作って、その枠に入れるよう、
 家臣に切磋琢磨を促すってどうですかね。
結:典型的な、しなくてもいい仕事を増やす上司を見た気がするでござる。
綾:どれほど奔放な発言をしようとも、採用しなければいいだけですわ。
岬:視点を変えてみれば、私が何を口走ろうと、
 最終的には、決定を下す一柳さんが全責任を負うということですよね。
綾:余計な言質を取られた気がしましたが、考えてみれば現状そのままですわね。


【三国志の廖化とか長生きし過ぎで代替わりしてる説が根強い】
岬:ところで、三つ子ちゃんを入れる場合、一枠なのか三枠なのかの問題が残るんですが。
海:はっはっは、御無体なことを。
舞:しかし、親子二代が同一人物として記録されてる例もあるらしいですし。
結:後世に一纏めにして扱われる可能性を、ひしひしと感じ入ってしまった。
岬:そっちも現状と何が違うんだと、残酷なことを言ってはいけない流れですかね。

 食べられる城として有名らしい熊本城ですが、再建時に再現したんですかね。まあ、食用になるといっても、400年前の、しかも最後の手段という時点で、味に関しては期待しない方がよさげです。

 なんとなく、某ゲーム風に戦国浪漫編の査定をしてみましょうか。古いのしかやったことがなく、今がどんな風になってるのか知りませんので、あくまで雰囲気だけですが。政治、知性、武勇、軍略、野心の五枠くらいでしょうかね。魅力とかは評価が難しいので触れないでおきましょう。

桜井岬  政治72 知性85 武勇22 軍略46 野心2
一柳綾女 政治97 知性92 武勇31 軍略81 野心8
西ノ宮結 政治56 知性52 武勇54 軍略55 野心32
西ノ宮舞 政治57 知性51 武勇50 軍略58 野心30
西ノ宮海 政治51 知性55 武勇52 軍略59 野心29
一柳空哉 政治87 知性99 武勇61 軍略63 野心47

 ざっと、こんな感じでしょうか。戦になる前に有利な状況を組み上げないと詰みそうなパラメーターです。岬も、一部高能力に見せかけて、実質的に0みたいなもんですし。三つ子をどのようにして活かすか、そして空哉を乗りこなすかが鍵になりそうな辺り、綾女の負担が伺い知れるというものです。三つ子って同数値じゃないのという御指摘はありましょうが、私の中では微妙に差があるんですよ。書き分けてるのかと言われると、大分、怪しい話ではありますが。
 他陣営については、気が向いたらというか、ネタに詰まった時に取っておきましょう。数値化したら、公康陣営の脳筋っぷりに涙が出てきそうな気もしますが、北島先輩がきっとなんとかしてくれます。

(・ω・) 綾女と違って、任せ過ぎたら乗っ取られそうなのはあるがな

【それで済むなら戦国時代なんて誕生する訳もない】
岬:戦国一武道大会でも開かれませんかね。
結:あー、たしかに今の世の中、鬼を自称する人とかが多いですしな。
舞:誰が最強の武人か、白黒はっきりする必要はありましょうぞ。
海:問題は、どうやって有力候補を集めるかの部分ではありますが。
岬:面倒ですし、国同士の揉め事を個人の戦いで決められれば、
 無益に血が流れるのを減らせる気がしてきました。


【家督を受け継ぐ前は普通に暮らしてたはずだし】
綾:そういった戯言は、泰平の世になってから言ってくださいまし。
岬:平和な世界で、相手の息の根を止めるまで終わらない戦いを強要したら、
 狂人扱いされるじゃないですか。
綾:どのような大会を想定してますの。
岬:どっちが強いかなんて、詰まるところ生き延びた方って理屈になりますよね。
綾:この時代で誰よりも平穏な生活を享受しているというのに、
 このようなところだけ戦国思想というのは、どういった訳ですの。


【詐欺師だったら勢いで誤魔化しに掛かる】
舞:それはそれとして、我が家は武勇より知略で国を維持している訳で。
結:大会を開いても箔が足りないのではなかろうか。
岬:あー、じゃあ一柳さん。ちょっと頑張って、剣豪級の腕を身に付けてください。
綾:私を、何だと思ってますの。
海:なんだかんだで子供の言うことには従ってしまう、ダメ親でござろうなぁ。
綾:反論すべく幾つか論理を組み立ててみましたが、全て論破可能な点が難儀ですわ。


【流派不明の必殺剣とか習得して帰ってきそう】
綾:こういう時の為に飼い殺してる男がおりますの。
  しばらく山籠もりさせておけば面倒を見る必要もなく、一挙両得ですわ。
空:ほっほぉ。
岬:本音ダダ漏れなのを隠そうともしないのは、好感持てますよね。
結:隙あらば合法的に抹殺しようとしてるのは空恐ろしくもありもうすが。
海:全て、戦乱の世が心を荒ませてるせいにすれば丸く収まるのであろう。

 戦国や幕末の最強論争は盛り上がると言えば盛り上がるのでしょうが、直接対決の記録がある訳でもなく、史料も誇張が多いんでしょうから、妄想の域を出ないのが悲しい話だと思います。

 バイオリズムというものがあります。いえ、ありましたと表現するのが妥当でしょうか。人の感情、知性、肉体は、一定の周期で増減を繰り返すというもので、二十年前くらいにちょっと流行ったことがありました。その起点となるのが生まれた日という時点で、相当怪しいものがあります。しかも一周期に掛かる日数が、正確に何日と区切られているという、オカルトの要素がてんこ盛りの理論です。ある程度、調子がいい時と悪い時が交互にくる、くらいなら分からんでもないのですが、その間隔や程度は個人でバラバラだろうというのが、常識的な見解だと思われます。まあ、最先端科学なんてものは、一般人の理解が及ぶ域に無いので、絶対に無いとは言い切れませんが。いずれにしても信じるに足る根拠はありません。占いや賭博と一緒で、嗜んで楽しむくらいならいいのかも知れませんが、人生を捧げる程になると本人だけでなく関係者も迷惑なので、程々が一番だと思う次第です。

(・ω・) 疑似科学って、高校レベルの知識があれば引っ掛からないよね

【結局は掌の上の孫悟空か】
岬:実務は殆ど一柳さんに任せてるにも関わらず、
 国人衆や商人が私に面会したがることが少なくないんですよね。
結:実に言いづらいことではあるのですが。
舞:読み合いをしないといけない老中殿と、それを面倒くさがる御館様。
海:どちらと対話したいかと言われれば自明であろう。
岬:ですけど私、細かい内情とか知りませんし、適当に相槌打ってるだけですよ。


【それは家臣が言っていいことなのだろうか】
綾:こちらと致しましては、油断している面々を隠れ見て、
 本心を読み取るのに重宝していますわ。
舞:鬼のような所業を聞いてしまった気がする。
結:まさか、御館様そのものが一種の囮であろうとは。
海:定石を無視しすぎていて、何とも言えない気分になってきたでござる。
綾:大将が身を削る覚悟なくして戦果をあげようというのは、甘えですことよ。


【漢字で書くと樹懶だから読めなさそう】
岬:私は、後世にどういう感じで語られるんでしょうね。
結:そこを掘り下げていっていいのであろうか。
海:とりあえず、竜とか虎の様に格好いい二つ名は付かないと推察される。
舞:山中に潜む巨獣くらいが精一杯な感じか。
岬:直球でナマケモノの名を冠さない辺りに、ちょっとした配慮を感じ入りました。


【織田信長という現代に至るまで弄ばれ続けてきた男】
舞:しかし後の世の話となると、副官が過大に評価されるというのがありがちだ。
岬:それは概ね事実なので、敢えて否定しようとも思いませんけど。
結:もしや紙一重の解釈で、御館様が有能な配下を使いこなす、
 とてつもなく大きな器の持ち主ということにはならないだろうか。
岬:それはそれで何か凄く面倒な感じがしないでもないですけど、
 私が死んだ後の話でしょうから、割とどうでもいいです。

 たまたま、この世界の綾女の野心が皆無に近いからというだけで、こんな大名が居たら、あっという間に国盗りされるとは思っています。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 5 7 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索