忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

 猫も杓子も、という言葉があります。ネコモシャクシモと読みます。誰も彼もが、という意味で、たくさんの人が流行に食いつく場合に使われることが多い言い回しです。猫はキャットを、杓子はしゃもじやお玉といった御飯や汁物をよそう器具を指します。しかし現在の形になった経緯に関しては諸説あるようです。第一に挙げられるのが、猫は神主を意味する禰子(ねこ)と、僧侶を意味する釈氏(しゃくし)が変化したというものです。宗教家にも大人気ということなのでしょう。他にも女子(めこ)も弱子(じゃくし)が元で、女子供にもというのもあります。後は猫は寝子(ねこ)、杓子は赤子(せきし)、寝た子や赤ん坊説もあるのだとか。更には猫も杓子もそのままで、日常生活で良く目にする二つだからなんてのまであります。つまるところ、良く分かっていないのです。猫は好奇心旺盛な生き物ですが、マイブームだけで生きてるような連中なので世間の流れなんてどこ吹く風ではあります。そんなのが慣用句として使われているというのも、考えように依っては不可思議なものの気もします。

(・ω・) コミュニティという概念が、人間から見ると希薄も良いところだからな

【とりあえず食器類はプラスチック製にするしか無いな】
亜:自宅を変形させるロボットを作ってみたいんだけど。
黄:実用性無さすぎて、ある意味で先代玄武らしいんだよぉ。
朱:宇宙船並に家具を固定しないと、大惨事間違いなしです~。
亜:世界、或いは町の平和が脅かされてるのに、
 後片付けの心配なんかしてる場合じゃないでしょ。
黄:たしかに天秤に掛ければそうかも知れないけど、
 最初から背負う必要が無いリスクだと言ってるんだよぉ。


【道楽百パーセントに見えるのは気のせいだろうか】
亜:必殺技は、全身を錐揉みで回転させながら体当りするってのを考えてるわ。
黄:だから、なんでそう室内に多大なダメージを負わそうとするんだよぉ。
朱:むしろ、どんな無茶な動きをしても中は水平を保つ、
 驚異のシステムを搭載する予定なのかも知れません~。
黄:無駄なテクノロジーてんこ盛りなんだよぉ。
亜:遊び心を失ったら、仕事をする甲斐なんて無いし。


【世界に目を向けると月読なんて有象無象レベルである】
月:黄龍って、やれやれ系に分類されるのか?
黄:また変なこと言い出しやがったんだよぉ。
朱:と言いますか、やれやれ系が分からないんですけど~。
月:理屈っぽい、達観していて余計なことに首を突っ込みたがらない、
 本気出したら作中最強格、辺りが満たされるとそう呼ばれるようだ。
黄:見事な、箇条書きトリックなんだよぉ。
朱:日本限定でしたら、むしろ月読さんの方じゃないですかね~。


【ちょっと前なら家事手伝いという逃げ道もあったのに】
月:この手のって人生経験が足りてないとか、
 背景が薄っぺらいからウザがられる傾向にあるけど、黄龍なら問題ないな。
朱:黄龍さんって、そんなに風格ありますか~。
黄:近所の気の良いお姉さんを目指してるから要らないんだよぉ。
月:しれっと、図々しいこと言うよな。
朱:無職ですと、そういった方は不審人物扱いされる御時世なんですけどね~。

 黄龍くらいになるとそろそろ概念と大差なくなっていて、肉体とか関係なしに影響力を行使できるかもとか適当なことを考えてみたりもします。
PR

 見得を切る、という言い回しがあります。ミエヲキルと読みます。他人からどう思われるかを気にして、身の丈に合わない行動を取ることを見栄を張るなどと言いますが、見えるから変質して当て字した同源のようです。ただ、切ると組み合わせる場合は見得とするのが一般的なようです。意味は大仰な物言いや振る舞いで、自己を大きくみせようとすることになります。張ると似た感じはありますが、元がそれなりにあるかどうかで使い分けるくらいになるでしょう。見得は歌舞伎用語が由来と言われています。劇中で盛り上がりが最高潮になった際、動きを止めて睨みつけることで強調する様を指します。そこから江戸庶民が現代的な使い方に拡張していったという説が有力なのだとか。更にパワーアップさせたい場合は大見得を切るなんてのものあります。小見得とか、中見得は無いのと言う気になりますが、現存はしていないようです。七段階くらいに設定して細かい使い分けをしたら面白い要素があるんじゃないかとか思ってみましたが、別にそんなことも無いような気もします。

(・ω・) 歌舞伎よく知らないけど、見得と大見得の境界線とかあるんかいな

【一番近くに居るからこそ底知れなさが分からなくなってくる】
則:人と獣を分かつものは、理性じゃと考えておる。
黄:とんでもないギャグが聞こえた気がするんだよぉ。
朱:私が知る限り、一二を争う欲望に忠実な方なのですが~。
黄:これがぶっちぎりのトップと言い切れない辺りが難儀なんだよぉ。
朱:食欲の白虎さん、物欲の月読さん、色欲のアルテミスさんと粒揃いです~。
黄:とはいえ、総合で見れば頭一つ抜けているのではと、
 身内贔屓だかなんだか分からない評を下してしまいそうになるんだよぉ。


【欠けているからこそ群れるという常套句があるぞ】
則:何をたわけたことを言うておる。妾ほど道理をわきまえたものも珍しいぞえ。
黄:常識的な人間は、帝位簒奪なんてしねーんだよぉ。
朱:間違いなく、大事なものが幾つか欠如してますよね~。
黄:朱雀も別の意味で足りてないから、同類っちゃ同類なんだよぉ。
則:このような小鳥と等しく見られるとはのぉ。
黄:一応、これでも当代の朱雀だし、やっぱり敬意とか畏れとか、
 不足してるものだらけなんだよぉ。


【少なくとも二千年は生きてるからとんでもないことになる】
ア:アルテミスの日を作りたいですわ。
黄:定着するかは知らないけど、設定するのは自由なんだよぉ。
朱:まず、アルテミスさんと縁が深い日ってあるんですか~。
ア:女性と知り合った全ての日が記念日ですわよ。
黄:つまりは、毎日なんだよぉ。
朱:どれほどの人数とお近付きになったか知りたいとも思いませんが、
 全員の馴れ初めを延々と語れそうな恐ろしさがありますよね~。


【やっぱりスタートダッシュで怠けたツケは簡単には返せないのか】
月:私も、月読の日が欲しい。いや、天照や須佐之男の日とか聞いたことねーけど。
朱:日本で具体的な日付があるものは、大体が商業主義だと伺ってますが~。
月:情報操作は得意分野だが、企業を抱き込む影響力が無い。
黄:もう、ネットの片隅で局地的に持ち上げられることで満足すべきなんだよぉ。
朱:奇祭で済めばマシな方で、カルトとして排除されそうです~。
月:市民権が無いものに対する風当たりの強さは、時代や地域に関わらんよな。

 日本で正しく宗教関係の日と言えるのはお釈迦様が誕生したとされる4月8日くらいですかね。いや、あれもどの暦を基準にして決めたんだか知りませんけど。

 真っ赤な嘘という表現があります。真実ではないことを強調する言い回しです。そして必ずといっていいほど突き当たるのは、赤は何処から出てきたんだという疑問です。どうやら、明らかが変化して赤になったというのが有力で、色としてのレッドは特に関係が無いというのが通説なようです。自分とは縁が限りなく薄い人を赤の他人などと言いますが、これも同源なのだとか。そもそも、赤という日本語自体、明るいが先にあって成立した単語なようです。言うほど赤って明るいかという気もしますが、青とかに比べれば分からないでもないです。昔の人にとっての赤はどちらかという朱色で、現代人が連想する真紅なんかと比べるとオレンジ寄りですし。そういえば相手を思いやってつく嘘を欧米ではホワイトライというそうですが、世界中のを集めたらどれだけの色が集まるか気になるところです。

(・ω・) 群青色の嘘とか、なんかタイトルっぽい雰囲気だけはある

【毛の湿り気なんて震わせて弾き飛ばせよと主張してる】
猫:うみゃーお。
朱:『ドライヤーとかいう戦術兵器をなんとかしたい』と言ってますが~。
白:耳が良いネコ科には、結構キツイもんがあるよね。
黄:静音タイプに買い換えれば良いんだよぉ。
猫:ふるみゃー。
朱:『言うほど静かじゃねーだろ』ですって~。
黄:この、そこそこ性能情報に詳しい辺り、
 心の底から何とかしたいという渇望を感じ入ったんだよぉ。


【食事と寝床に事欠かないんだから妥協も必要だ】
猫:ぐるみぃ。
朱:『掃除機と並んで、俺達の宿敵と呼んでいい存在だ』だそうです~。
黄:たしかに、その二つを使うと戦闘態勢に入る猫は多いんだよぉ。
猫:うなうみゃ。
朱:『同士に共闘を呼び掛けているのだが、
 数分のことだし別に良いかで済ませるやつが多い』らしいですよ~。
黄:横暴なようでいて諦めてる感じもある辺り、
 飼い猫の特性がありありと出てるんだよぉ。


【捧げものにアルコールは王道中の王道だしな】
天:世界太陽神会議に赴いたのですが。
黄:月のそれと違って主神格が多いから、豪気なものになりそうなんだよぉ。
朱:具体的に何を話し合うんですか~?
天:大体が、酒を飲む口実みたいなところはありますね。
黄:近所の商工会レベルだったんだよぉ。
朱:多神教だとお酒大好きな神様が居ることが多いですし、
 自然な展開なのかも知れません~。


【自制心に長けていることが絶対条件だと信じておく】
天:とはいえ多少は真面目な議題もあります。
  人間達が調子乗ってるし、一週間くらい太陽の出力を絞ってやろうかとか。
黄:酒の勢いで実行しないことを祈るんだよぉ。
朱:かつて起こった大絶滅は、そういった理由じゃないでしょうね~。
天:大昔のことで引き継ぎも雑ですし、何とも言えません。
黄:神様はたくさん居るのに太陽神の権限だけ強すぎないかと、
 今更ながら思わなくもないんだよぉ。

 昔、天照が怒り心頭で太陽の火力が暴走したことがあった気がします。彼女個人でそんな真似が出来るのかと、疑問に思わなくもありません。

 矛という武器があります。槍のように柄が長く、先端が両刃になっている為、突くだけでなく払うも出来るものです。数千年前の中国には既に存在していた、最古の戦闘用具の一つと言えましょう。日本でも、イザナギが国産みをする際に用いたのが天の沼矛とされていて、既に伝わっていたことが伺えます。しかし、この国で人気が高い戦国時代と江戸時代を舞台とした作品に登場することは稀です。日本刀が神格化されすぎているというのもあるでしょうが、単に使用頻度がガタ落ちになったというのが史実なようです。そもそも、長柄の武具というのはリーチを活かして敵を近付けさせないというのが最大の使い道です。ですが矛のように先が広がっていると固定する必要性などから重くなり、使い勝手が悪くなります。結果、払う部分は無くてもいいから軽くしようということで槍へと進化していったらしいのです。昔は青銅が主流で強度や加工技術に問題があって矛が一般的でしたが、鉄が普及していくにしたがって槍が強くなったのだとか。一方で、矛を収める、矛盾など、言葉としては未だに残っていたりもします。リモコン式のテレビしか使ったことが無い世代にも、チャンネルを回すという言い回しがギリギリ通じるみたいなもので、現物と縁がなくても魂だけは継承されていくものなんでしょう。

(・ω・) いや、チャンネルは変えるもんだろと力説されると否定は出来ない

【情熱が無尽蔵に生み出されるかどうかについては言及しない】
黒:遅まきながら気付いたのだ。
  五龍などという古い枠組みに囚われず、黒龍一族の始祖になれば良いとな。
黄:どれだけの時間が掛かるか分からないとか、
 現実的に可能かという点を無視すれば間違っちゃいねーんだよぉ。
玄:そこに目を瞑って良いんでしょうか。
黄:例えどれだけ誤った道を歩もうとも、
 取り返しがつかないことはないのが龍族の良いところなんだよぉ。


【同じ北方と黒担当だし復権する望みは断っておかないと】
玄:大体、龍族は一代限りの方だらけですし、増やすことなど出来るんですか。
黄:基本はたまたま長生きしてるマムシだから、
 養殖に成功すれば不可能では無いんだよぉ。
玄:科学も進んでることですし、遺伝子をどうこうすれば何とかなりそうですが。
黄:完全に、パニック映画の導入部分なんだよぉ。
玄:逆にそれを黒龍さんの一派がやったと言い張ることで、
 合法的に抹殺する流れに出来る気がしてきました。


【年明けして延々と読み上げてたらヤバい人になってしまう】
白:誕生日を祝う習慣が無いことに気付いたんだけど。
黄:人間ですら二十過ぎたら扱いが雑になってくイベントなんだよぉ。
朱:ですけど逆に御年配になると大々的になりがちですよ~。
白:それ、あと何回できるか分からないからじゃ。
黄:黒いこと言い出しやがったんだよぉ。
朱:カウントは数字を積み重ねるより、
 残り幾つか数える方が盛り上がるのはたしかです~。


【倫理と法律で何処から人として扱うか線引きしないといけないんだよ】
白:そもそも私、正確に何歳かとか、何月何日生まれって知らないし。
朱:母子手帳とか無いでしょうしね~。
黄:親の記憶が雑だと、どうにもならないんだよぉ。
白:黄龍に至っては、血縁者すら曖昧なんだっけ。
朱:まず卵生ですと、卵を産んだ日なのか、
 孵った日なのか決めないといけないって玄武さんが言ってました~。
黄:朱雀も今の自我になった日なのか、個体が発生した日なのかで使い分けてるし、
 きっちり母体から出た日と決めてる人間が異様なのかも知れないんだよぉ。

 誕生日に関しては、朱雀だけ2005年10月15日と明確な設定があります。今年でもう15歳かよと気付いてはいけない事実に気付いてしまいますよ。

 御法度という言葉があります。ゴハットと読みます。武家諸法度などから推察できるように、法度とは法律や法令など、公式に守らなければならない事柄の古い言い回しになります。これらは何々をしてはいけないという書き方をされていることが多いので、やってはいけない決まりごと全般を意味するようになったのだとか。現代社会で『御法度だぞ』とか言っちゃう場合、特定のコミュニティ内だけで通用するローカルルール感があります。極端なことを言えば今の法律だって日本国内でしか通用しないんですから、身内の決め事に変わりはないんですけど。いずれにしても古語な部分があるので、使う機会は少ないでしょう。ゴハットという響きに軽快さがあるので、何とか生き残って貰いたいという気持ちが無いでもありません。

(・ω・) 児童教育に、ゴハットマン的なキャラを作れないだろうか

【読者の満足感など知ったことかという豪快さも大事】
マ:優勝者の願いを叶える系のデスゲームて多いやん。
  あれって、ちゃんと希望通りになる確率どないなもんなんや。
黄:たしかに、嫌がらせみたいな曲解パターンが少なくないんだよぉ。
朱:悪魔さんの取引みたいですね~。
マ:言うとくけど、ウチらあんな安直なもんの主催なんてせーへんで。
黄:むしろ参加して、運営もろとも潰しに掛かりそうなんだよぉ。
マ:関係者全滅エンドの方が、逆に清々しいオチな気ぃするやん。


【それは神様視点なのか連載的な話なのか】
朱:ああいうのって、どのくらいまでなら可能なんでしょうか~。
  宇宙をビッグバン以前に戻せってのは無理ですよね~。
黄:どんだけでかい存在なら、そんな真似できるんだよぉ。
マ:創造神が始めた展開やろなぁ。
朱:それだと、破滅を回避するのが主人公の目的になりそうです~。
黄:色んな意味で面倒になって全てを投げっぱなしたくなったというなら、
 分からんでもない流れなんだよぉ。


【狙ってやった場合はクリア扱いになるのか否か】
メ:分かった。私が、天使のデスゲームを立ち上げる。
黄:字面が意味不明なんだよぉ。
朱:死こそが救いという、過激派的なやつでしょうか~。
メ:自己犠牲を発揮した人が正解みたいな。
朱:悪魔さん並に性格悪いこと言い出してるんですけど~。
黄:こいつら、方向性が違うだけで本質的に大差ないから、
 突き詰めると考え方も似通ってくるんだよぉ。


【悪魔は天使の半分しか居ないのに渡り合ってる時点で察する】
メ:数多の屍を乗り越えたような人に、恩恵を与えて良いのかなって。
黄:根本から否定しに掛かりやがったんだよぉ。
マ:世の中、戦争で勇敢に死んだら天国いけるような宗教ばかりやけどな。
メ:そう言われると、別に問題ない気もしてきた。
朱:毒されてますよ~。
黄:天使と悪魔が意見のすり合わせを行うと結論が悪魔に寄る気がする辺り、
 世の本質がそっちに偏ってるんじゃないかって思えてくるんだよぉ。

 デスゲームは全貌が見えてくる頃までは順調に育てやすいですが、そこから畳むとなるととてつもない労力が必要なのではと思っていたりします。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
3 4 6 8
10 11 13 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索