忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

 アポロ計画というものがありました。米ソ宇宙開発競争全盛期に、NASAが打ち立てた月への有人飛行プランの総称です。アポロという名は、もちろんローマ神話のアポロから来ていますが、どうして太陽神である彼から命名されたのかという疑問が湧いて出ます。調べてみると、順番としては水星の名を冠するマーキュリー計画とアポロ計画の名が先にあって、月へ行くというのは後付けだからなんだそうです。意地の張り合いみたいな開発競争だったとはいえ、それでよく行って帰ってこれたよなと思わなくもありません。2017年現在に至っても再チャレンジする国が現れない辺り、リスクに対するリターンが見合わないのでしょう。一方で、月に行ったというのは真っ赤な嘘で、アメリカが作り上げた特撮だという都市伝説も存在します。なんでもありの時代ではあったようですから、ちょっと面白くはありますが、それこそバレた時のリスクが高すぎて決行する旨味を感じません。半世紀経った今なお、特に具体的な証拠も出てこない辺り、噂の域を出ないものと思われます。しかし、何かの間違いで日本がこれを実行していた場合、天照計画になったのか、月読計画になったのか。間を取って須佐之男計画というのも、有り得たのかも知れませんね。

(・ω・) そして、なんでアメリカがローマ神話やねんという別の疑問が湧く

【あくまで乱世専用の重用である】
岬:もし、天下を統一するほどの傑物が現れたとして、
 軍門に下るかどうかって、考えたことありますか。
綾:領土と家臣の保全は望みますが、私自身は難しいと思われますわ。
  引き抜きという名目で、僻地の小大名にでもされると推察されますの。
結:有能すぎると煙たがられるんだなという、切ない現実を知ってしまったでござる。


【奇跡的バランスで成立してる不可思議領域】
岬:まあ、その時はついていってあげるんで、安心してください。
舞:何か、根本から間違った発言が飛び出したような?
岬:私は、安穏とした余生を送れるなら、立場には拘らない主義です。
海:かつて、ここまで戦国大名としての適性に乏しいものが居ただろうか。
結:いや、案外居たりもするんだけど、普通はすぐに滅びてしまうものだからねぇ。


【置物の鎧に話しかけるよりはマシだろう】
岬:兵は神速を尊ぶとは言いますが、移動速度だけに長けた弱兵と、
 機動性皆無の重装歩兵はどっちが強いんでしょうね。
綾:運用する立場としては、一長一短だとしか言えませんわね。
岬:一瞬で結論を出さなくてもいいじゃないですか。
綾:これで結構忙しい身ですので、ダラダラと会話をしたいだけでしたら、
 それ専用の家臣を置いていきますわ。
空:おぅふ?


【この遅れを余裕で取り返せる辺りが有能たる由縁】
岬:なんかこう、違うんですよね。
  ちょっと面倒くさそうな顔してる一柳さんを引き留めるのが楽しいと言いますか。
空:完全に、中年男性の発想になってるな。
綾:或いは、母親に構ってもらいたい幼児ですわね。
空:男は年を取ると退行するとでもいうのか。
綾:この兄を見るに、ずっと子供のままという解釈が近しい気もしてますわ。
岬:なんだかんだで与太話に付き合ってくれる一柳さんが、結構好きですよ。

 よくよく考えてみれば、三地域でローテを組む必要は無いんじゃないかということで、岬陣営特集です。茜パートでいつも苦労してるという気がしないでもないのですが、そんな事実は無いということにしておきます。
PR

 こけら落としという言葉があります。元々は、新設劇場に於ける最初の公演のことですが、現代では美術館や音楽ホールなど、多数の来場者を集める施設なら使っていい雰囲気があります。こけらとは、建てる時に使われた木材の破片のことで、屋根から払い落とすという意味で、この言葉が成立したのだそうです。なので屋外球場のような、空が見える施設に使うのは誤りだという解釈があるのだとか。面倒だしオープンニングセレモニーで統一しちゃおうかなというのが一般的な日本人の感覚らしく、耳にする機会が減ってきたように思えます。まず、正式な漢字が果物の柿ではないらしいというのが、話をややこしくしてくれています。常用漢字ではなく、他で使われることも滅多に無いので、代用として柿を使ってしまうのは致し方ないのではないでしょうか。ここでその字を使おうかとも思ったのですが、機種依存文字で、しかも見分けが難しいということで断念しました。言語変遷の過程としては、よくある簡略化の一つで、厳密に扱う必要は無いような気がしないでもありません。

(・ω・) こういう考え方が、実に日本人だなと思ってしまう訳よ

【採用基準にしてる可能性すら疑ってしまう】
芽:前々から、ネコミミメイドというやつに疑問を持っていた。
  猫の耳が頭の上にあって袋状なのは、集音性を高める為。
  メイドの何処にそんな聴力が必要なのだろうか。
長:ファッションの類に、実用性を持ち込まれても困るんだけど。
芽:まあ、これが似合うかどうかで見た目年齢の物差しになる辺り、
 使い道が全く無いという訳でもないようだ。


【勤労は国民の義務とかいう建前の極み】
芽:むしろ、知ったら消されかねない情報を聞かないようにする為、
 耳を閉じる機能を持つべきではなかろうか。
長:あんた、上流階級に妙な偏見持ってるわよね。
芽:悪いこともせずにこんな御屋敷を建てられるなら誰も苦労しない。
長:だからといって、悪質な法律破りはしないだけの怠惰な人間というのも、
 社会的にはどうなのよって感じだけどね。


【それも年を取ったせいな感じはある】
芽:昔のメイド長は、もっとカリカリしてた気がする。
?:年をとって丸くなったんですかね~。
長:怒鳴るより、ネチネチ言った方がストレス感じないと気付いただけよ。
芽:やっぱり、姑に近付いているのではなかろうか。
長:時たま、更生させるのなんか諦めてて、
 イビること自体が目的な気にもなるけど、私は認めてないわ。


【三半規管を鍛えれば車酔いだって軽減できる】
長:そういやあんたも、言い訳が達者なのは変わらないけど、
 理屈っぽさが増したわよね。
芽:着々と、知性と教養に磨きが掛かってるのだろう。
?:見事なまでの、ああ言えばこう言うですね~。
長:今後もこれと付き合い続けないといけないと思うと目眩がするけど、
 ちょっと前ほど症状が酷くない辺りに慣れの怖さを感じるわ。

 という訳で、次は二年後くらいになるんじゃないですかね。年二、三話の連中より頻度が低いものが出るとか、自分でも想像の外側でしたよ。

 温度というやつは、あれで意外によく分からない代物です。なんとなく、高ければ構成されてる原子や分子が活発に活動しているという程度の認識はあります。しかし物質ごとに構造は全く違うのに、どうやって何度であるかを決定するのでしょう。単純に、隣接させてもエネルギーの行き来が無い状態を同じ温度として、ものの温まりやすさ冷えやすさを比熱で表現するのでしょうか。となると今度は、全ての物質が絶対零度で動きを止めるという方に疑問を抱いてしまいます。何が動いてるかと言われれば電子な訳ですから、そういった理屈も分からんでもないですが。そういやブラックホールの中って熱いんですかね、冷たいんですかね。密度を極めたら温度は上がるような、超重力で身動きが取れないことを考えたら低温のような。宇宙の謎は、果てしないと思わされる訳です。

(・ω・) 教養って、身につけるの本当に大変だよね

【そして後悔するところまでが予定調和】
芽:男だろうと女だろうと、自分語りをするやつにロクなのは居ない。
長:あんたはそういうこと喋らないものね。
  特に、以前は何してたとか、どうしてメイドになろうと思ったのかとか。
芽:男女問わず、ミステリアスさこそ、究極のお洒落と言えよう。
長:たしかに、少しくらい知りたい気持ちが無いとは言わないけど、
 感情としては、川辺の岩の裏をひっくり返したいのと大差ないわよ。


【税金対策の一環だからと涙ながらの反論はしてるらしい】
芽:手品だってネタが割れたら商売上がったりだし、墓場まで持っていく所存。
長:そこまでの商品価値あると、本気で思ってる?
芽:ニッチなものほど、爆発的な価格上昇が見込めるのが市場原理。
長:絵画なんかも、売れてるのとそうでないのって紙一重ではあるわね。
  御主人様が成金だから、うちに飾ってるのは値段だけは張るってものだけど。
芽:この流れで教養が無いと言及される御主人様、マジ哀れ。


【反発する未来しか見えない辺り毒されてる】
芽:世界はこんなにも広いのに、
 メイドは日がな家の中を走り回っていていいのだろうか。
長:あんたがせせこましく動いてるところって滅多に見ない訳だけど。
芽:地球規模で見れば、大きな御屋敷も、手の届く範囲も、
 誤差のようなものだという完璧すぎる言い訳。
長:ここで本当に一部の隙もない論理だと絶賛したら、
 どういった反応を示すのか、ちょっと試したい気分ね。


【さりげにどうでもいいと思われてるって暴露された】
芽:何故、独身で身寄りと同居してる訳でもない御主人様に、
 大人ですらかくれんぼが出来る程の家が必要なのか。
長:順番としては、メイドと暮らしたい、それもたくさんの、
 だったら金持ちになって社会的地位も得るしかない、らしいけど。
芽:正直、御主人様のことは好きでもなんでもないけど、
 その、どこから湧き上がってくるんだという執念だけは認めざるを得ない。

 芽依メイドを読み直して思うのは、十二と十三で書いた時期が大分違うせいで、作風がちゃうなぁというということですかね。

 そこに山があるから、の言葉はあまりに有名で、その発言者であるジョージ・マロリーもそれなりの知名度を誇っています。元々これは、何故エベレストに登るのかという問いに、『Because it's there』と答えたのを意訳したもので、挑戦するのに理由は要らないという解釈が一般的なのでしょう。人の本能に刻まれた、誰も成し遂げていないことに挑む精神からは逃れられないものなのかも知れません。日々の安寧を求めるだけでは環境の変化が起こった時に対応しきれません。温暖な気候に依る豊かな生物群に甘えた恐竜が、短期間に絶滅したことからも伺えます。そういった意味で、掛けた予算に対して見返りがイマイチな気もする宇宙開発も、やっぱり人類には必要なことなのかもとも思います。SFで火星入植とかいう話はよくありますが、深海と言わずとも、大陸棚辺りに住めるようになる方がよっぽど現実味があるとは思いませんか。そこにロマンはあるのかと問われると、微妙な感じですが。とはいえ、大半の人間は現状でぬくぬくと暮らしたいというのもまた事実な訳で。ここいらへんの確執も、長年繰り返されてきたんだろうなとは思います。

(・ω・) 要するに、生まれた時から分かり合うのが難しい生き物なんだよな

【社会としてはピラミッド型の方が安定するんじゃなかろうか】
芽:メイドはもっと、格調高くあるべき。
長:一応言っておくけど、メイドって下働きの女性のことだからね?
  日本語に訳すと、よくて女中、或いは下女ってとこだし。
芽:たくさん集まれば階級を付けたがるのが人という生き物。
  メイドの中でも上位層は気品があって然るべき。
長:なんというか、牢名主も所詮は犯罪者みたいな話よね。


【箸より重いもの持ったことない子でも許す】
芽:オホホホ。箒が無ければサイクロン掃除機を使えばいいじゃありませんの。
長:敢えて聞くけど、本当に高貴だと思ってる?
芽:正直、掃除機の存在すら知らないのがマジモンかなって。
長:触ったことないくらいならともかく、そこまでの貴族は日本に居ないと思うけど。
芽:死ぬまでに会ってみたい、カップ麺を一度でいいから食べたいお嬢様。


【語尾で媚びても根本的解決にはならない】
芽:ところで、うちの御主人様がメイドに電化製品は似合わないとか言って、
 全てが手作業な件についてはどうお思いか。
長:いくら広い御屋敷といったって、機械ありなら三人も居れば事足りるのに、
 十人以上の雇用を生み出してるんだから、立派なもんじゃないの。
  そのお陰で、変な子も紛れ込んじゃってるって問題もあるけど。
芽:誰の話をしているのか、さっぱり分からないにゃー。


【別の意味で微妙なお年頃なんだから】
芽:まあ、底辺なら底辺で、同類が多いという安心感はある。
長:あんたの場合、逆三角形の頂点って気もする訳だけど。
芽:究極の落ちこぼれは、むしろ英雄化するフラグと相場が決まっている。
長:夢見がちねぇ。
芽:若いですから。
長:そんな若者に、軽口がもたらす災いについて教えてあげるのは年長者の務めよね。

 初期型みたいに一々キレるメイド長というのも芸が無い気がしたので、疑問を呈するパターンを増やしているのですが、これはこれで嫌味度が高いんじゃないかと思っています。

 先週の日曜日、第48回衆議院選挙の投開票が行われました。結果は、与党である自民党公明党系が三分の二以上を確保する大勝となりました。野党は伸びが予測された希望の党が失速し、その分が立憲民主党に回って野党第一党となりました。前にも書いた気がするのですが、連合と左派系というバックを丸々受け継いでおいて、躍進という表現はミスリードさせたいとしか思えないんですよね。最終的に、希望の党から離脱した議員と、無所属議員が合流して、70~90くらいの党勢になるんじゃないでしょうか。要約すると、前回の選挙から微増程度の結果ということでしょう。政権交代とまではいかなくても、自民党にとって不安材料を抱えた今回の選挙でこんな掟破りの手を使って現状維持が精一杯で、次はどうするんだとは思いますが。浮動票を結構確保したという風にも言えますが、結党3週間で誤魔化しきっただけだという解釈が正解でしょう。今後の政治活動を見れば、民進党となんら変わりないじゃないかと離れていくのは予想以前の自明です。むしろ、この短期間にあれだけボロボロに崩れ去った希望の党が情けないくらいです。そもそも、あそこは政党としての理念が無さすぎです。政策や方向性もそうですが、今回の選挙でどういった位置付けを目指すのかも曖昧でした。現実的に考えて野党第一党、100議席くらいが考えうる最大の戦果だったでしょうけど、与党になりうる200議席以上を目標とした時点で勝負あった感じがあります。民主党政権誕生以前なら、そんなアホなこと言い出す政党でも票を得られたかも知れませんけどね。本当、あの政権は日本人に現実を見させるという意味でのみ意義があったと思います。そのせいで被った傷跡からは目を背けておきますが。前原氏が提唱した通り、民進党が全乗りしていたらどうだったかという仮定もありますが、これは全く意味がないものです。政党を纏める能力も立派な政治力で、道が分かたれた時点で、それ以外の歴史は無いのです。本能寺の変で信長が死ななかったらどうなっていたかくらいの妄言です。あーだこーだ言い合う分には楽しいですが。こんなことを真面目に書くやつは無いだろうと思いたかったのですが、数紙、普通に記事を載せていたらしいのが本当に酷いなぁと。そういや某紙が投票率が低いから民意が反映されているとは限らないとも書いていたそうですね。そういうことしてるからドンドン信用を失うんだって、いつか気付く日が来るんでしょうかね。他には、こっそり日本共産党と日本維新の会が議席を減らしたことでしょうか。共産党が少し威勢が良かったのも、反自民票の行き場が無かっただけだと証明されました。維新の方も、野党乱立の煽りを受けたか、顔となる人材が居ないせいという感じでしょうか。橋下氏ありきの政党作りだったので、世代交代がうまくいっていないというのは痛いところでしょう。これはどこも抱えている問題で、選挙で勝ってる内は安倍総理が降ろされることはないのと同じ話です。そういや、アンケートでは自民党を支持していても安倍総理の続投は望んでいない人は多いといった正気を疑う記事もありましたね。日本は、基本的に間接民主主義です。国民は議員を選ぶ権利を持っていますが、総理を選ぶ権利を持っているのは議員です。直接、国民投票で国政に携われるのは憲法改正くらいのものです。中学校とか高校の授業で習うはずなんですけど、憶えてないんでしょうね。というより、普通の分析力があれば、安倍総理はそろそろいいんじゃないかなと思っていても、それ以上に野党の誰かがなるよりいいかという風に解釈するのが妥当なんじゃないでしょうか。昭和後期は、政権批判をすることが知的階級のステータスみたいな雰囲気があって、その歪んだ精神だけを受け継いで現状に至り、結論有りきで論理を構築しようとするから、こういった訳の分からないことを書けるのでしょう。私のようなアマチュアですら公示前後に自公の勝利は揺らぎようがないと予測できたのに、プロの方は醜態を晒したというのが、そっち方面の感想でしょうか。毎回言ってるような気がしましけど、あの議席予測というのがそもそも必要ないと思うんですよね。蓋を開けての楽しみがなくなりますし、政策関係なく、数の論理での投票行動に影響しまくりですし。正直、今回に関して言えば、立憲民主党が伸ばすのだけは阻止しないとという方向に傾いた感じがありますけど。アンチ自民党より、アンチ元民主党の方が勢力大きい気がするのは、私だけでしょうかね。

(・ω・) 消去法とか以前に、肯定する要素があるなら教えてくれと言いたい

【人とは無意味な攻めに快感を覚える生き物だから仕方ない】
芽:メイドと家政婦、何が違うか問い掛けたところ、年齢という答が一番多かった。
?:中々、攻めたことしてきましたね~。
長:私は大人だから、話は最後まで聞いてあげるわ。
  その後にどうなるかに関しては、自我が保てるかどうかに依るけど。
芽:心の中に野獣を住まわせている暴走キャラみたいな台詞を、
 こんな話題で聞くことになるとは思わなかった。


【むしろ奉仕させる立場の最強生物】
芽:具体的な年齢は置いておくとして、
 お姉さんにカテゴライズされる辺りが上限らしい。
?:この、ちょっとずつ弱腰になる感じが面白いですよね~。
長:敵を発見して、腰を引かせながら逃げるタイミングを伺ってる猫そのものよね。
?:芽依さんは猫の生まれ変わりという説が主流ですけど、
 何を間違ってメイドになったのかが最大の謎ですよね~。


【事実から目を背けておいた方が生きるのは楽だよ】
芽:面白いのは、少女、お姉さん、熟女の境界線が個人個人でバラバラな点。
  これは本人の年齢や人生観などが影響しているものと思われる。
長:この子、なんでこういうことには熱心に動けるのかしら。
?:思い付きと衝動だけで生きてるんでしょうね~。
長:猫すぎて、掛ける言葉が無いわね。
芽:ひょっとして、話を聞いてもらえてないのではという錯覚に陥ることもある。


【なんだか死語っぽい表現が聞こえたような】
長:で、結局、私はメイドと家政婦、どっち扱いなの?
芽:その件に関しては、複合的要因を鑑み、
 見解の相違を異にする方向性から明確な結論を得ないものと思われる。
?:長々と講釈をした意味はどこにあったんですかね~。
長:聞き慣れないカタカナ語でお茶を濁すのと大差なかったわね。
芽:メイドも言葉として浸透してきたから、
 今度はドイツ語辺りに変換してハイカラな職業に思わせるのも手かも。

 教授、ナース、メイドと、何故かオフは御仕事シリーズが多いです。まともに働いてるシーンがレアすぎるという御意見は、私もそう思うので逆に受け流します。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 5 7 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索