忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

 ケバいという表現があります。けばけばしいを略したものです。漢字だと毳毳しいになるらしいので、ケバいは毳いになるのでしょう。私を含め、大抵の方が読めそうもありませんが。意味は品が無いほどに派手で目立つ様になります。毳の字は毛羽と同義で、紙や布などの表面が擦れたなどの要因で滑らかさを失うことを意味します。不自然なまでに厚く塗りたくった化粧を称することが多い訳ですが、素材を活かしていない、或いは原型を留めていないといった流れで使われるようになったと推察されます。1980年代辺りに使われだした俗語のようですが、そう考えると文化的な側面もある気がします。バブル真っ盛りのあの時期に、ケバいなんて物の考え方があったことがちょっと驚きですが。崩壊後に、あの乱痴気騒ぎがケバかったと振り返るんでしたら分かりますけどね。

(・ω・) 何事も加減を知らずにやりすぎる人が居たって話なのかしら

【その結果が目の前に反面教師として存在してるという】
月:ポンコツを超えたポンコツを、スーパーポンコツ、
 略してスパポンと呼ぶことにした。
黄:妙に語感が良いんだよぉ。
月:スパポーンと抑揚を入れることで、擬音っぽくなる。
黄:声に出したくなるけど、そうしたら負けな気がするんだよぉ。
月:誘惑に抗わず、堕落の道を歩くのも悪くないもんだぜ。


【単に文句言うやつが居なくなってるだけなのでは】
月:スパポンは一周回って桁が違う。
  失敗に失敗を重ね合わせることで、何故か結果オーライになるのだ。
黄:きっと確率操作系の能力者なんだよぉ。
月:自分で制御できないって設定ならギリいけるな。
  最終回近くで覚醒して、全てを無に帰すのだ。
黄:なんで闇落ちしてるんだよぉ。
月:ドジっ子も、宇宙というか次元そのものを消滅させるくらいになれば、
 誰も迷惑だなんて思わなくなるんじゃないかなって。


【普段はどうせ誰も分かってくれないとか主張してるくせに】
月:キャビンアテンダントになりたい。
黄:一昔前でいうスチュワーデスなんだよぉ。
月:もう、自宅と大学を往復するだけの日々は嫌だ。
  大空高く飛び上がりたいんだ。
黄:そうなったらそうなったで、
 飛行機に縛られる生活は御免だとか言うに決まってるんだよぉ。
月:性格を完全に把握されるというのも、それはそれで微妙な気分だな。


【それをどうにか出来る教授が日本に一人でも居るんだろうか】
月:じゃあせめて現実的な線で、
 お客様の中に教授はいらっしゃいませんかという現場に遭遇したい。
黄:何をさせる気なのか全く想像がつかないんだよぉ。
月:学部どころか、学科が違うだけでやること別世界だからな。
  文系学者だからって、暴走した古代遺物の対処を求められても困る。
黄:映画なんかでたまに見るシチュエーションだけど、
 やっぱ御都合主義なくして物語は成立しないと思い知らされるんだよぉ。

 日本の国内法では、一部を除いて医療行為は医者にしか許されていないと記憶しています。しかし国際線の大半は国外や公海上のはずなので法律的にどうなるんだというのは気になりますね。
PR

 新ユニット小妹々(シャオメイメイ)は何となく流れで誕生しました。お祭りにトリ・アステールが出るとして、他に人気なのが居るってのは定番だよな。でも同年代じゃ弄りづらいし、いっそ幼女にするか。あ、一人は青龍にしたら少しくらいはインパクトあるかな。ここで戦国浪漫編を挟んだせいで思考が中断しました。その後、ロリと言えば朱雀だけど安直すぎるよなぁ。須勢理も枠内っちゃ枠内だろうけど、作者ですら記憶の片隅にしか残ってないし。となると真武辺りになるのか。二人組じゃ寂しいし、三人は欲しい。でも本編でレギュラー準レギュラー扱いで番外編に出てないのは……先代玄武とかかなぁ。あれも結構な年のくせに女子高生として年齢詐称してるようなやつだし、もうちょっと若返らせても誤差か。と、試行錯誤の末にメンバーを纏めました。最初は名前にプチでも入れようかと考えていたのですが、全員中国系ということで、小(シャオ)でも使うかということになります。最初に閃いたのは小娘々(シャオニャンニャン)なのですが、ほぼ同名のアイドルが台湾に居るらしいので、ボツりました。ちなみに、々で同じ漢字を表現するのは中国では滅多に無いようです。和中折衷設定なので、敢えてこの表記で通します。ともあれ、これで目ぼしいキャラクターはほぼ使い切ったのではという気すらします。もう番外編は増えないのかとも思いますが、別にキャラ重複禁止って訳でも無いんですかね。たまに、あそこやらここやらに朱雀が湧くせいで自分の中でもあやふやなものがあります。

(・ω・) むしろ準レギュラーでも無いのに存在してる方が朱雀っぽいよな

【求められて初めて値段が設定されるのが自由経済の基本】
月:遺伝子をどうにか弄って、
 四つ葉のクローバーしか生えないようにしたら偉人になれるだろうか。
黄:レアだから価値があるってのが大前提なんだよぉ。
月:そうなったら三つ葉や五つ葉が持て囃されるってのは深いよな。
黄:どこぞの教授はオンリーワンが過ぎるのに全く評価されない辺り、
 稀少性と市場価値は必ずしも一致しないものでもあるんだよぉ。


【幸運の総量が決まってるならここからの反動が凄そう】
月:宝石なんかも、そこらに転がってたら大して持ち上げられない訳だし、
 実用性が高い貴金属とは扱いが違う。
黄:外面より中身という、質実剛健の大事さを教えてくれるんだよぉ。
月:それでも私は、上っ面だけで生きていければと思い続ける。
黄:名言風世迷い言はこうやって誕生するんだよぉ。
月:教授になれた時点で奇跡を三回くらい起こしたみたいなもんだし、
 今後もきっとなんとかなるだろう。


【そしてそれを実力と勘違いして悲惨なことになる】
月:長期連載のバトル作品は、中盤のボスの方が魅力的なこと多いよな。
  私はこれを、名誉ラスボスと名付けることにした。
黄:ちょっと分かるのがムカつくんだよぉ。
月:逆に順番的な意味で最後のボスをどう呼ぶべきなのかは思案中だ。
  引き伸ばすと掛けて、ヒキノボースとかどうだろう。
黄:少しまともなネーミングをしたかと思えばすぐに馬脚を現す辺り、
 まぐれ当たりでしか仕事が出来ないタイプなんだよぉ。


【頭が普通だったらどんな生き方してたんだろう】
黄:でも、最終盤に最大の敵を倒すと、何故か印象が薄まるんだよぉ。
月:綺麗に終わりすぎると満足感が勝るからじゃなかろうか。
  つまり、語られるにはグダグダだったり中途半端さが必要なのだ。
黄:自分の人生を否定したくなくて言ってるように聞こえるんだよぉ。
月:完全無欠の輩なんか薄気味悪いから間違ってない。
黄:頭脳明晰以外に誇るところがないガタガタ人間も、
 それはそれでどうなのかって気はするんだよぉ。

 色々と考えましたが、年末でネタの大掃除もしなければならないということで月読教授が適役だということに落ち着きました。私はポリバケツか何かかと言われそうですが、そんなに変わらないんじゃないかと思わなくもありません。

 グレるという俗語があります。一般には、若者が社会的規範から外れて、いわゆる不良になってしまうことを意味します。なので、中年、壮年が悪ぶる場合が含まれるかは微妙なところがあります。意外にも歴史のある言葉で、少なくても江戸時代には存在していたようです。日本人は古くからハマグリという貝が同一個体の上下でないと上手く嵌まらない特性を活かし、神経衰弱的にペアを当てる貝合せというゲームをしていました。そこから派生して、噛み合わないことをグリハマとひっくり返して表現するようになります。更にそこから変化してグレハマとなり、動詞化していって、省略された結果がグレるなのだそうです。若いチンピラ集団を愚連隊などと呼ぶこともありますが、グレるが先にあって、愚連は当て字というのが通説なのだとか。愚か者が連なると、良く出来た熟語っぽさがあるので勘違いしてしまいそうになります。新語、造語のセンスって大事だよなと思い知らされる次第です。

(・ω・) グレの音のグレっぷりが、また秀逸な気がする

【生活に困らないならアホの子が一番幸せだって結論出てる】
ア:姉妹というのは、それだけで素晴らしいものですわ。
白:言葉を額面通り受け取れなくなってる自分が居る。
  兄、妹とか姉、弟だったら絶対こんなこと言い出さないし。
天:結局、格言や名台詞なんてものは、
 誰が言うのかが大事だというのを痛感させられます。
白:空気が読めなきゃこんな機微に悩まなくて良い気がする辺り、
 何事も良し悪しなところあるよねぇ。


【その手のことに関して白虎はプロみたいなもんだからな】
真:姉様、こいつらマジでヤバそうですぅ。
亜:そうじゃないかって気付きつつあるけど、逃げるには手遅れな気がしてる。
真:諦めが良すぎですぅ。
天:そろそろ、許してあげたらどうでしょうか。
ア:別に拘束しているつもりはありませんわよ。
白:蛇に睨まれた蛙って言うか、
 小動物がネコ科の猛獣に狙いを定められて右往左往してる感じが出てるよね。


【十歳にしてそんな未来予想図が描かれるのもどうなんだ】
青:話が済んだのでしたら、私は帰りたいのですが。
白:あ、ようやく喋った。
天:幼馴染みに厄介な方が居ると大変ですね。
青:もう慣れました。
ア:物凄く冷めた表情が似合う子ですわ。
白:将来、仕事はとてつもなく出来るけど夢とかは無い、
 そういった感じの大人になりそうな気がしてならない。


【最終回近くで連合ユニットを組む大団円展開が待ってるぜ】
ア:ともあれ、今後いつでも来校をお待ちしておりますわ。
亜:釘を刺しに来たのに、逆に懐柔されそうになってる気がする。
青:だから策もなく突撃するのは辞めておくべきと言ったのです。
亜:私から思い付きを取ったら、何も残らない自信があるわ。
白:良い意味かはともかくとして、仲良くなれそうな気がしてきた。
天:アルテミスさんと白虎さんは共に直情型で、
 本能に対して真っ直ぐな生き様ですものね。

 白虎的に、元の世界で上司の青龍が年下で女装アイドルやってるってのはどういう感じなのでしょう。私だったら記憶の混線が起こっても、気付かなかった振りをするでしょうね。

 元の木阿弥という言葉があります。なんやかんやしている内に初期状態よりはマシになったものの、最終的には最初と大差ない具合に落ち着くことを意味します。木阿弥は、人名という説が最も有力なようです。戦国時代、大和郡山の城主である筒井順昭が病死したものの、後継ぎである順慶はまだ幼く、政務を執るには不都合が多くありました。そこで重臣達は順昭の遺言に則って死を隠し、盲目の木阿弥を替え玉として用いたのだそうです。時が経ち、順慶は立派な青年になりました。そこで初めて順昭の死を公表し、木阿弥は用済みとなります。偽物とはいえ、一応は城主だったのに、単なる一人の盲人に戻ってしまった様から出来た言い回しとされています。元の木阿弥というと、途中でグダグダやった分だけ時間と労力の無駄というニュアンスが含まれている感じがあります。しかし時代が時代だけに、秘密を知る者は生かしておけぬ、とならなかっただけでも充分じゃないかという気もします。木阿弥が多少なりとも良い思いをしたのかとか、坊主なのでそういった俗事には興味がない可能性があるとか、ドラマが介入する余地はありそうですよね。

(・ω・) 武田信玄も隠せって言ったのにバレバレだったのは何でだろう

【片瀬亜沙こと先代玄武が年齢詐称するのは仕様みたいなものだ】
ア:と言いますか、もう一つ聞きたいことがありますわ。
  あなた、本当に十歳以下ですの。
白:見た感じはそんなもんだけど。
天:この年頃の子は個人差が大きいのは事実ですが、
 よもや幼い見た目なのを良いことに鯖を読むということも無いでしょう。
亜:……。
白:分かりやすく目を逸らして冷や汗かいてるけど。
天:アルテミスさんの直感が怖すぎて、それ自体はどうでも良い気がします。


【完璧超人より隙を見せるくらいの方がモテるんじゃないか的な】
白:で、本当のとこはいくつなの。
亜:じゅ、十三。
天:中学生が小学生を引き連れて粋がっていると表現すると、
 残念な感じが強調されますね。
白:方向性は違うけど、うちも大概なんじゃないかな。
ア:問題は、わたくしの二歳下というのが倫理的に許されるかですわ。
天:自らダメさ加減をアピールするというのも、
 魂胆が分かりづらくて困ります。


【エルフ系の長命種で成長に十倍くらい掛かるとかさ】
天:小四より下の女の子というのを売り文句にしていながら、
 一人は男子で、一人は中学生というのも中々のものがあります。
白:これが偽装表示ってやつかぁ。
亜:果汁三十パーセントだって、立派なジュースだし。
天:つまり残る一人はちゃんとしているのですね。
白:ここまで来たら実は人間じゃない展開になっても驚きゃしなかったけど。


【白虎も似たような立場というのは忘れがち】
?:まったくもって、困った姉ですぅ。
亜:妹の真武が可愛すぎてしょうがないから始めた訳よ。
天:姉バカでしたか。
白:なんか知らないけど、それを天照が言うのはどうなんだろうって気がする。
天:私、一人っ子ですが。
白:双子の妹を溺愛しすぎて煙たがられてる印象だけど。
天:そこまで具体的に述べられても、どう反応したら良いか判断しかねます。

 アルテミスも亜沙も『あ』を変換したものが頭文字なので、微妙に面倒くさいのです。

 びっこを引く、という言い回しがあります。怪我などの要因で片足を引き摺るようにして歩く様を意味します。差別用語的なニュアンスが含まれているとされていて、最近では耳にする機会が減りました。びっこは、漢字で跛と書きます。アシナエ、チンバとも読むようです。語意はほぼ同じで、スムーズに足を動かすことが出来ない状態になります。語源は諸説あるようですが、(足を)引く子、が有力なようです。或いは片足に重心を預けられない為にジャンプするように歩くところから、飛びっ子が縮まったものというのもあります。差別語全般に言えることですが、見下したり、軽んじたりする使い方をする人が多いのが悪いのです。将来的には、代替で使っているものがそういった位置に収まり、いたちごっこになることでしょう。なんか正義の戦士が死闘を繰り返している内に闇に染まっていくかのような感じがありますね。天使も、最前線で戦ってるのは悪魔落ちしやすいらしいですし。ハラスメント問題もそうですが、人と人とのやり取りでどう受け止めるかなんて永遠に解決なんてしません。上っ面だけ整えて上等な人間を気取るような真似だけは避けていきたいものです。

(・ω・) その生き方が出来れば楽ってのも一つの真理だけどさ

【態度のでかさが百から百一になっても誤差じゃなかろうか的な】
天:それで、御用件はなんなのでしょう。
亜:あんた達、こないだちょっと受けたくらいで調子乗ってるそうじゃない。
白:乗ってたっけ。
天:甘く見ないでください。うちのリーダーであるアルテミスさんは、
 アイドルを始める前から自信過剰でしたから大して変わっていません。
白:返答として、何一つ正しい部分が無い気がする。
亜:私も、会話が成り立ってるか真面目に考えちゃったわ。


【これが通常営業であることを彼女はまだ知らない】
亜:この町に、人気アイドルは二つも要らないって話をしに来たのよ。
白:地方アイドルって、一地域に一個って決まりでもあるの。
天:家電屋みたいなもので、適正より多いと共倒れにはなるでしょう。
白:最近はネット通販に押されて展示会場になってるって聞いたことあるけど。
天:アイドルも現場の強みを活かさないとすぐさま消えますし、
 何処の業界も似たようなものです。
亜:ひょっとして相手にされてないかもだなんて考えてないんだからね。


【古来からそういう需要は一定以上にある訳で】
ア:……。
白:で、アルテミスはどうして脇の一人を見つめて黙り込んでるのさ。
ア:前々から気になっていたのですが、あなた男の子ですわよね。
亜:な、何を言っちゃってるかなぁ。
  幼馴染みの青龍くんがあまりに中性的な美形だったもんだから、
 嫌がるのを無視して巻き込んだなんてこと無いし。
白:全部説明してくれたんだけど。
天:クール、或いはアンニュイ系なのかと思っていましたが、
 単にやる気が乏しかっただけなんですね。


【友情とかいう模範的解答を期待できるメンバーじゃない】
亜:ってか、声変わりもしてないのに何で分かったのよ。
ア:わたくし、女子センサーの精度の高さは自慢できる水準だと自負しておりますの。
白:誇れる部分を全く感じない。
天:こういう方ですので、お帰りになるのでしたら今の内とは言っておきます。
亜:あんた達は、何で普通に付き合ってんのさ。
白:強いて言うなら、慣れ。
天:長い人生、実に多数の人間と関わることになるでしょうし、
 この手のも紛れ込むと考えれば良い経験かな、と。

 女児ユニット(大嘘)がやりたくて登場させた節はあったりなかったりです。女子校教師青龍はどうしたという件に関しては、創作って生き物だからしょうがありません。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
3 4 6 8
10 11 13 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索