忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

 生きた化石と呼ばれる連中が居ます。残存種、遺存種という呼ばれ方もするようです。大昔、それこそ一千万年、或いは一億年単位で見てもあまり進化をしておらず、当時の生態を色濃く残した生物種のことを言うようです。具体的には、シーラカンス辺りが有名でしょう。転じて、旧時代の価値観を修正できないまま現代でも生きようとする人間に、嫌味として使われることがあるようです。生き物の方は、特に変わる必要がないから変わらなかっただけなのに、老害と一緒にされるのは迷惑な気もしますが、言葉なんて割と適当なものだからしょうがありません。考えように依っては、時代遅れだろうと生きてはいるんですから、似たようなものなのかも知れませんが。まあ、ここら辺は感性の問題という、万能の投げっぱなしワードで、議論を避けていこうかなと思います。

(・ω・) 個人を尊重するのと、関わりを持たないのって紙一重だよね

【父親役と母親役の性別が逆転してる感はある】
朱:職場での自身の立ち位置に、疑問を感じるんですよね~。
青:これが、前向きな思考であることを切に願います。
黄:朱雀に関して、それはねーんだよぉ。
朱:私に責任を負わせるから問題が発生する訳で、
 最初から雑務に専念すればうまくいくんじゃないですかね~。
黄:それみたことか、なんだよぉ。
青:そんなところで信頼関係を発揮されても、
 こちらとしては反応に困るとしか返せない訳ですが。


【上司というのは責任を取るのが主な仕事らしいよ】
白:個人的には、青龍はどれだけ高いハードルまでなら越えられるのか、
 試したくてしょうがないんだけど。
黄:またぶっ倒れるからやめてやれと言っておくんだよぉ。
玄:ネコ科は好奇心に勝てない生き物ですからしょうがないですよね。
黄:誰が白い虎を四神に入れると決めたんだよぉ。
青:私が何千年か前に、というのが正解ですが、
 その件に関してはアナタも同意したと言っておきます。


【世界に現存する数少ない龍族だという事実を忘れがち】
玄:青龍さんは私がしでかした細かいミスを、
 一つ残らず指摘する小姑のようなところがありますよね。
黄:なんで機械の玄武より精密に動作しやがるんだよぉ。
玄:逆に、青龍さんを分析すれば、
 人工知能のアルゴリズムは飛躍的な向上を望めるかも知れません。
黄:こいつ、軽いサイコパス入ってやがるから、
 物理的に分解しそうで怖いんだよぉ。


【この歳で新しいことを取り込もうとする気概は素晴らしいの一語】
白:そういや、青龍が部下の動かし方どうこうって本を読んでるの見たんだけど。
朱:気付かれた時点でアウトじゃないですかね~。
玄:遠回しにプレッシャーを掛ける作戦の可能性を提案してみます。
黄:今更だけど、キャリア五千年の青龍が制御不能って、凄いメンバーなんだよぉ。
青:これほどの逸材が過去に居なかったとは言いませんが、
 三名共となると、相当の確率になるのではと試算してみたくはなりますね。

 こう長くやってると、過去に何を書いたか実に曖昧で困ります。ネタに関するデジャブ感と戦うのも、一つの責務なんですかね。
PR

 遺物という言葉があります。辞書を引いてみると、過去の人類が遺した物、と書いてあります。他にも遺品や、遺失物の意もあるようです。形見の品はともかくとして、落とし物はちょっと方向性が違うような気もしますが、元々の持ち主の手から離れたということが重視されるんでしょう。日本語として遺物を用いる場合、歴史的な意義が高いことをほのめかしていることが多い気がします。単に、現代人の感覚だと割と格好つけた物言いなので、そういったシチュエーションなことが多いだけなのかも知れませんが。宗教的に価値がある品を、聖遺物と訳した先人の影響もありそうですね。聖遺物は、英語だとrelicで、遺物との明確な区別は無いようです。翻訳した日本人のセンスが光るのか、単に邪気眼的なのか、ちょっと判断に困るところです。

(・ω・) 聖、邪、魔を付けただけで、そう言われるのは心外かも知れないけどさ

【分かりにくいんじゃなくて分かる必要が無いだけ】
朱:未解読文書って、解読されたら夢が無くなりますよね~。
黄:大体、大したことは書いてないからしょうがないんだよぉ。
白:世の中にこれだけ出版物が溢れてるのに、
 読めないことで耳目を集めるって、何かに応用できる気がする。
黄:薄っぺらい内容をそれっぽく仕立て上げることで難解と称す、
 現代の創作業界で大いに活用されてるんだよぉ。


【宇宙の全てが含まれている説や理解したら発狂する説などがある】
玄:人工知能専用の新言語的なものを編み出して、
 真武などと会話するというのはどうでしょう。
黄:人類が躍起になって意味を理解しようとするか、
 単なる痛い子として扱うか、五分五分ってところなんだよぉ。
朱:ふに、ふにふにふに~、ふにふ~に~。
黄:そういや朱雀語なんてもんもあった気がするけど、
 こっちに関しては、誰一人として手を付けようとすらしないんだよぉ。


【人生が限られてるものには参考にならなすぎる】
朱:勉強の基本は、まず何が分からないのかを整理することらしいですね~。
玄:そして理解していないことだらけということに気付き、
 どこから手を付けるべきかと、途方に暮れるところまでが様式美です。
黄:なんだ、この不毛な会話、なんだよぉ。
朱:先達として、対応策を御教示いただければと思いまして~。
黄:長命種族としては、片っ端からやってればいつか終わるだろうと、
 雑なやり方で切り抜けてきた気がするんだよぉ。


【文面だけなら好意的に見ても逆ギレに分類される】
黄:仕事もそうだけど、効率の話なら青龍に聞いた方がいいんだよぉ。
玄:青龍さんは、タイムアタックでもしているのかというくらい、
 無駄を削って働いてますよね。
黄:この際、誰のせいなんだという犯人探しはやめておくんだよぉ。
朱:逆に聞きますけど、あの生き方を真似られる方が、
 勉強の仕方で相談なんてすると思いますか~?
黄:あまりに説得力がありすぎて、
 なんつう言い草だという常識的な返しが何処かに消し飛んだんだよぉ。

 出番が全く無いことの方が珍しい朱雀ですが、メイン扱いも減ってきた気がします。内容的に同じツッコミをされるのでも、黄龍と朱雀じゃ意味合いが変わる感じがある気もしますが、どうなんでしょうね。

 日本生まれ日本育ちの大人の日本人に聞いてみて、99%以上が正解を出せる設問はなんだろうと考えてみました。かつて猫の目とまで揶揄されていたせいか、意外と答えられない人が多い問題の代表格と言えば現職の総理大臣でした。しかし安倍総理になって長いですし、色んな意味で紙面に躍り出る方ですので、今ならこれくらい叩き出せるのではないでしょうか。他にも、高校野球全国大会としての甲子園や、箱根駅伝なんかもいい線行くのではないかと推測しています。一方で、一昔前のように国民的スターというものが誕生しにくい土壌が育ちつつあるので、芸能人やスポーツ選手では厳しい部分がありそうな気もします。この間金メダルを獲った方でも、全く興味のない人が何%か居そうな気がします。私は、ここ十年くらいの一発屋芸人の名を殆ど言えませんし。レイザーラモンHGで更新が止まってると、常々口にしています。たまに地上波バラエティを目にしますが、司会や有名所は二十年前と変わってないんじゃないかとすら思えるので、世間の時間もそこで止まっている感じがありますが。今後、ほぼ全国民が認める大スターは誕生するのか、或いはそんなものが生まれる意味はあるのか、興味があるような、どうでもいいような心持ちです。

(・ω・) 時計の針は止められても、戻せない気はしてならないがね

【上っ面に惑わされるようではまだまだ二流よ】
マ:ウチ、悪魔やん?
黄:その確認をしようがしまいが、事実は動かないと思うんだよぉ。
朱:案外、ここで否定したら悪魔という肩書きを捨てるかも知れませんよ~。
黄:そんな重大な岐路を託されても責任負えないんだよぉ。
マ:安心しぃ。他人にどないに適当な助言をしたかて、
 決断するんは本人っちゅう逃げ口上があるさかいな。
黄:やっぱりこいつ、称号がどうなろうと本質部分は悪魔のままなんだよぉ。


【悪魔が博愛主義を説いたとして受け入れられるとは思えない】
朱:悪魔を辞めたら前向きなことを言うようになる可能性だってありますよね~。
マ:どないな苦境かて絶対に諦めたらダメやで。
  活路が無い言うんは、臆病もんの世迷言や。
黄:すっげーニヤニヤしながら言ってる図しか思い浮かばないんだよぉ。
朱:まあ、所詮は悪魔ですからね~。
マ:こないなフィルター掛けるさかい差別がなくならへんのやと思うと、
 えらいワクワクしてきたで。


【求めている完成度は九割程度なんだけどなぁ】
マ:ここんとこウチ手ぬるかった思うねん。
  もうちょい、悪魔的なこと言わなアカンのとちゃうやろか。
黄:もう、二つ三つノルマ達成してる気もするんだよぉ。
朱:職人気質で、合格水準が高いのかも知れませんね~。
黄:なんつう迷惑極まりない話なんだよぉ。
朱:技術者や芸術家の徹底した拘りなんて、
 一般の方から見たら無駄な仕事以外のなにものでもない訳ですから~。


【毒舌東洋代表でも狙っているんだろうか】
マ:この嬢ちゃんも、めっちゃ口悪い時あるよな。
黄:悪意があんまし無いから、悪魔への勧誘は控えて欲しいんだよぉ。
マ:ウチも別に悪気でゆうとる訳やないで。
  おもろなりそうな方に転がしとるだけや。
黄:善悪の基準に、とてつもない隔たりを感じるんだよぉ。
朱:異文化交流はかくも難儀と言っておけば、
 言い訳くらいにはなるから大丈夫ですよ~。

 これも引っ張れたんじゃねーかと思う辺り、花粉に大分、脳がやられてる気がしてなりません。

 ヘッドハンティングという言葉があります。直訳すると頭を狩る、となりますが、意味としては他組織からの引き抜きというのが一般的でしょう。英語でもhead huntingらしく、そのままカタカナ語化したもののようです。単語の響きからは、死神が鎌で首を刈り取るイメージしか湧かないのですけど。この場合、売り込みを掛けるのは組織側なので、現状より高待遇を約束するのが普通です。日本は江戸時代に確立されたとされる、忠義一本槍の武士道がまだ残っているせいか、こういったことに対して嫌悪感があるようです。それなりの国土しか持ち合わせていないので、良くも悪くも助け合わないと生き延びられなかったという側面もありそうですが。こんな感じで神様業界も、スポーツ市場みたいに移籍制度にすれば面白くなると思うんですよね。そうすれば冷遇されてる誰かさんとかも活躍の場が得られるかも知れません。月読辺りは、不平不満を言いながらも、今のぬるま湯でいいやと思ってる口なので、最後の最後まで既得権益にしがみつくんじゃないかなと予想していますがね。

(・ω・) 文章にすると、あいつ、本当にどうしようもないな

【そして今日も今日とてマイロードを突き進む】
亜:今更だけど、玄武と真武の取扱説明書作ろうかなって思うんだけど。
黄:まず、それをちゃんと読むやつが居るのかから議論すべきなんだよぉ。
玄:後ろ向きなことが書いてあったらやる気が無くなりますので、
 私自身が目を通さない自信があります。
黄:早くも、存在意義が怪しくなってきたんだよぉ。
亜:否定的な意見を出されると燃えてくる、天の邪鬼の血が騒いできた。


【要点だけまとめたら裁判沙汰になった時に負けそうだし】
亜:とりあえず、玄武は肉体的には頑健だけど、
 精神的に打たれ弱いので大事に扱ってください、と。
黄:みんな知ってることなんだよぉ。
玄:家電でも、ボタンを押せば動くという基本的なことから始まりますから。
黄:だから誰も読まなくなって重要なところを知らずじまいなんじゃないかと、
 根本的な構造に問題を感じなくもないんだよぉ。


【この宇宙が高位存在に依る演算に過ぎないというオカルトはある】
朱:しかし考えてみましたら、玄武さんが感情的なのって、
 客観的判断を下せるという人工知能のメリットを全力で潰してますよね~。
亜:情報処理が複雑化したら、勝手に自意識を持つものなんじゃないの。
黄:そこんところは、そもそも自我ってなんなのかという話になってくるんだよぉ。
玄:朱雀さんだって自分という存在を認識しているつもりかも知れませんが、
 プログラム上で再現されたものに過ぎない可能性だってある訳ですよ。
朱:そういう真面目に考えると恐ろしくなる話は、聞かなかったことにしています~。


【中途半端に近しいからこそ相容れない可能性もありそう】
亜:真武は外付けパーツ次第でなんでもできて、動作も安定してるけど、
 そっちに容量を使いすぎたのか、人間的という意味では玄武ほど面白くありません。
真:生みの親ながら、何考えてんのか分かんないやつですぅ。
黄:むしろ先代の取説が欲しくなってきたんだよぉ。
玄:書いてもいいですけど、健康に関する情報サイトくらいの信用度になると思います。
黄:親と子は、似たような存在でありながら永遠に分かり合えない、
 そういった教訓が含まれてるってことにしておくんだよぉ。

 もしかしてこれ、一話分に引き伸ばせたんじゃないかと後ろ髪を引かれてますが、もう少し食べたいくらいがちょうどいいと自分に言い聞かせることにしました。

 蛇行、という言葉があります。ダコウ、ないしは、ジャコウと読みます。蛇の通り道の様に、うねうねとした、規則性が乏しい曲線で進行することを意味します。一般的な話として蛇に歩行できる足はありませんから、まっすぐ進むのは難しいのでしょう。逆に言えば、よくそんな生態で今日まで生き延びられたものだとも思います。全身を使って跳ねるように跳ぶことは出来ますが、持続的に速度を出すことは出来ません。顎と牙は強力で、長い身体を活かして締め上げることも得意ですが、射程範囲に入ってもらわないとどうにもならないという前提があるのです。毒を持つ種類が多いのも頷ける話になってきます。これだけ色々と捨て去ってきたせいなのか、生命力に関しては高い部類に属するのが多い気がします。マムシとか数週間飲まず食わずでも平気らしいですし。亀も長寿だったりしますし、個としては、爬虫類の方が強い生き物なのかも知れませんね。

(・ω・) 話が蛇行しすぎだろと、ツッコんだら負けらしいよ

【或いは泥酔して前後不覚にでもなっていたか】
月:ノアの箱舟が、リセット世代を暗示していた可能性について考えてみる。
マ:中途半端に引き継ぎ要素残してる辺り、未練タラタラやな。
玄:ソフトはアンインストールしても、
 セーブデータだけはとっておくみたいなものでしょうか。
黄:俗物過ぎて、ちょっと面白くなってきたんだよぉ。
マ:育成シミュレーションのノリやないと、
 ほぼ全壊しなんて暴挙でけへんっちゅうんは納得やで。


【悪魔に嫌味対決で勝つのは難易度が高い】
玄:かつての人気作家が完結した作品の続編を作ってしまうことからも、
 一から創造するということの困難さを伺えますよね。
マ:こいつ、えげつない例え出しよんな。
黄:人気を得たことがないが故の嫉妬だから、軽く流してあげるべきなんだよぉ。
マ:四神っちゅう、でかいもんにぶら下がって生き延びとる玄武がゆうてる思たら、
 変な笑い出そうになったで。


【自国でさえなければ社会実験としてどこかがやって欲しい】
玄:真の平等社会の為、財産や権威などは一度リセットすべきだと思うんですよ。
朱:革命家みたいなことを言い出しましたね~。
黄:こういう主張してたのが、権力を手にしたら弾圧を始めるまでが様式美なんだよぉ。
月:例えば十年一区切りで体制を一新しないといけない縛りを設けるとかどうだろうか。
黄:最後の一年が物凄くカオスになりそうな点だけは面白そうなんだよぉ。
マ:あくまで遠目に見てる分にはっちゅう但し書きが付くけどな。


【生物兵器といい人類は禁忌に手を出し過ぎじゃなかろうか】
黄:人類史にしても、生物史にしても、全ての要素が絡み合って現状があるんだから、
 とりあえずで辞められるもんでもねーんだよぉ。
月:まあ、仮にリセットボタンがあって神様連中に配布されたとしても、
 よっぽどのことが無い限り、押す根性も無いしな。
マ:なんや、ミサイルの発射装置みたいな話になっとんな。
玄:あれもある意味で、文明社会のリセット機能みたいなものですし。

 そういや黄龍ちゃんも一期で一度完結したなと、今となっては遠い昔の話を思い出してしまいました。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 3 5
7 8 10 12
14 15 17 19
21 22 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索