忍者ブログ
[1701] [1700] [1699] [1698] [1697] [1696] [1695] [1694] [1693] [1692] [1691]

 代表選ニュースを見ていて、一つ気付く。投票権を持つのは、小沢元代表など×名を除く三百ホニャララ名……ちょっと待て! あいつ、投票権無いくせに、誰を支持するどうこう言ってやがんのか。レベルたけぇなぁ、ダメな方向で。言い換えるなら、公民権停止食らってる囚人が、刑務所の中から支配力を発揮するみたいなもんですよね。何処まで、黒幕が似合うねん。

( ・ω・) もうやだ、こいつらの相手すんの

「それに、あの程度の攻撃を凌ぎきれない様じゃ、今後がちょっと心配だとは思ったわ」
 どれだけ上から物を見たら、この発想が出来るんだろうか。もしかすると剣士と魔法使いって、物凄く相性が悪いのかも知れない。
「それはそれとして、じゃあ、僕達が見たボブさん達って何なのさ」
「何なのさと言われても……幽霊でも見たんじゃない?」
「幽霊って、そんな荒唐無稽な」
「それが、そうとも言えないのが困り者なのだよ」
 不意に、聞き憶えのある男性の声を耳にした。
「ボブさん?」
 何だもう、何処かに避難してたんですか。いやー、家がすっかり風通しが良くなっちゃいましたけど、これを機に、安全な場所に引っ越すのもどうですかね。
「現実逃避は、それくらいにしたら?」
 さっきも言ったでしょ。僕は、自分の常識に無いことを受け入れるのには、時間が掛かるんです。
「まあ、見ての通りだ」
 かつて居間だった場所に立つ三人の姿は、まるで砂漠で見る陽炎の様に揺らめいていて――僕の乏しい一般常識からすると、これは明らかにこの世のものじゃないのですけど。
「いや、実は三人は、特殊生命体だったんですよ。ほら、さっき居たギズモの一族みたいな感じで」

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 5 7
9 10 12 14
16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索