忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

 つー訳で、一日遅れですが、-keighさんのトップ絵、『開眼』の線画をここに掲載。何だか塗り絵っぽくなってるので、正月、暇で暇でしょうがないかたは、塗り塗りしてみるのも一興でしょう。
 ちなみに、誰やねんという方が多いと思われますので一応、解説。この女性は、『一騎当千』という漫画作品に出てくる女子高生、趙雲子龍さんです。三国志×格闘×爆乳美少女という、メインは何処やねんという作品です。基本的には、有名武将として序盤から出てくるのに、男性を配置されたがゆえ干されるキャラを楽しむものです。甘寧とか、甘寧とか、甘寧とか。

( ・ω・) 序盤六割いた男キャラが、気付いたら一割切ってるとか、時代の流れだねぇ……

「はぁ……」
 やっぱり、適当に端から話し掛けるんじゃ、情報収集の効率は悪いのかなぁ。だけど誰が何を知ってるかなんて分からないし、せめて年配か、経験が多そうな人から順繰りに――。
「あれ?」
 何かが視界に入り、違和を感じた。
 それが、人ごみの中に、かつて会ったことがある人で居る為だと気付き、すぐ様、そちらに駆け出した。
「君達――」
「こんなところで出会うとは、何という奇縁」
「……」
 ポルトガで知り合った、魔法使いと賢者の姉弟だった。
「えーと、こんなところで、何してるの?」
 気の利いた質問とは言えないけど、どこから触れたものかも分からないので、無難なところを聞いてみた。
「君には、ここで優雅に散歩してるように見えるのかい?」
 そして相変わらず、男の子の方には嫌われたままの様で。
「こちらのお二人は、どなたですの?」
 シスとアクアさんが合流するやいなや、真っ先にそんなことを聞いてきた。
「そちらこそ、どちらさん?」
 更には女の子にも問われ、僕は先ずシスに向けて掌を向けた。
「えっと、こっちが僕の仲間のシスとアクアさん。盗賊と、僧侶なんだ」
 余り盗賊って紹介はしたくないけど、他に適当なのも思い付かないし、仕方がない。
「そして僕はアレク。このパーティのリーダーをやってるんだ。
 それで、こっちの二人は姉弟で――」
 ここで、結局、今までに一度として名前を聞いてないことを思い出した。
「私はシルビー。見ての通りの魔法使い。
 そしてこっちのむっつりさんはリオール。一応、賢者の卵ということになっている」
 女の子、シルビーさんがフォローする格好で自己紹介してくれた。

PR

 ぷんすかぷんすかぷん。

 この昭和の様な擬音が聞こえてきそうな西ノ宮さんの怒りようは一体、何があったのか。冷涼なる論客と呼ばれた彼女をここまでにするものとは――。

( ・ω・) 妹'sが、プリンを勝手に食ったとか、そんなレベルだと大予想

「どうじゃ。咎めはせぬが、黄金一抱えで交換してみようとは思わぬか?」
 だー! クワットさんといい、真顔でそういう提案はやめてってば!
「冗談、じゃよ」
 冗談っていうのは、笑えるもののはずだったと思うんだけど、僕の解釈は間違ってるのかなぁ。
「済まぬが、これと類似した宝珠のことは聞いたことが無いのぉ」
「そうですか」
 まあ、ジパングには既に一つあった訳だから、ここにもう一個あるっていうのは、考えにくいかな。だって、纏まってたら、試練としてのオーブに、意味があるんだか無いんだか分からなくなっちゃうもの。
「それじゃ、何か情報を手に入れたら、連絡下さいね」
「うむ、国家の長として約束しようぞ」
 いえ、そんな大仰な話じゃなくて、一友人としてで構いませんから。
「んー、ってことはとりあえず、次の目的地を決めないとなぁ」
 アリアハンから世界の主要国家が密集する大陸へと渡り、次いで船を手に入れる為にポルトガに行って、兄さん達の足跡を追ってレイアムランド、ジパングに来た訳だけど、この後となると、明確な指針が無い。とりあえず、キメラの翼やルーラで行ける地域を増やす為にも、色んな土地に行っておきたいなぁ。
「何処か、行きたい場所ってある?」
 世界地図を広げて、現在位置を再確認する。ジパングは、最大の大陸の東端にある、独立した島国だ。更に東の大海を渡れば、サマンオサと呼ばれる武装国家のある大陸に行き当たる。唯、サマンオサは高い山脈に囲まれた堅牢の地で、簡単には辿り着けないと聞いている。
 南に向かえば僕とシスの故郷、アリアハンだけど、とりあえずは置いておこうかな。あ、でも、もしかするとオーブの情報があるかも知れないし、一度戻った方が――んー、でも、バラモス倒すまで帰らないって決めたしなぁ。

 今夜、あの企画が帰ってくる!
 皆さん、かつてこのブログで、センセーショナル・エレクション教師絵シリーズが不定期掲載されていたことを御存知だろうか。本日、満を持して復活を遂げる!

 
 なんだ、この生体パワーツールを埋め込まれてしまいそうな、マッドサイエンティストな御尊顔は。闇の選挙参謀を極めると、ここまでの風格が備わるとでもいうのか。
 そう、これはかの桜井岬氏の実姉、桜井茜氏なのである。十七歳にしてこの威厳、将来が全く以って末恐ろしい……。
 
( ・ω・) ちゃうねん。結果として、まる見えシリーズで縛った私が悪いねんや

「う……」
 不意に、額に埋まっているかの様にしてうな垂れている女性が動きを見せた。ああ、間違いない。艶やかな黒髪に、強い意思を持った切れ長の双眸。あれは、トウカ姉さんだ。
「アレ……ル……?」
 朦朧とした表情のまま、僕を見詰め、小さく呟いた。
 今、姉さんは、僕と兄さんを見間違えたんだろうか。それは実に誇らしいことの様に思えて、同時に心の奥底で、何か落ち着かないものも感じた。
「アレク!?」
 不意に、姉さんは夢うつつから覚めたかの様に、はっきりとした声を上げた。
「まさか……何でお前がここに居る!?」
「それは、こっ、ちが言い、たい、よ……」
 言葉が千切れて、意味を持たせられなかった。こんな形で会うだなんて、想像もしていなかった。又しても、心が不明瞭な挙動を始めて、何が何やら分からなくなってくる。
「兄さんは、兄さんはどうしたんだよ! 一体、今、何処に居るのさ!」
 何があろうと、兄さんと姉さんは、同じ場所に居ると思っていた。何で、何で、姉さんが一人でこんなところに居るのさ!
「少し、落ち着け」
 小さいけれど、まるで母親のたしなめの様な声が、胸に突き刺さった。
「お前は、小さい頃からそうだったな。賢く、全てを分かった様な顔をしていながら、癇癪を起こすと手が付けられない。おばさんも、苦労したことだろう」
「……!」
 自分の過去を知っている人間というのは、心の支えであると同時に、こういう時は厄介だ。
 だけど、その言葉で幾らか気持ちが楽になったのも事実で――頭が上がらない事実を、思い出させられてしまう。
 ふにふにふに。とゆー訳で、本日は朱雀聖誕祭であります。ありがたや、ありがたや。あんな脳天ひまわり娘でも、何とかそれなりに愛されて、早四年。不治の天然ボケは進行して、最早どうにもならない領域ですが、本人は幸せそうなので良いでしょう。

 そして、-keighさんを恫喝――もとい御好意で描いて頂いた、ふに画。何かもう、何処から突っ込んで良いのか分かりませんが、とりあえずその注射、大丈夫なんだろうな。厚生労働省認可的な意味で。ってか、人間の豚インフルエンザを心配する前に、自分の鳥インフルエンザを――いや、朱雀ウィルス発生源とさえ言われてるのに、それも何か間違ってる様な。
 尚、-keighさんには、朱雀は私の心を食って成長していると、妙に納得されてしまいました。一体、何処の霊界獣やねん。

( ・ω・) こら、ダメでしょ、こんな腐りきったもの食べちゃ

「とりあえず、入る、よね?」
 ここまで来ておいて何だけど、こうも得体が知れないものだと、気後れもしちゃうよね。
「まあ、あたしの商売的には夜入るのが常道っちゃ常道だけど、こんな開けたところで暗くなるまで待ってたら凍え死んじゃうしね」
 誰が、盗みの為に忍び込む話なんてしてるかなぁ。
「こんにちはー。どなたかいらっしゃいますかー?」
 何はともあれ、極めて基本的な挨拶をしてみた。
「――!」
 唐突に、僕の上背の倍はありそうな扉が開き始めた。
 突然のことに神経が緊張し、柄に手を掛けて戦闘体勢をとってしまう。嫌な汗がじわじわ全身から噴き出す中、外側へと滑り行く観音開きの大扉を唯、じっと見詰め続けていた。
「人が来たら勝手に開くなんて、便利な機能だよねー。お店とかで使ったら喜ばれるんじゃないかな」
「……」
 そうですよね。僕が過剰反応なだけで、一般的な人はこんなもんですよね。シスが平均だとか、何が何でも認めたくはないけど。
「うわぁ……」
 神殿の内部は、外観のそれを上回る優美さだった。吹き抜けは、三階建てに相当しそうな天井まで達していて、屋内だというのに、閉塞感をまるで感じさせなかった。又、四方の、七色に染め上げられたガラス、もしくは氷の窓から陽光が射し込み、文字通り彩りを添えてくれる。
 生き物の活動が乏しい氷の世界ということも相まって、美しさに凍てついた心が解かされるかの様な心持ちになった。

 さて皆さん。一般人という言葉に、どの様な印象をお持ちだろうか。規格から外れず、極々常識的な行動を取る人を思い浮かべることだろう。
 この一般人、社会の中に溶け込むのであれば非常に便利であるが、創作の世界ではどうであろう。空気や背景と呼ばれる存在になることは、容易に想像が出来るのではなかろうか。

 彼女が、中途半端な一般人っぷりが災いし、主人公の悪友という立ち位置でありながらフェードアウトしつつある悲劇の人、椎名莉以氏である。今後、彼女が目立つポジションに立つ予定は無さそうである。
 尚、口の端が歪んでいるのは、一般人であるがゆえであろう。
 
( ・ω・) 画像そのものの在庫より、まる見え縛りがローペースの理由だよ!

「君達は、この船のオーナーだ」
 その件に関しましては、腹を括ったので、もう繰り返さなくても良いです。
「しかし、航海中は、あくまでも客人に過ぎない」
「……」
 ん?
「船頭多くして、船、山に登る、という言葉を聞いたことがあるだろう? 海に於いて命令系統が乱れるということは、即、死に繋がる訳だ。決定を伴う行動を取る時は、必ず、船長である私を通すこと。言うまでも無いことかもしれなかったけれど、ここは大事なところなのでね」
「いえ、そんなことはないです」
 割と奔放なパーティで行動してきたせいか、そういう意識が低かった。三人くらいならいざ知らず、この船には十人単位の人が乗り込む。いざって時に命令が二つ出たら、どっちに従ったら良いか分からなくて混乱するよね。
「ってことだから、シス。つまみ食いなんかしても、僕達に揉み消す権限は無い訳だからね。大人しくしてるんだよ」
「何であたしにだけ言うかな~」
 いや、だってシス、職業が職業じゃない。
「とまあ、堅苦しくなってしまったが、あくまでこれは、命令系統の上下関係を明確にしたに過ぎない。普段は出来る限り、貴賓として扱うから心配しないでくれたまえ」
「あ、はい」
 基本、路銀は節約して慎ましい旅をしてるから、そんなには必要ないですけどね。
「とは言え、海に出る以上、食料の問題は常に切迫していると思って貰いたい。つまみ食いなどをした日には、船員達の反感を買うのは間違いないと言えるだろう」
「だから、あたしだけ見て言わないでってば」
 ハハハと、皆で笑い合う。その間、シスはずっとふくれっ面だった訳だけど、ま、いつものことだよね。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 5 7
9 10 12 14
16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索