忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

 つー訳で、半年以上に引き伸ばされた、セネレ教師シリーズも、主人公にして、バカの殿堂、七原公康で締めとなります。というか、これが塾講であろうと教師になんかなったら、バカが量産されるのではなかろうか。いや、バカを反面教師として、バカにだけはなるまいと子供達も思うのではとも思わないことも無い訳で――。

( ・ω・) これだけ、バカバカ言っても心が痛まないキャラも珍しいと思う

「肉が食いたいー、えんやこーら♪ お魚さすがに食い飽きた♪」
 いや、別にふざけてる訳でもなんでもなくて、ちゃんとした船乗りの歌なんだよ。そりゃ、僕だって最初に聞いた時はちょっと驚いたけど。
「しかしお前は、真面目に力仕事を続けてる割には、腕力はイマイチのまんまだな」
 お師匠さん、無駄口を叩かず、せっせと漕いで下さい。
「よぉし、お前ら、小休止だ」
 不意に、小団長が命令を出してきた。
「どうしました?」
「良くは分からんが、どうやらどっちの船もこっちには向かって来てないらしい。距離も充分にあるらしいから、とりあえずはこの場所に待機して様子見ってとこだな」
 言われて、小窓から外の様子を伺ってみる。
 うーん、角度的に、ちょっと外を確認するのは難しいなぁ。
「ちょっと、上に行っても良いですか?」
「おぅ。どうせ居なくても、そこまでの差は無いからな」
「……」
 別に、イジメられてるなんてことは無いよ、うん。

「どういった状況です?」
「うわっ、凄い汗」
「何か拭く物をお持ちしましょうか?」
 そりゃ、僕なりに全力で身体を動かしてたんだから汗くらい掻くよ。何て言うか、うちの女性二人は、何処までも緊張感が欠如してると思う。
「うーん。どういった塩梅かは分からないんだけどね。どうやらあの二つの船団が戦い始めたみたいだね」
「はぁ」
 何だろう。不明船は治安維持の為の国軍とか、義勇軍ってことかな。話を聞く限りじゃ、そんなまともな組織に遭遇出来る状況とも思えないんだけど。
「ねぇねぇ。ちょっと良い?」
「どしたのさ」
「小綺麗な方の船、さっきまで帆を上げてなかったんだけどさ。どーもこっちも海賊船みたいだよ」

PR

 つー訳で、トップ絵の線画公開です。あれですね。別に-keighさんは東方好きになった訳じゃありませんよ。色んな因果で一枚描いたところ、良いのが出来たので慧音さんを好きになった何とか。一流の陶芸家は、出来の悪い器を叩き割ると言いますし、何か通じるものがあるんでしょうかね。

( ・ω・) 尚、昨今の技術向上に伴い、-keighさんの称号はエロ軍師からエロ軍神へと昇格した

『骸骨旗だー! 海賊船だぞー!!』
 流石に、海賊に遭遇した経験は絶無だなぁ。
「うわ、本当に骸骨旗だし」
 甲板に上がって船のある方向を見遣ると、古めかしい外装の中型船が三隻確認出来た。しかしこんなコテコテというかオーソドックスな海賊船に会えるだなんて、旅を続けてると逆に色んなことがあるもんだよね。
「野郎ども! あれはポルトガの、それも新型船だ! ポルトガが碌な国じゃねぇのはてめぇらも知っての通りだ! 好き放題に奪いやがれ!」
 耳を澄ますと、海賊の頭目と思しき男の声が何とか聞き取れた。しかし風上からとはいえ、この距離から聞き取れるってどんな大声なんだろうか。そして扇動も、国単位で仮想敵扱いっていうのは、稚拙極まりないと言うか。海賊船に狙われてる事実より、そういうどうでも良い部分が気になった。
「船長。明らかに敵船ですけど、どうするつもりですか?」
「ふーむ。生憎とこの船は移動が目的で、若干の物資以外、大して金目のものは無いのだけどね。それを説明したところで、解してくれる知性は無いだろう」
 さりげなく、とんでもない毒が漏れた気がした。
「砲門とか見当たりませんし、三倍の兵力だろうと、只の賊にうちの船乗り達が負けるとも思えませんけど」
 後方支援として、僕とアクアさんの魔法があれば更に磐石だ。
「いやいや。最近の賊というのはあれで意外に腕に憶えがあるのが紛れてたりするものでね。余り甘く見ない方が良いと思うよ」
 そういえば、アリアハンの山賊にも一人、騎士崩れの人が紛れてたっけか。アクアさんのラリホーが効いたから事なきを得たけど、真っ向勝負となったらどうだったかなぁ。

 


 つー訳で、トップ絵恒例、線画のお披露目です。
 作品自体には詳しくないので、そちらに関して触れることは特に無いのですが、美人女教師って、凄い単語ですよね。それだけで心動かされるものがあるって、文化学的に研究されてもいいんじゃないでしょうか。
 描いた-keighさんは、ふよんふよんな質感がお気に入りの模様。
 直接の関係は無いんですが、ヱヴァンゲリオン・破にマリさんって新キャラ出てくるじゃないですか。パイロット随一のグラマラスボディを誇る彼女を見て、私が一言。
『人類補完計画とは、豊胸手術のことだったんだよ! 綾波は失敗作な』
 と言ったら、-keighさんに、『お前、バカだろ』と言われました。

( ・ω・) あんなアイキャッチ切り取る奴に、言われたくないやい

「そ、そんな都合の良いものなんてあるの?
 それって、僕でも出来る――」
 そこまで口にしたところで、はっと一つのことに気付いた。
「そう、何故か勇者だけが使える雷撃呪文、ライデインだ」
 魔法使いと僧侶の両系統に属さない呪文は幾つかあるが、その中でもライデインは、その華々しさから勇者の象徴として扱われている。
「僕が、ライデインを――?」
 今までは僕は、魔法使い系統の攻撃呪文を主体として、それに次ぐ形で基本的な回復呪文を憶えてきた。逆に言えば、二つの系統から外れたものは意識してこなかった訳で、何だか真横から殴られたような、そんな意外な心持ちになってしまう。
「ま、出来るかどうかはてめぇ次第だ。当然、俺ぁ使えねぇから、自分で何とかしな」
 言って、手をヒラヒラさせてクレインは歩き去っていった。
 後に残された僕は呆然としたままシスを見詰めていた。だけど、間が持たなくなったのか、いつもの調子で口を開いてくる。
「何にしても御飯食べよー。お腹すいたまんまじゃ、頭も動かないでしょ」
「う、うん、そうだね」
 僕の当面の目標は、世界に散らばるオーブ、トウカ姉さんの解放手段、兄さんの行方を探しだすことだった。だけど旅人として一人前になりつつある今、僕自身の在り方についても考えなければならない時期に差し掛かっていると気付かされる。
 勇者とは一体、なんなのか。強くあることは必然として、その方向性と心の有り様はどうあれば良いのか。すぐさま答が出るものでは無いけれど、心にしっかり留めることとにして、とりあえずはシスを追って食堂に向かうことにした。

 

 まる見え縛りは、諦めたよ!
 つー訳で、粛々と、セネレ教師化シリーズ、ラス前の一柳綾女さんです。最近、小泉進次郎氏と立ち位置が近いんじゃねーかと思っているんですが、皆さんはどうお思いでしょうか。
 まあ、進次郎氏は、変な喋り方しませんし、ちびっ子でもありませんけどね!

( ・ω・) 跡継ぎ、切れ味良い喋り口、美形って三点は、被ってはいると思うんだよ

「ゲゲ、海賊の村って」
「ん?」
 何か、シスが変な声を出さなかった?
「どしたのさ」
 まさか、一応、同じ賊としてのシンパシーか何か?
 それとも、義賊としての名声が凄いみたいだし、嫉妬的なものがあったりするの?
「いや……ちょっと知り合いが居るって言うか、何て言うか」
「知り合い?」
 もしかして、賊の世界って、僕が思ってるより小さなものなんじゃなかろうか。
「ほら、あたし、七歳から義賊の爺さんとこで暮らしてさ。三年前に死んでからギルドに所属したってのは話したでしょ?」
「ここにも、結構、苦労続きの人生を送ってる人が居た」
 う、そんな言い方されると、父さんは居なくても、十一歳まで兄さん、母さん、爺ちゃんと暮らしてた僕が悪いみたいじゃない。
「ま、そのこと自体はどーでもいいんだけどさ。
 七歳から十歳の時に、もう一人、年上の助手が居たんだよね。いわゆる兄弟子、いや、女だから姉弟子かな」
「そこら辺は、初耳だね」
 別に、わざわざ触れることじゃないと言えばその通りなんだけどね。
「でさ。その人、爺さんと微妙に反りが合わなかったみたいで、五年前に飛び出した訳。
 まー、ちょいちょい手紙くらいはくれたから、絶縁状態ってレベルでも無いんだけどさ」
「『その人』なんて言い回しするからには、シスともそんな仲良くなかったの?」
「んー、どうだろう。とりあえず、手紙を貰っても積極的に返事しないくらいの関係かな」
 それは只の筆不精なのか、本当に仲が悪いのか、微妙に判断に困るなぁ。
「んで、その姉弟子さんが海賊の村に居るっていうことになるのかな」
 話の流れから判断すると、そう取るしか無いんだけど、シスのことだし、或いは他の可能性も――。
 つー訳で、恒例、-keighさんのイラストのトップ絵の線画です。もう、年頭って感じでもないですが、まあ、色々と順繰りということで。

( ・ω・) 人形の方は、腹黒キャラなんですよね、分かります

 慎ましさは美徳というけれど、案外、世の中、図々しい人のゴネ得がまかり通る。良いことかどうかの議論は、ここでは置いておくことにするよ。
「で、メロニーヤ様とクレインって、何処で修行してたの?」
「俺が素直に言うとでも思ってんのか?」
「いや、是が非でも吐いて貰うぞい」
 話に割って入ってきたのは、七大老の一人、アダムスさんだった。
「大賢者メロニーヤの所有物となれば、間違いなく天下の至宝。メロニーヤ様自身の行方が分からぬ今となっては、我らダーマ神殿が、責任を持って管理しようぞ」
「てめぇら、物乞いかなんかか!」
 まあ、客観的に見れば、クレインの怒りも尤もだよね。
「そんな態度をとって良いのかの?」
「あぁ?」
「余りに無下が過ぎると、金銭的援助を打ち切るぞい」
「うぐっ」
「……」
 ちょっと待ってね。考えを纏めるから。
「え、何、クレイン、ダーマに支援して貰ってるの?」
「しゃーねぇだろうが。旅をすんにも、魔道書を読むにも、先立つものは必要だからな」
 まあ、僕達だってアリアハンで資金援助して貰ったし、今はクワットさんがスポンサーみたいなものだから、大差は無いか。 
「それで、何で、ダーマ? どういう関係?」
「爺ぃが、昔、世話してやってたらしくてな。顔が幾らか利くんだよ」
「ちなみに、バラモスを倒して英雄になった場合、百倍返しということで纏まっておる」
「つまり、クレインがバラモスを倒せる確率は、百回に一回くらいと踏んでる、と」
「いかにも」
「したり顔で、何、無礼なこと言ってやがる」
 いやぁ。僕達が負けたら、こんな投資、灰燼に帰す訳だし、賭けてもらえるだけ、良いと思うんだけどなぁ。あ、自画自賛じゃないからね。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 5 7
9 10 12 14
16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索