忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

 熱湯と呼ばれるものがあります。文字通り、熱い湯のことを意味します。ネットウと読むことが多いようですが、アツユと読んで、お風呂などで温度が高めの状態を示す使い方もするようです。今回はネットウの方についての話なのですが、一体、何度から熱湯と呼んでいいものなのでしょうか。御存知の通り、水という液体は、大体0℃を下回ると氷という固体になり、約100℃を超えると水蒸気という気体になります。気圧やらの関係で、絶対的な数値ではありませんが。常温でも大気には一定量の水蒸気が含まれていますし。辞書を引いてみると、熱湯とは煮えたぎった湯のことらしいので、90℃は超えていないといけない感があります。しかし日常的には、とても触れ続けることが出来ないなら使って良い感じもあります。熱湯風呂というとバラエティ番組を思い出しますが、あれはせいぜい50℃くらいらしいですし。実は、全く熱くないって話も聞きますが。結局これも個人個人で解釈が自由で、当人が熱湯と思ったら熱湯なんだよとするべきなのでしょうか。言語ってのはつくづくファジーなもんだよなと、思ってしまう次第です。

(・ω・) よそは知らんけど、日本語ってルール適当過ぎじゃないですかね

【そこら辺は受け手側の判断に一任という名で放置されてるから】
白:んで、売り出し方とかアイディアあるの?
天:当面は学内とネットで良いのでは無いでしょうか。
  反応を見ることで、方向性の参考に出来るでしょうし。
ア:ネット動画って、男性が見ないように出来ましたかしら。
白:無茶を言うなぁ。
ア:児童向けフィルタリングがあるんですから、
 性別で選別するシステムがあっても良いと思いますの。


【むしろ若い内に流されておかないと免疫が出来なくなる説すらある】
白:うちの学校って生徒層が偏ってるから、判断材料になるかは怪しい気もする。
ア:息女を虜に出来れば、どの様な方でも自由自在ですわ。
天:ここまで自信満々に言われると、本当の様に聞こえますよね。
白:こういう人が時代のカリスマになったり、
 詐欺組織を作り上げたりするんだろうなぁ。
天:ある意味、アイドル業はその二つを混ぜ合わせたものなのでは。
白:成程、って納得しちゃった辺り、人間って騙されやすい生き物だよね。


【バイタリティって歪んだ感情からの方が強く生成されそうだよね】
ア:ところで活動拠点ですが、幽霊部を乗っ取ることを提案しますわ。
天:新規に部活動を作るのは敷居が高いですしね。
白:アルテミスの根回し能力なら、どうとでも出来るんじゃ。
ア:既存の幽霊部員をどうこうするのに、浪漫を感じますの。
白:もう好きにしてとしか言いようが無くなってきてる。
天:今後、どのような困難に見舞われようとも、
 前向きに乗り越えていくんだろうなというのは想像に難くありません。


【もう一つの世界じゃ女神なのに凄い言われようだ】
ア:洋裁部が三名しか居らず廃部の危機なのだそうで、快諾を頂けましたわ。
天:衣装の提供も約束したらしく、抜け目が無いですよね。
白:マネージャーが要らなすぎて、逆に怖くなってきた。
天:アイドルを辞めた後は若手を導く方に転身すれば、永久機関が完成しそうです。
白:もしかして私達、とんでもない悪魔を誕生させる手助けをしてるんじゃないかって、
 ちょっと頭をよぎらないこともない。

 ネットアイドルはインターネット黎明期から存在するそうですが、一人としてその名前を知らない辺り、アングラ感があって逆に良いものだと思えます。
PR

 トリックという言葉があります。英語のtrickをカタカナ語化したもので、元来は悪意を持って騙そうとすることから他愛のない悪戯などと、割と幅を持った意味があるようです。ですが日本語で使われる時は、推理作品に於いて犯人が容疑者から外される為に用いる技術的、或いは心理的ギミックのことを指すことが多いようです。仮にトリックという単語を禁止してミステリーを作れと言われたら、相当に苦労するでしょう。人を欺く策略という意味で、詭計、奇計、偽計などといった言葉があるようですが、どちらかというと戦場での戦術的謀略な使われ方をするのではないでしょうか。ちなみに、この三つがどう違うのかはイマイチ分かりません。一つの言葉を調べたり考えたりすると、さらなる疑問が湧いて出る。この無限ループで尺を稼ごうという魂胆です。

(・ω・) ここのネタは常に無いが、どっからでも拾ってこれる節もある

【ここのケースがちょっと特殊なだけじゃないですかね】
白:今更だけど、楽曲とか振り付けってどうするつもりなの。
天:衣装の問題もありますね。
ア:学内を探せば、有志の一人や二人は見付かるものですわ。
白:御都合主義って、良い言葉だなぁ。
天:この場合、色仕掛けで取り込む気なんじゃないでしょうか。
白:アイドルの裏舞台なんて目にするものじゃないって言うけど、
 どうも本当のことっぽいね。


【精神面の充足が上等ってのも偏った見解だよな】
ア:とりあえず何人かに声を掛けてみましたが好感触でしたわ。
白:この行動力と営業力があって、本当にアイドルが適職なのかどうか。
天:順番が逆で、女子にチヤホヤされる為だからこそ出せる能力なのでは。
ア:良い仕事には、良い報酬が不可欠ですの。
白:お金じゃない辺り、真のプロフェッショナル感がある。
天:愛の為と言い換えれば高尚な気もしてきますし、解釈なんて人それぞれですよね。


【それだと世の中が纏まらないから禁欲が是とされてる訳だけど】
白:お嬢様学校らしいし、色んな習い事しててもおかしくないって理屈はあるかも。
天:アルテミスさんにとっては優良な狩場という側面も無視できませんけど。
ア:受験、頑張りましたわ。
白:本当に、努力の方向性が偏ってる。
天:生命の維持が割と保証されている現代社会では、
 この様に己の欲望を全開にして生きるのが、むしろ健全なのかも知れません。


【あくまでも動物園的に檻の中でならの話じゃなかろうか】
白:考えてみたら、舞台装置、音響、照明と、やること盛りだくさんなんじゃ。
ア:それもツテがありますので問題ありませんわ。
天:アルテミスさんが始めたことですし、それくらいはしてもらいませんと。
白:あ、細かいこと考えるの辞めた。
天:こうなった以上、彼女が相当の資産家令嬢で、
 指先一つで私達を社会的に葬ることが出来ると言われても驚きません。
白:私的には、予想外の発言と行動ばかりで面白いから良いんだけどね。

 怪我で休養してた先輩が復帰したり、大会で賞を取った過去があるのにぷっつり活動を休止してるのが居たりと、この世から御都合主義というは消えてなくならないものなのです。

 カーストという言葉があります。元はインドに於ける身分制度や、その階層を意味するようです。転じて、縦型にカテゴライズされる集団の総称にも使われます。現代社会では何をトチ狂ったのか、人権主義だの平等主義だのが流行しています。しかし人は結局、他人の上に立ちたがる生き物です。経済力、権力、役職、住んでる土地、ブランド品や装飾品などです。馬鹿らしいと一蹴するのは容易ですが、それすらも自分は分かってる人種だと上から目線に浸りたいだけなのやも知れません。これらの争いから物質、精神の両面で脱却するには、山にでも籠もって自給自足をするしかありませんが、土地を持っていなければ不法に占拠していることになり、現実的には無理と言っていいでしょう。格差の解消とか耳障りは良いですが、底面が広く頂点が低いピラミッド構造を目指すのが本道だと思うのです。全ての人が地べたに立つような、真の意味で平坦化は不可能のはずですが、何故だかそっちを目指している節があります。そこいら辺の議論を詰めないとどうにもならんと考えているのですが、どうなんでしょうね。

(・ω・) まず、その手の連中は話し合いが出来ないのが業の深いところだ

【主人公っぽいのがラスボスに転向するパターンでありがち】
天:アイドルといえば、事務所のゴリ押しで得た映画の主演で、
 見た方が金を貰いたいくらいの残念な演技を披露するものだそうですが。
白:この捻くれた物の見方が、ちょっと面白くなってきたんだけど。
ア:アイドル関連で、何か嫌なことがあったかと勘繰ってしまいますわね。
白:あー、上り詰めるだけ上り詰めて、業界全部をぶっ潰す何かをしでかす的な。
ア:それはそれで愉快そうですので、止めたり改心を促したりはしませんの。


【具体的な改善案を提示するロッカーはちょっと見てみたい気がする】
天:そういった路線で人気を得られる可能性はありますかね。
白:ロックシンガーも社会をぶっ壊してやるぜとか言うけど口だけだし、
 分かってるファンと馴れ合う的なら有り得るかも。
ア:こうやって、アイドル業も先鋭化が進む訳ですわ。
天:隙間産業というやつに分類されるんでしょうか。
白:アイドルが好きなんて人は上っ面だけでも気持ちを共有したいもんらしいし、
 考え方としては正しい道の一つってことで。


【求められてるものを提供すると考えたら真のプロとも言える】
白:映画の話に戻るけど、うまかったらそれは女優扱いになるんじゃないの。
天:アイドルである以上、越えてはいけない一線があるんですね。
ア:匙加減が難しそうですわ。
白:百出せるけど、六十五くらいに留めておかないとダメな訳か。
天:先輩俳優達のメンツを潰さないことも大事ですからね。
白:学芸会くらいしかやったことないだろうに、
 この手の発言するのも中々のもんだよなぁ。


【結成数日の即席ユニットであることを忘れてはいけない】
ア:わたくし、中学で演劇部に助っ人を請われたことがありますわよ。
白:多分、見た目がお姫様っぽいってだけだと思う。
ア:実際に、ジュリエット的な役回りでしたわ。
天:まさにアイドル的で、いい経験だったのでは無いですか。
ア:女性ファンを獲得できると言っていたのに、実際は男が群がって迷惑でしたの。
天:そのブレなさに安心感を覚える辺り、私達は旧知の仲なのではと錯覚してきました。

 アイドル主演映画なんてロクに見たこともないのに好き放題言ってますが、世の中なんてそんなもんですよ。

 ゲンを担ぐという言い回しがあります。漢字だと、ゲンは験になるようです。縁起を考えて、少しでも良いと思える方を選択することを意味します。ゲン直しだと、運勢が下降線を描いていると感じた時に、上昇へと修正を図ることになります。勝負事の前にカツ丼を食べたり、受験や結婚式で特定の言葉を避けたりする行為が例として挙げられます。人間なんて気分で能力が変わる生き物ですから、実際に運というものを調整出来るかはともかく、行動自体が無意味とは言えないでしょう。ある程度信じ込まないと効果は無いでしょうけど。日本人というのはなんやかんやで、仏教と神道が生活に溶け込んでいる方が大多数なので、生まれてから一度としてゲンを担いだことが無いという人は殆ど居ないと思われます。冷静に考えたら意味の無い行為ですが、無駄こそ文化という私の考え方からすれば、安易に否定しきれないものがあります。

(・ω・) 何事も、他人に強要しだしたらアカンけどね

【容姿が中の上くらいでも戦えるらしいよ】
天:アイドルということは、トークの一つくらいこなせないといけませんよね。
白:一般的にはアイドルって、
 なんでも無難に出来るけど飛び抜けた部分は無い芸能人のことらしいし。
ア:白虎さんの恐れの無さは武器になりそうですわね。
白:愛着とか野心が全然無いから、いつ辞めても良いって思ってるもん。
天:『妹が勝手に応募しちゃって』と空々しく志望動機を口にすると聞いていますが、
 心の底から芸能界に興味が無い方は珍しいでしょうね。


【友達に付き合わされて辺りで濁せばいいんじゃないかな】
白:私に言わせれば、ギリギリ本音トークとか甘ったれてるね。
  もっと地雷原を歩いていく感じでいかないと。
天:調子に乗ってきましたね。
ア:こういう方だと知っていたからこそ誘いましたの。
天:アイドルになったキッカケを聞かれた時、
 そのまま話していいものか悩みどころになりそうです。


【万人の目に晒して白けさせないって大変なことだから】
天:バラエティ番組の面白ゲーム用に、リアクションの練習もしないといけません。
白:粉まみれになったり、滑り台を落ちてく的なやつかぁ。
ア:定番は抑えておきたいですわ。
白:声と動きを大きくすれば良いのかな。
ア:わざとらし過ぎない且つ、深刻にならずに済むギリギリのラインを見極めてですの。
白:そんな職人芸を、こんなところで消費することに疑問を覚えるなぁ。


【アルテミスが常識人枠かと言われるとそれはそれでどうなんだろう】
天:では足ツボをマッサージする真似をしますので、痛がってみてください。
白:お題に面白いこと返すみたいになってきた。
ア:ふんぞり返って足を差し出す感じにすればいいんですの?
白:コーナーの趣旨が変わっちゃうんじゃ。
天:アイドル番組でしたら内輪受けが本体みたいなものですし良いんじゃないでしょうか。
ア:毒舌担当が二人居るというのは、ちょっと偏った編成ですわね。

 毎度、大して詳しくもない業界をネタにしていますが、そういった人の方がはっちゃけた展開に出来るものらしいですよと、ナースの時にも書いた気がすることを言っておきます。

  彼女たちのユニット名、『トリ・アステール』は、やっぱりこの手のネタをやる以上は必要だよなということで考え出したものです。アルテミスと天照という月と太陽の女神が居るので、星にちなんだものにしようというのは自然な流れで決めていました。そうなってくると白虎がなんやねんという話になるのですが、他に星関連の登場人物は月読くらいしか居ないので、難しく考えるのはやめにしました。そしてツインスターズというのが真っ先に出てきたのですが、ググってみたら有名な版権キャラクターでした。ならいっそ何の関係もないロシア語にしたらどうだと考えたのですが、別に面白くも無いなと取りやめにしました。そういやアルテミスがギリシャ系って設定があったので、星をギリシャ語にしたらどうなるのと思って調べてみたら、アステリ、もしくはアステールとあったので、使えるんじゃないかとなります。当初は、トリアド・アステールだったのですが、どうもトリアドはギリシャ系の英語で、ギリシャ語としてはトリの方が一般的っぽい感じなので、こう落ち着きました。まあ本編でも触れた通り、ギリシャ語を喋れる訳でもないお嬢さんが辞書を片手に考えたという体なので、合ってるかどうかは知ったこっちゃありませんと言い訳は用意してあります。一応ググってみましたが、完全一致はなかったので、世間的にも大丈夫ってことにしておきましょう。とまあ、ここまでは良かったのですが、考えてみたら何処ぞの三つ子のユニット名というか、チーム名的なものがスリースターズだったというのを書いた後で思い出しました。言語を変えただけで印象が変わるなぁと、他人事の様に思うことで、ネタ被りから目を背けることにしようと思います。

(・ω・) 要は、前回の問答の半分くらいが私の脳内過程ってことである。

【テンション上がってくると歯止めが利かない子ですので】
白:ってか、アイドルってそもそもなんなのさ。
ア:定義ということですの。
天:考えてみましたら、派手な衣装で歌って踊る、
 ステレオタイプなイメージしか湧きませんね。
白:作家と同じで自称したらなんて甘えた回答は聞きたくないから。
天:何故そこまで強気なのか、そちらについても伺いたいところです。


【サブタイトルにロードオブアイドルとでも付けておこう】
白:この際、何があったらアイドルで、
 何が抜け落ちたらアイドルじゃないのかハッキリしておかないと。
ア:難しい設問ですわね。
天:ですがアイドルを目指す以上、避けては通れない気もします。
白:むしろ、最終回近くになって答を見付けるのが定番な感じもあるけど。
天:それはアイドルものに限らず、スポ根系全般に言えることでしょうね。


【自分が自分のファンである場合はどうしたら良いんだろう】
天:そもそも、持て囃されれていれば歌手である必要すら無い気がします。
白:スポーツ選手も、顔が良ければ実力が微妙でもアイドル扱いだもんね。
ア:となると、不特定多数に持ち上げられてることになりますの。
白:赤の他人でなくても良いんじゃないの。
  我が家のアイドルみたいなのも聞いたことあるし。
天:もはやなんでもありすぎて、一人が信奉していればが最低条件になりそうです。


【そこらのオッサンが十でトップアイドルが千とかかな】
白:そういや動物にやたらと好かれる人って居るけど、あれも一種のアイドル?
天:人間以外にまで広げてきましたか。
ア:となりますと、微生物やウィルスも含めないといけませんわ。
白:ここまで来たら世界中の誰もがアイドル扱いになりそう。
天:アイドルは強弱であって、全ての人類が因子を持っている。
  レベル制にでもして、明確に数値化をすれば分かりやすいやも知れません。

 ネタに困ったら定義論争で場を繋いでおけと、心の師匠が言っていたような気がします。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2019/02 03
S M T W T F S
2
4 5 7 9
11 12 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索