忍者ブログ
[2165] [2164] [2163] [2162] [2161] [2160] [2159] [2158] [2157] [2156] [2155]

 コブとり爺さんという童話があります。記憶が曖昧で、なんで最後に意地悪爺さんのコブが二つになったのか忘れかけていました。たしか、温厚な方の爺さんが酒席の盛り上げに成功して外してもらって、底意地が悪い方が場を冷めさせて両頬にくっつけられたんでしたっけ。宴会芸の一つもできないと居場所を得られないのは、古来から日本の伝統のようです。
 それにしても、日本人は本当に鬼が好きなんだなとも思わされます。敵役であることは多いですが、西洋で似た立ち位置の悪魔と比べて、妙な人間味があります。泣いた赤鬼なんて感動ものまでありますし。結局、人間の延長線上というか、異民族や敵対勢力として鬼が比喩的に用いられてるという話なんでしょうね。桃太郎なんかも、略奪された領土やらを、気鋭の若者が取り返しに行く物語としてみれば、あのやりたい放題感も納得できるというものです。

(・ω・) 英雄の出自に伝説はつきものだから、桃から生まれた設定も合理性があるな

【賞味期限間近の非常食消費でテンション上がるタイプ】
岬:籠城時の備えとして、壁に干瓢を埋め込んだり、
 畳の芯に里芋の茎を使う方法があるらしいですね。
綾:その類の対策は行っていますが、いざという時まで食べないでくださいまし。
岬:ですが、特に何でもない時に食べると、逆に御馳走感が出ませんか。
綾:なんでしたら、今晩から緊縮仕様の、慎ましい食事を用意してもいいですわよ。


【面白そうだから記録に残しておこう】
岬:日頃から運動不足ですし、体型維持の帳尻合わせにはいいかも知れませんね。
綾:筋肉も落ちれば、見るも無残なことになる一方ですわよ。
岬:こう、寝転がったまま鍛える方法ってありませんかね。
  いっそ眠りに就いた状態でもいいんですが。
綾:人は何百年経とうと同じことを言い続けていそうで、
 進歩の無さを感じる発言になりそうですわね。


【指揮権の一本化という意味では入り込む余地がない】
岬:四天王制度とか作って、その枠に入れるよう、
 家臣に切磋琢磨を促すってどうですかね。
結:典型的な、しなくてもいい仕事を増やす上司を見た気がするでござる。
綾:どれほど奔放な発言をしようとも、採用しなければいいだけですわ。
岬:視点を変えてみれば、私が何を口走ろうと、
 最終的には、決定を下す一柳さんが全責任を負うということですよね。
綾:余計な言質を取られた気がしましたが、考えてみれば現状そのままですわね。


【三国志の廖化とか長生きし過ぎで代替わりしてる説が根強い】
岬:ところで、三つ子ちゃんを入れる場合、一枠なのか三枠なのかの問題が残るんですが。
海:はっはっは、御無体なことを。
舞:しかし、親子二代が同一人物として記録されてる例もあるらしいですし。
結:後世に一纏めにして扱われる可能性を、ひしひしと感じ入ってしまった。
岬:そっちも現状と何が違うんだと、残酷なことを言ってはいけない流れですかね。

 食べられる城として有名らしい熊本城ですが、再建時に再現したんですかね。まあ、食用になるといっても、400年前の、しかも最後の手段という時点で、味に関しては期待しない方がよさげです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4 6
8 9 11 13
15 16 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索