忍者ブログ
[1699] [1698] [1697] [1696] [1695] [1694] [1693] [1692] [1691] [1690] [1689]

 前原総理が誕生しそうだという話を聞いて、ふと思う。民主党って、もしかして破滅願望持ちなんじゃないですかね。自分をこの世から消滅したいと心の何処かで願ってないと、こんな暴挙は出来ないでしょ。戦後最低総理コンビもそうですが。
 と言うか、一昔前のラノベやゲームみたいに、一人で死ぬのがやだから世界も滅ぼしてやろうとか考えてるんじゃないかとすら思えてきます。政策的に考えると、日本がせいぜいなんですが。『うっさい、一人で死ね』と言って叩き殺すのが、王道の展開ですよ。

( ・ω・) 解散後の一票が、民主党の息の根をプッツリと

「ボブ……ひょっとして、奥さん、メアリーって人じゃないの? たしかエルフだった様な」
「知ってるんですか?」
「ええ、さっき、ここに来たことがあるって言ったけど、多分、その時にね」
 世界は、広いんだか、狭いのか、たまに良く分からない。
「ところで、それっていつ頃の話です?」
 たしか、あの二人がノアニール地方から駆け落ちしたのが、十二年くらい前の話だったと思う。当時はまだ、遠距離航海する人も少なからず居たから、数ヶ月もあれば辿り着ける計算にはなる。その前に、どこかしこをうろついてた可能性は否定できないけど。
「たしか、八年くらい前だったかしら。剣を習い始めて一年くらいの時期で、お転婆お嬢と言われて、将来を心配されてた頃ね」
 正直、クリスさんの過去については、次の機会で良いです。
「ジョン君は会いました? まだ赤ん坊だったのかな?」
 大体、十歳弱くらいかとは思ってたけど、あの年頃の子は個人差が大きいから、七歳くらいかも知れないし、逆にもうちょっと上かも知れない。
「そのこと、なんだけどね」
 クリスさんの双眸が、何やらこの世でない場所を見ているかの様に、冷めたものとなった。

 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 5 7
9 10 12 14
16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索