忍者ブログ
[2397] [2396] [2395] [2394] [2393] [2392] [2391] [2390] [2389] [2388] [2387]

 銭ゲバと呼ばれる言葉があります。ゼニゲバと発音するのが一般的です。だいぶ廃れつつありますが、金銭に対する執着が物凄く、犯罪的な手段に訴えてでもという強い信念というか、強固な意志を持った人を意味します。意外にも割と最近の造語で、1970年にマンガ家ジョージ秋山氏が発表した同名作品から広がったのだそうです。ゲバは暴力行為を意味するドイツ語、ゲバルト(Gewalt)からきているのだとか。内ゲバやゲバ棒なんかも、同じ語源です。学生運動が盛んな時期で、何かを主張する際に武力行使をするのが流行っていました。内ゲバは暴行を含む内輪揉め、ゲバ棒は機動隊などに対抗する為に用いられた武器としての棒を指します。まあ、何でドイツ語やねんという疑問は残りますが、時代に関係なく若者を惹き付けるものがあるのでしょう。英訳は中二病の初期症状、独訳こそが本格化と言われれると、納得できるものがあるような無いような感じです。

(・ω・) ギリシャ語化したトリ・アステールは、セーフってことだな!

【むしろ偏屈こじらせた爺さん婆さんは少なくない訳で】
月:黄龍って、死ぬよな?
黄:物凄く基本的な再確認をされたんだよぉ。
月:いや、我々神族にとっても一万年以上生きてるとか意味分からんし、
 もしかしたらそういうの超越してるんじゃないかとだな。
黄:経験則でしか物を語れない、月読らしい視野の狭さなんだよぉ。
月:私もさりげに結構な長生きだけど、
 だからといって客観的視点が身に付くかは別の話だ。


【少なくても月読に出来る芸当じゃないのは分かる】
黄:生理年齢が変わらず長命なだけで、不死身って訳じゃないんだよぉ。
月:蛇って、首ちょん切っても噛み付いてくるから油断ならんよな。
朱:黄龍さんも、三秒くらいなら頭を取り外しても平気そうですよね~。
月:目を見開いて、『とっとと戻すんだよぉ』くらいは言いそうな感じがある。
黄:ギャグ空間って便利なんだよぉ。
月:剣の達人がスパッと斬ってすぐさま合わせるとくっつくって都市伝説あるし、
 ちょっと試してみたいなぁ。


【好奇心が殺すのは猫だけとは限らないものさ】
月:半分に切ったら二匹として再生する動物ってちょいちょい居るし、
 黄龍も可能なんじゃないかって気がしてならない。
朱:そういうのって、自我はどうなるんですか~?
月:二羽になって戻ったことがある朱雀がそれを言うのか。
朱:あの時のことはふわっとしてて、良く憶えてないんですよね~。
黄:意識というものがどうやって誕生したのか知る手がかりになりそうで、
 これ以上触れるとヤバイ匂いしかしない辺りが朱雀なんだよぉ。


【百科事典丸写しっぽい辺りにペラさが滲み出る】
月:この際だから、どれだけのことをしたら死ぬのかハッキリさせておくべきじゃないか。
黄:クマムシ扱いはやめて欲しいんだよぉ。
月:クリプトビオシスと呼ばれる極度に乾燥した休眠状態だと、
 異様なまでの耐性を持つ緩歩動物のことだな。
  絶対零度に近い超低温や真空に高圧、放射線にもやられない超スゴイヤツだ。
黄:謎の語りが入ったんだよぉ。
朱:自分が知ってることを声高に喋りたくなる辺りも、精神的に未熟ですよね~。

 ボチボチ、黄龍達の話を書き始めて十五年が見えてきている気がするのですが、さりげに黄龍自体の掘り下げは大してしていないように思われます。朱雀並に謎の生き物なんじゃないかという気もしますが、だよぉだよぉ鳴く、達観した感じがあるツッコミ担当という認識でさほど困らないのが困りものです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 5 7
9 10 12 14
16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索