忍者ブログ
[2311] [2310] [2309] [2308] [2307] [2306] [2305] [2304] [2303] [2302] [2301]

 中学高校の修学旅行の定番の一つに京都があります。文化財の宝庫であり、観光客への対応にも慣れているということなどが理由に挙げられるでしょう。一方で、東京を中心とした首都圏も対抗馬として浮上してきます。江戸期以前の関東は、さして開けた土地ではありませんでしたので歴史に触れるという意味では弱い部分があります。反面、十代の少年少女が喜びそうな遊び場所には事欠かないという特徴は見逃せないでしょう。元来、日本の中心は京都周辺の近畿地方であり、おのぼりさんとは、それ以外の地域からやってきた人を意味しました。今では都会に来た田舎者全般を指します。修学旅行先として京都と東京、どちらがピンと来るかで文化圏が分かるのかも知れませんね。

(・ω・) 単純な東西日本だけで分割されない、複雑な感じになりそう

【ナースが増えて緩和されたら生産性が落ちかねないのか】
玄:この仕事をしていますと、人間の身体の脆さを実感しますよね。
  栄養失調や睡眠不足、過剰に仕事をする程度でガタがくるんですから。
マ:ウチ、網羅しとるけど健康そのものやで。
メ:なんで定期検診で引っ掛からないんだろう。
玄:強靭な精神の持ち主は肉体の不都合など超越することがあるようですが。
マ:寝込んでもたら仕事溜まってまうやんの一点で維持しとるところはあるな。


【扱うものが変わるだけでネットワークは残るものなのよ】
玄:将来、肉体の一部を培養できる時代が来るとして、
 それにすげ替えるというのは、人類にとって幸せなことなんでしょうか。
マ:パソコンパーツみたいにグレードアップしてくんは楽しそうやけど。
メ:装飾品じゃなくて、身体のランクで見栄を張り合うという話。
マ:最新型の心臓が闇ルートで売買される訳やな。
玄:健康な内臓がブラックマーケットで流通しているそうですし、
 現状とあまり変わらないのが物悲しいですね。


【桜が散った頃にようやく春の訪れを認識する生活はもう嫌だ】
マ:季節感が欲しいねん。
メ:患者さんの気晴らしに、お正月、節分、バレンタイン、七夕、
 ハロウィン、クリスマスなんかのイベントこなしてるけど。
マ:そないな、ネタに困ったマンガみたいなんは白々しい思わんか。
玄:半ば引き籠もりのような生き方をしていると、言うことが違いますね。
メ:十時間以上の大手術に付き合うこともある、
 スタミナお化けみたいな病院ヒッキーだけどね。


【制服の生地の厚さを変えるのが精一杯だった】
玄:空調が完璧過ぎて外気温の変化に鈍感なのがいけないのかも知れませんね。
マ:エアコン切ったらええんか。
メ:病院でそれは難しいなぁ。
玄:患者さんの付き添いなど、表に出る機会を増やしてみるのはどうでしょうか。
メ:仕事から離れて四季を満喫するって選択肢が無いのが困ったものだと思う。

 なんか毎年言ってる気もしますが、黄龍ちゃん本編以外は初秋から初冬に掛けてしか書かないので季節ネタは盛り込みにくいものがあります。そういや今年も、こっそり朱雀の誕生日が過ぎてしまいましたね。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
5 6 8 10
12 13 15 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索