忍者ブログ
[2039] [2038] [2037] [2036] [2035] [2034] [2033] [2032] [2031] [2030] [2029]

 ギリシャ神話には、セレーネという女神が居ます。担当は、月です。え、アルテミスじゃないのという感想はありましょうが、どうやら本家はこちらのようです。神話業界ではよくある、後に同一視されて統合してしまったパターンのようです。アルテミスを登場させることは、去年、アルテミスと月読は本当に格差が酷いなと書いた時点で大体決まっていたのですが、調べてみるとこんなのが居るという事実に突き当たってしまいました。黄龍ちゃんのコンセプトからすれば日陰者のセレーネにすげ替えるという案もあったのですが、黄龍、月読、玄武と来て、これ以上は要らねーだろうという気もしたので取りやめました。この三人とキャラが被らないようにするには、かなり陰気な感じにするくらいしか思い付きませんでしたしね。きっと盛り上がらないに違いないと、見切り発車でキラキラ輝くお嬢様、アルテミスのままで行くことにしました。これが吉と出るか凶と出るかは、数ヶ月後にははっきり分かってしまうことです。野球選手ならドラフトの成否は五年は見ないと分かりませんが、創作業界のなんと残酷なことかと、思い知らされる次第です。

(・ω・) 大体は書いてるお前の匙加減じゃねーかと言われると、そうかも

【古来より性転換ネタは紳士淑女の嗜み】
月:アルテミスの逸話といえば、水浴を覗き見しようとした男が居たんだが、
 罰として女に変えてしまったとか聞いたことあるな。
朱:な、なんですか、それは~。
ア:男に見られてしまうのが問題であれば、性別を変えてしまえばいい。
  実に合理的な処罰であったと、今でも思っているのですけど。
黄:肉体を変化させようと中身は男のままじゃないかと言いたいけど、
 アルテミスがそれで納得できるなら、これ以上は踏み込まないでおくんだよぉ。


【性格が絶望的なのか男として見られてないのか】
月:閃いた。その元男、今度はアポロンを覗いて男に戻してもらえばいい。
黄:ややこしい話になってきたんだよぉ。
朱:それは倫理的にどうなるんですかね~。
ア:兄は私と違って惚れやすいタチですから、そういった展開にはならないでしょうね。
月:言われてアポロンが、ギリシャ神話の失恋王子であることを思い出した。
朱:家柄が最高で顔が良くても、女の子にモテるとは限らないんですね~。


【妥協点としてぬるま湯で禊をしようか】
ア:朱雀ちゃんも一緒に水浴びをしますか?
朱:私は火属性ですから、冷たい水はダメなんですよ~。
ア:実に残念です。
黄:そういえば、アルテミスはその貞淑さが極まって、
 女の子を好きなんじゃないかって疑惑があったんだよぉ。
朱:そ、それをこのタイミングで言う必要性はありますかね~。


【針供養的な発想なのかも知れない】
月:神様人生でたった一度、
 ポセイドンの息子であるオリオンと恋仲になったというのはガセだったのか。
ア:色々な伝わり方をしているようですが、私が射殺したというのは事実ですね。
黄:サラッと言いやがったんだよぉ。 
ア:私達の神話では、星座になれば報われるという考え方ですから問題ありません。
黄:常々、星座になったからなんなんだと思ってはいたけど、
 こっちも本人がセーフと考えているなら触れないことにするんだよぉ。

 アルテミスの水浴を覗いた男にはもう一つパターンがあります。猟師だったのですが、鹿に変えられて、連れていた猟犬に食べられてしまうというものです。こっちは笑えるように転がせる気がしないので、今のところ無かったことになっています。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 5 7 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索