忍者ブログ
[2142] [2141] [2140] [2139] [2138] [2137] [2136] [2135] [2134] [2133] [2132]

 犬と猫はペットとしての習性があまりに違います。その最たるものの一つが承認欲求でしょう。犬は集団生活を本能に刻み込んでいる為、飼い主に認められたがる傾向が強いそうです。一方で猫は、単独で狩りをする種が多く、独力で生きていけるので必要以上に媚びません。警察犬や麻薬探知犬、盲導犬など、働く犬は多いのに、猫は相変わらずネズミ狩りくらいしかしないのは、そういった理由が強いのだそうです。こうやって書くと、ニートが働かないのを擁護しているようにも見えますが、そんなに大差はないに違いありません。働かなくたっていいじゃない、見た目と愛嬌だけで養ってくれるんだから。

(・ω・) 人間でこれが許されるのは、どれほどの水準なんだろうな

【その時はその時で綾女にぶん投げればいい】
綾:領内の道路網を整備したいと考えますの。
岬:まー、いいんじゃないですか。頑張ってください。
海:一大事業が、こんなノリで承認されていいのだろうか。
結:しかし、この関係性でうまいこと回ってる訳だし。
舞:しくじったら鬼の首を取ったように叩くということにしておこう。
岬:何か先々面倒なことになりかねない要素が出てきましたけど、
 先送りの達人として気付かなかったことにします。


【調子に乗って馬脚を露わす好例だった】
結:しかし、山だらけの我らが領土に道を作るとは、これ如何に。
綾:山が多いからこそですわ。主要道を押さえ、兵站を滞りなく行うことで、
 四方の連携を密なものに致しますの。
海:血の巡りをよくすることで、活力を得るようなものでござろうか。
綾:あながち間違ってませんわね。
舞:もしくは、川の流れに逆らって歩くことで足腰を鍛える的な。
綾:それは概ね外れてますわね。


【耐震装置みたく作動しないに越したことはない】
綾:力の余ったゴロツキ共を大人しくさせておくには、
 こういった仕事で管理下に置いておくのが最善ですわ。
岬:相変わらずの手腕ですよねぇ。
舞:働かない理由が増えていく様を目撃してしまった。
岬:私が動くと、下が落ち着かないからこれでいいんです。
結:たしかに、どれほど差し迫ってるんだと思ってしまう自分が居た。


【どんな道にだって奥深さはあるに違いない】
海:しかし、道路の公共事業など無駄の極みみたいな風潮があったが。
舞:ちゃんとすれば、有用なものなのだなぁ。
綾:大概のことは、そのちゃんとするのが難しいのですわ。
岬:軽く嫌味を言われた気もしますが、考え過ぎということにしておきます。
結:ニートとは、被害妄想が激しい生き物であるとかなんとか。
岬:それを補って余りある無気力さで、今日も堕落道を邁進する訳です。

 ローマ帝国が一大強国たりえたのは、群を抜いた道路網の整備が一因だったとも言われています。なにせ年がら年中叛乱を起こされる国なので、すばやく軍を動かさないといけないのだとか。まずどうにかにして叛乱を起こさせない方向には、持っていけなかったようです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 5 7
9 10 12 14
16 17 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索