忍者ブログ
[2095] [2094] [2093] [2092] [2091] [2090] [2089] [2088] [2087] [2086] [2085]

 マリー・アントワネットは、例のパンがどうたらとは言ってないという説が濃厚になっているようです。なんというロマンが崩れ去る話でしょうか。ティラノサウルスがハイエナに近しいスカベンジャーであるというのが定説になりつつあるくらいガッカリしてしまいます。フランス革命という、民衆にとって正義の戦いの槍玉に上がってしまった以上、分かりやすい悪役が必要だというのは理解できます。その結果生まれたであろう架空の台詞な訳ですが、歴史なんてそんなもんと言われてしまえばそんなものです。劉備は親子二代で半世紀以上も中華を混乱させたトリックスターですし、坂本龍馬は単なる武器商人です。歴史は、歴史学者と小説家が作るというのが私の持論なのですが、下手に名を残すと、イメージを延々と押し付けられて大変だなぁと、思わなくもありません。刻めやしない立場だから、気楽に言ってる感もありますけどね。

(・ω・) 武則天が正当に評価される日が、来るのか来ないのかはっきりせぇや

【排出機能がぶっ壊れてるとすれば辻褄は合う】
猫:なーぐる。
朱:『古来より、火を神聖視する宗教は多い。
 しかし現実に炎を司るのがこれっては、皮肉な話じゃないか』ですって~。
白:聖獣とか神様の力の源って信仰らしいけど、
 その集合体である朱雀がこうなっちゃうってのは、たしかに変な話かも。
黄:むしろこの小さな身体にそんなものを溜め込んで渦巻いた結果だと思えば、
 理に適うとまではいかなくても、なんとなく納得は出来るんだよぉ。


【どうにかしての部分の難易度が高すぎる】
猫:ふみゃあ。
朱:『いいことを思い付いた。火に関する信仰をどうにかして俺に集めれば、
 強大な力を得ることが出来る』と言ってますが~。
黄:理論上は可能なんだよぉ。
白:全国民から一円ずつ集めれば大金になるってのと似た話に聞こえるんだけど。
黄:ぶっちゃけ、それが結論で何の問題も無いんだけど、
 面白そうだから、ここからどう転がすのか眺めるのが紳士淑女の嗜みなんだよぉ。


【敵の敵もやっぱり敵だ理論は破滅への第一歩】
猫:うるにぃ。
朱:『逆に、逆にだぞ。信心の力がこいつに向かっているのではなく、
 吸引しているのだと考えればどうだ?』と主張してます~。
白:逆にって付けて論理展開する時って、自分でも無理筋だって分かってるよね。
黄:とはいえ朱雀だけに、その無理が通りかねないのが厄介なんだよぉ。
白:逆の逆が正位置になるとは限らないのが、
 朱雀が時空を歪めてるとまで言われる由縁だもんねぇ。


【レベル一でラスボスに立ち向かうくらいの無謀感】
白:ってか、朱雀が掃除機みたいに信仰心を吸い上げてるって話は面白そうだね。
  世界中を行脚したら、焼畑農業みたいに荒れ地しか残らなそう。
猫:うまーお。
朱:『荒廃した大地に燦然と降臨することで、真の宗教統一が成せる訳だな』だそうです~。
黄:たしかに仮説が正しければ対宗教最強兵器と呼んでも過言では無いのだろうけど、
 寓話みたいに、しっぺ返しで痛い目を見るオチしか浮かんでこないんだよぉ。

 何で聖獣共が円なんて単位使ってるんだよという気もしますが、日本語での意訳ということで深く考えないでください。その国々での最小単位に脳内変換すれば丸く収まるというものです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4 5 7 9
11 12 14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索