忍者ブログ
[1706] [1705] [1704] [1703] [1702] [1701] [1700] [1699] [1698] [1697] [1696]

 日本には、何度か副総理という肩書きを持つ大臣が誕生していますが、そんな役職は公式には無いそうです。一応、内閣法では、総理に何かあった時の為に、そういう人を設定できることになっているらしいのですが、非常時の総理代行は官房長官が筋ですよね。いざって時の為に、日本から殆ど離れない人ですし。実際、震災直後は総理がアレすぎて、枝野氏が実質総理でしたし。何の為の女房役だ。大臣とか、考えがかなり掛け離れてるのも居るんだから、このシステムが必要な理由が分からないのです。
 結局のところ、箔付けの為の、ほぼ自称みたいなもんですから、ハイパーメディアクリエイターと同レベルってことですよね。今度誕生したら、そういう目で見てやって下さい。

( ・ω・) スーパーベジータに通じる、何か凄い感があるよね

「皆様、お元気でしょうか。元ポルトガ兵にして、勇者アレクの剣の師匠を務めさせて頂いているダニエルです。今は海の男として充実した時を過ごさせて頂いております。まあ、女性関係以外に限りますが」
「帰って早々、どういう立ち位置で喋ってるんですか」
 本当、この人は大人だというのに。
「さて、これが不肖の弟子、アレクです。魔法の才覚は間違いなく抜群。時代が安定し、キチンと世に出る機会さえあれば、天才少年として世間に知られたことでしょう。ですが時代はそんな彼を許さず、勇者の息子や弟であることを求めたのです」
「何で他人に、僕の半生を振り返られてるんだろう」
 段々と、自分の立ち位置が危うくなってくるのが興味深いような、恐ろしいような。
「そして、ここからが本題。そんな偏った力を持つこの男にも、戦闘とは別の才能があったのです。そう、何故か女をやたらめったと引き込む能力。男ならば欲しいと思うような、むしろ怖いような、良く分からないものではあるのですが」
「それが言いたいが為に、随分と長々と喋ったもんですよね」
 ああ、ついさっき魔王軍幹部と争った空気感が、既に何処にもないや。
「数日の旅を終えて帰ってきてみりゃ、何で女が二人も増えてやがんだ」

 


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 5 7
9 10 12 14
16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索