忍者ブログ
[2223] [2222] [2221] [2220] [2219] [2218] [2217] [2216] [2215] [2214] [2213]

 ハラワタと呼ばれるものがあります。教義では小腸や大腸、広義では内臓全般を意味します。漢字では腸の一字で表せるので、ややこしくなる時もあります。音から察するに、お腹に入ってる詰め物的な意味の綿で、ハラワタなのでしょう。腸が煮えくり返る、といった慣用句はまだ辛うじて現役感がありますが、内臓としてはそろそろ古語の域に達してる気もします。魚の内容物をワタと表現する方も、めっきり減ってきたのではないでしょうか。単に御家庭でそういった作業をする機会が減っているだけの気もしますが。まあ、このわたのように珍味として知られているものもあるので、細々と生き残っていきそうな言葉ではあります。

(・ω・) むしろ、この部分が何を示しているのか分かりづらい

【聖地と聞いて何を思い浮かべるかで人間性すら分かる】
青:こんなところで、何をしているのですか。
玄:黄龍さんのところでの歓談は、
 四神の福利厚生の一環として認められていると解釈しています。
黄:どんどん、我が家が訳の分からない場所になっていくんだよぉ。
玄:聖地とは、他者が勝手に盛り上げるものと認識しています。
黄:その点は別に反論する気は無いけど、
 当事者になってしまった面倒さ加減については大量の愚痴があるんだよぉ。


【発言の信用度は複合的要因で導き出される】
青:何を油を売っているのか、という意味ではなく、
 つい先程まで、朱雀が職場に居たのを確認しているのですが。
朱:それはありえませんよ~。
  昨日はここに泊まって、今日はずっとダラダラしてましたから~。
黄:それはそれでどうなんだよぉ。
白:この場合、朱雀が何かを勘違いしてる可能性と、
 働き過ぎの青龍が幻覚を見てるので、拮抗してる感があるよね。


【人格的にせよ生物学的にせよ誰にも分かりそうもない】
玄:ひょっとして、もう一人の朱雀さんが発現したのでしょうか。
黄:分裂した過去もあるし、別段、新しい展開でもないんだよぉ。
朱:私が認識してないのは一大事だと思いますけど~。
白:じゃあ、さりげにこっちが偽物?
朱:本当の私って、なんなんですかね~。
黄:一般人にとっても難題極まりないのに、朱雀の定義なんて設問は、
 アカシックレコードにすら解答を拒否されると思うんだよぉ。


【百年単位で見れば文学的な趣を評価されるかも知れない】
白:んじゃ仮に、職場で目撃された朱雀を朱雀ベータとしようか。
朱:ダッシュ辺りじゃないんですか~。
玄:古式ゆかしく、朱雀改というのはどうでしょう。
黄:すげーどうでもいいところで熱くなってるんだよぉ。
青:普段から、こんなものです。
黄:この、生産性の無さが極まってるところに悲観しかけたけど、
 文化の本質はこういったところにある気もするんだよぉ。

 誰かと入れ替われる偽物が出てくるというネタは定番ですが、朱雀の場合、なにかしら変わった転がし方ができるような気がしました。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 5 7
9 10 12 14
16 17 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索