忍者ブログ
[2076] [2075] [2074] [2073] [2072] [2071] [2070] [2069] [2068] [2067] [2066]

 陸上動物の大半は、水を摂取しないと生きていけません。同時に、塩分も必要なものがほとんどです。以前にも書いたことがあるようなのですが、だったら海水を飲めるようにして、余分な塩化ナトリウムだけ排出する機能を搭載すれば、もうちょっと楽に生き残れたはずなんですよ。しかし、海水を飲用とできる陸上動物は、あまり居ません。元々、海から陸に上がったはずなのに、そのシステムがすっかり失われているというのは、中々、謎な部分だとは思います。もしや限られたソースを奪い合わせることで生存競争を加速させているのではと勘繰ってしまう程です。まず、雨という大規模蒸留装置が無ければ真水なんて生成されませんからね。視点を変えれば、海という親から独立していくという気概を感じなくもありません。と同時に、海産物は仕送り説が浮上してまいりました。海の幸が大好きなあなたは、もしかするとマザコンの気があるのやも知れませんよ。

(・ω・) 心理テスト並に無茶な理屈だけど、敢えて撤回はしない

【これだけ何でも食す動物は他に居ないはず】
白:料理って、たまにやる分には楽しい趣味だと思うんだよね。
黄:火も使い慣れると、無限のバリエーションを生むんだよぉ。
玄:燃え盛るものは怖いという、獣としての矜持は何処に捨て去ったのですか。
朱:お陰で、私も食うか食われるかの立場になってしまってますからね~。
黄:人類が火の扱いを憶えたせいで朱雀が捕食対象になったと考えると、
 フグと同様に、生態系への干渉だなと思わなくもないんだよぉ。


【青龍なら根性で習得しかねないな】
青:食事など、栄養があって早く済ませられれば、何でもよいのですが。
玄:そんなことを言っているから、仕事中毒などと言われるのです。
  私は、御飯を食べたことありませんけど。
朱:玄武さんみたいに、
 わずかな核燃料で稼働できる特性を身に付ければいいんですね~。
黄:流石にそれは非現実的すぎるから、
 光合成と体内細菌を活用して必要分を賄えばいい気がしてきたんだよぉ。


【そんなに優秀な人材がやってくれるのか問題もある】
白:とりあえず、部下を労ると思って昼ごはんを作ってみたらいいんじゃないかな。
青:いいように使おうとしているのが見え見えですが、
 職務の一環とあれば仕方ありません。
黄:この、ボケしか居ない空間に、誰か鉄槌を下して欲しいんだよぉ。
朱:黄龍さんは、もっと業務を忠実に遂行すべきですよ~。
黄:ツッコミが仕事というのなら下請けに押し付けたいところだけど、
 青龍が経費として認めてくれるか怪しいんだよぉ。


【清い部分が何処なのかは誰にも分からない】
朱:それで出てくるのが満漢全席っていうのもどうなんですかね~。
青:やるからには、手を抜きたくありませんからね。
黄:あ、これ、かえって色々溜め込むパターンなんだよぉ。
白:何にしても、美味しいから特に問題は無いんだけど。
玄:日々の賄いもお願いすることで効率が上がるのではないでしょうか。
黄:こいつら、本当に聖なる獣と書いて聖獣なのかと疑いたくなるけど、
 清濁併せ呑むということにすれば、誤魔化せるのかも知れないんだよぉ。

 昨今は食事をするだけのマンガが一大ジャンルとなっていますが、青龍が幸せそうに食べる姿が想像できないことに気付きました。無表情系飯マンガってあるんですかね。絶対売れないと分かっていながら、血迷って描いてしまう方も居そうですけど。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 5 7 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索