忍者ブログ
[2280] [2279] [2278] [2276] [2275] [2274] [2273] [2272] [2271] [2270] [2269]

 橋頭堡と呼ばれるものがあります。キョウトウホと読みます。本来の意味は、橋を守る為に築かれた土塁のことらしいです。橋が掛かっているということは川や谷なんかがある訳で、防衛線として重要な意味を持ちます。同時に、こちらから攻勢を掛ける場合の拠点としての価値も高い訳です。転じて、何かを成す為の足がかり的な意味合いを持ちます。この単語は戦記物で良く用いられます。侵攻する上での第一歩ということでしょう。一部では、橋頭堡って言いたいだけなんじゃないかという雰囲気もありますが、したり顔で口にするだけで格好を付けられるので致し方ない感じもあります。『橋頭堡とすべく砦を攻略せよ』とか使えば、短文で充分以上の凄みを含ませられます。まあ、読者が『橋頭堡って何?』って水準だと一気にダメな感じになる訳ですが。何処まで広く単語を使っていいかは、永遠の課題ではあるのです。

(・ω・) かくいう私は、さりげにボキャ貧なところがあってだね

【表舞台で活躍するだけが生き様じゃないさ】
月:動物園の人気格差って、生々しいものがあるよな。
黄:一部の売れっ子が園全体を支えてるという見方なら、
 アイドルグループとかに通じるものがある気もするんだよぉ。
朱:私達の業界も、有名所が神話の骨格を形成してる部分はありますね~。
月:小判鮫や寄生虫だって、立派な生態系の一部だから問題は無いと考えよう。


【精神年齢は幼児で止まってるのに良く言えたものだ】
朱:天照さんがパンダさんやペンギンさん辺りだとすれば、
 月読さんは何になるんですか~。
月:コツメカワウソとか。
黄:微妙に可愛いのを選んできたのが腹立たしいんだよぉ。
朱:自己評価が高いのか低いのかハッキリして欲しいですよね~。
月:その時々の都合で使い分けるのが大人というものなのだよ。


【神様なんて近所の好々爺くらいでいいんだよという考え方】
天:そういえば、騒々しくまとまりがない様を動物園と喩えることがありますよね。
朱:日本神話のゴチャゴチャ感に通じるものがある気がしてきました~。
天:安全圏から見て愛でるというのが、日本人の宗教観に合うのでしょう。
黄:自らを珍獣と大差ないと言う最高神というのもレアなんだよぉ。
朱:奇異の目で見られようと、存在意義がある内が華と言いたいのかも知れません~。


【野良聖獣の価値は誰が保証しているのか】
月:分かった。間を取って、聖獣動物園を運営しよう。
黄:何処ら辺が中間点なのか分からないんだよぉ。
朱:聖獣も数が減ってきてるらしいですし、愛護団体がうるさそうですけどね~。
黄:誰が経営上の問題点を挙げろと言ったんだよぉ。
朱:そもそも紐付きになった時点で聖獣としての尊厳が破壊されてる気がしましたが、
 国家に飼われてる現状とあまり変わりませんでした~。

 動物園から人気動物が消え去ったら営業的にヤバイんだろうなとは思います。そういう風な目で見ると、採算が合わない連中の肩身は狭いのかなかと、人間的な考え方をしてしまいます。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4 6
8 9 11 13
15 16 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/14 taka]
[09/10 美綾]
[09/10 taka]
[09/01 美綾]
[08/31 taka]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索